スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近

プランが決まったので、制作に打ちかかる。

まず、Excelに歌の進行に合わせてタイムテーブルをつくる。
小節に従ってシーンを分ける。
Audacityでフレーム数を調べ、各シーンの開始フレームやフレーム数を記す。
小見出しをつくる。
隣のセルに表現したいネタ(お笑いのネタじゃなく、画面内で起こそうとする出来事)の全てを細かく記す。

ホッ…、、、これでもう忘れても大丈夫。文字ってすごい、せわしく変化する頭の中の一状態を保っておけるんだもの。ホントに助かる。

次にシーンごとのフォルダを全部設ける。
で、タイムテーブルを見て出来そうなところからGIMPで素材を描き、シーンフォルダにどんどん放りこむ。
素材が揃ったものからsuzukaで編集する。

今日の時点で全体の26.8%まで出来た。フレーム数が分かるとこういう細かい見通しも立つ。

それから、ニコニコムービーメーカー(静止画のみの無償版)をダウンロードし、出来あがった段階のものをテストとして非公開でアップ、何か問題がないか探る。

NMMによるswfファイル直投稿には、問題や発見がわんさかあった。
・テキストの編集などは一切できない。そのまま投稿。
・音声ファイルも同様なので、NMMに持ってく前にsuzuka上で合成(同期)させておく。
・その際、音声ファイルをストリーミング再生にしないとダメ。(イベントサウンドでは無理ということ)
・サムネイルは1フレーム目。変更できない。自動で決定。
・かつサムネイルは何故か汚くなる。
・1フレーム目にスプライト機能(他のソフトで言うムービークリップ)を持ってくると、再生前なのに無限ループの動きをする何かを表現できる。
・けっこうビットレートに厳しい。上限は300kbps。swfファイルの容量(KB)×8÷再生時間(秒)で計算できる模様。
・このとき、音声をWAVからMP3に変えると大幅に容量を下げられる。

この辺(ファイル形式によって左右される各動画編集ソフトの長所短所)は後々まとめようと思う。
スポンサーサイト

テーマ : プロモーションビデオ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。