スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス 7歩目

7歩目

あらすじ
武術大会準決勝で、フェイはダンと当たった。姉を失った恨みを吐き散らすダン。「勝負はお預け」と言い残して去っていく。決勝は謎の男ワイズマン、攻撃が当たらない。しかしこちらも他の予定で忙しいようで勝手に去っていった。
同じ頃バルトも天守閣のマルーに会うことができた。しかしラムサスとミァンが行く手を阻む。やがてフェイもこの天守閣戦に加わって勝利する。途中、ラムサスの回想があり、何か赤い髪の猛者が素手でギアを倒していた。フェイの母親らしい。
城からゲブラーの基地に逃げ込んだフェイ一行は偶然エリィと再会し、脱出用ギアを譲ってもらった。フェイは思い切ってエリィに「一緒に行こう!」と告げるが、エリィは拒否する。
こうして城から脱出できた一行だったが、戒厳令が敷かれてシタンとはぐれてしまう。
…がシタンはいつの間にか戻っていて、シグルドとソラリスの目的、ミァンのことなどを話し合った。ニサンに向かうところで終わり。9時間30分26秒。


メモ
ワイズマン…武術大会で会った謎の男。異形の姿をしている。偽名を使っていたのにフェイの名前を知っていた。フェイが記憶を失ったときに関係している模様。
ソラリス…ゲブラーたちの属する国。
ワイバーン…ラムサスの搭乗するギア。
ヒュ何とか様…ラムサスのワイバーン出撃を止めた人。「奴」呼ばわりしているので目の上のたんこぶのような存在か。
チュチュ…ぬいぐるみのような動物で、幼児の言葉を話す。フェイがお気に入りのよう。


感想
ラムサス戦では再びゲームらしい戦略が必要だった。ラムサスはカウンター技を使ってくるが、こちらの連殺技だとカウンターは発動しないし、見切られることなく当たる。エーテル攻撃も同様。
シグルドとシタンの会話には驚いた。ユーゲントというのは士官学校で、エリィとシタンとシグルドとミァン(ラムサスも?)がそこの出身なのか。ということは、キスレブとアヴェの争い、そこに介入するゲブラー/ソラリス、、、以外にもう一つの勢力が裏で暗躍していることになる。マルーやチュチュの登場で和やかな雰囲気が物語を包んだが、そんなもので包み切れない深さをこの物語はたたえている…ということなのか。


この時点での気になる伏線
1、黒月の森で、フェイは何故エリィの名前を知っていたのか?
2、グラーフやワイズマンは何者か、特にどこの所属なのか?
3、シタンが属するガゼルとは何か? 天帝とはどんな存在か?
4、ラムサスがフェイの攻撃に感じたのは誰のことか?
5、シタンやシグルドやミァンは何に従って何の目的で行動しているのか? どんな勢力なのか?
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。