スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続けてうp

つくりかけだったシンディ・ローパーの「All Through The Night」のカバーを投稿しました。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm9927293

昨日の今頃はぶっ続けでNiVEと向かい合ってた。まさに夜通し。眠い。目と腰が「うぇーん」と悲鳴をあげている…。
今回も線と色だけで描いたアニメあります。突貫作業だとやっぱりミスを見逃してしまい、間奏部分の左上端にたこルカの足が残ってしまった。くそーぅ。でもでも、、、
・2番のところで、ルカの後ろを泳いでいたオオマさんが、たこルカの接近に合わせてルカの前に来る動き
・最後ジタバタするシーンの生々しさ
の2点はこれ以上ないくらい頑張ったと満足しています。

しかしいい加減、線と色だけの絵は恥ずかしい。しかし動きに影を加えるとなると、描く量がそれだけ増える。
それからもうちょっと根気出して、ルカの絵が切り替わるのをクロスフェードにすればよかった…。
映像は難しいです…。

音に関しては、この頃のシンセ音って現代のmidi音にとても似ていることに驚きつつ、アルペジオ音にこだわりました。4種類用意して入れ替わり立ち替わり登場させてます。
他の音と歌声も含め、"いっせーのせ"でミックスさせるのが難しくて、Audacityの作業ファイルを今でも保存してます。結果、作品のフォルダを調べると863MBで、今まででダントツの容量になっちゃってる。投稿作がTake8っていうのも最長だ…。
というのも、この歌に取り組んだのは巡音ルカを買って直後だからです。今まで投稿していた作品の影で、チラホラと断片的に制作していたわけです。シンディ・ローパーの「七色の声」と言われる、ときに弱々しくときに苦々しく歌う歌い方が曲者で、何回投稿をあきらめたか分かりません。ルカでは弱々しい方面にしか表現の手を伸ばせないんです。シンディの音楽があんなに魅力的なのは、多様な歌い方があってこそなんだなとしみじみと思ったのでした…。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。