スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス攻略 28歩目

あらすじ
ソラリスを脱出しようと軍港にたどり着いたところ、突然ハマーが裏切って、エリィだけを留めようとする。どうやらカレルレンによって生体実験の餌食にしないことを餌に唆された模様。ハマーはエリィの母だけ撃ち殺し、恐怖で逃げて行った。
すると今度はグラーフと処刑人(実はミァン)も同じ要求を突きつけてきた。助けようとしたエリィの父が死んだ。
なおも処刑人がエーテルの力でメンバーを苦しめると、フェイに変化が起きた。ユグドラの格納庫でヴェルトールが勝手に動き、エルルの悪魔となって飛んで行った。つまりイドが覚醒した。
ミァンとカレルレンの意味深な会話。空に逃げたフェイを除く一行に対して、シタンがイドのことを説明する。
イドの暴走によって、ソラリスが崩壊した。錯乱状態のラムサスもちょっとだけ登場して蹴散らされた。次いでイドはユグドラシルにも目をつけた。エリィが一人で迎え撃ち、イドの中でフェイが目覚めた。
再びシタンの説明、ソイレントシステムでイドを引き出したときの会話。
シェバトの長老たちがフェイの危険性を指摘する。フェイの中のイドの力は、500年前のディアボロス軍団(グラーフが操った)とまんま同じらしい。で、フェイはシェバトを追い出されることになった。エリィはフェイについていく。みんなで見送り。
カレルレンとガゼル法院の会話。「鍵(ゲーティアの小鍵?)」を使うとか何とか。使わない。フェイを消去する目的でラムサスが向かう。
ラムサスは今度はギア・バーラーに乗っていて戦闘を優勢に進める。フェイとエリィは墜落した(ラムサスは勝ったけどまたもや任務失敗)。Disc1終了。


メモ
アーネンエルベ…この世界に生まれた人々と共に新たな地平へと歩み進む、来るべき神の人。接触者の運命のこと。
ヴェンデッタ…ラムサスが乗るギア・バーラー。
フェイの過去・精神構造…フェイは解離性同一性障害、多重人格者だった。フェイはラハンに住む以前はイドとしてグラーフと一緒にいた。ドミニアの故国エルルを滅ぼした。プレイ上のフェイの人格は、イドというOSの上のアプリケーションみたいなもの。仮初めの存在。イドは昔、父親カーンによって何らかの方法で封印された。だからフェイはイドの記憶がない。ラハン村以前の記憶がない。プレイ上のフェイの人格は、未だ未発達で突発的事態や情動に対して対処しきれないところがある。そういうフェイの精神的エネルギーが弱まったときにイドは発露する。シタンの考えでは、第三の生まれつきの本来の人格がある。イドはそれを臆病者と呼ぶ。
エルル…ドミニアの故国。3年よりちょっと前にソラリスに反逆し、ソラリスはイドを使って粛清した。イドの能力を見極める目的もあった。結果、エルルだけでなくその場のソラリス軍も全滅した。それ以後、イドは"エルルの悪魔"と呼ばれることになった。

感想
またもや駆け足で物語が進んでDisc1が終わった。ソラリス潜入途中までは、「人体実験で君臨する悪の国」VS「正義の味方」の勧善懲悪物語という感じだったけど、ソラリス滅んじゃった…。
そんな簡単な物語でないことは、ばらまかれた夥しい数のフラグから予想はついたけれども、今後どうなるんだろ…。誰が何を考え何をなそうとしているかが、おぼろげながら見えてきた段階、、、勧善懲悪物語の裏に潜んでいた真のテーマが姿を現した段階ってことでいいのかな!?
それから、ソラリスが墜ちたのにガゼル法院や天帝はどこで喋っているんだろう!?



ハマーの心に悪が忍び寄った。自分のような何の力もない普通の人間には、こうするしかないんだそうっす



イドが暴れてソラリス滅んじゃった…。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。