スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス攻略 34歩目

あらすじ
寒くて貴重な本とかを燃やして暖をとっているようなシェバトの施設(雪原アジト)を探索。タムズの艦長は元気に生きていた。ラムサスがシタンにビンタを食らって、やっと前向きな気持ちに目覚めた。エレメンツの連中も無事。
アクヴィエリアの灯台地下にあるゼボイム文明跡地に向かう。現代日本のような外観の無人の世界。ビッグ・ジョーが店を構えていた。本屋で彼の素性が明らかになった。駅の奥を進むと、キムとエリィの回想が始まり、エメラダが自分の出自を自覚した。そして大人キャラになった。64時間09分32秒。

メモ
4000年前の出来ごと … この時代、人々は遺伝子障害によって30余年ほどしか生きられなかった。困きゅうする経済、はびこる犯罪…退廃していく街。寄る辺を求め、絶対的指導者や教祖の下に集う狂信的な国民。この時代、ヒトはデウスの部品としては欠陥品だった。ミァンは国家元首の側近として裏で世界を操作し、戦争によって滅亡直前まで追い込み、そこから生まれてくる新たな生体に期待した。
続き … 接触者はキムという科学者(っぽい青年)として、エレハイムはその恋人として存在していた。キムはインテリだけども人々を「馬鹿ばっか」と嘲けるなど、相変わらずどこか暗く卑屈な性格である。それでも思いなおして「何か、呪われていない真っ白な生命を…」とナノマシンのエメラダを創り、未来への希望を込めた。
続き … あるとき軍部がエメラダの存在を知り、分捕りやってきた。エリィがおそらく放射能を使って、キムとエメラダが逃げるよう犠牲になった。以後エメラダは、物質として安定してはいるが生物としては機能していない状態で4000年のときを過ごした。



シタンの喝。カーテンの後ろにエレメンツの面々がいる。



澄ました顔でギア格納庫に突っ立っているチュチュ。和む。



4000年前のキムとエリィ。またこーいうシーンを! 小中学生が茶の間で親の見ている前で遊んだりするかもしれないのに…。そういえばこの接触者も絵を描くみたい。



4000年前の悲劇のシーン。イドの回想より。



出自を自覚して大人化したエメラダ。セリフをヘンな意味で受け取らないように!
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。