スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス攻略 25歩目

あらすじ
ギア・バーラーを奪いに来たシャーカーンたちとの戦いを、マルーの持ち前の責任感で窮地を脱し、撃退する。追い詰められたシャーカーンは大陸西の洞窟に逃げ込んだ。ここにはどうもゲートがあるらしい。
シャーカーンはゲート発生器の力を利用してパワーアップを図ったが失敗。バルトが「こんな間抜けに嵌められたと知ったら親父は泣く」と嘆いた。そこへ、ストーンのときと同じように「うぬは、力が欲しくないか?」と言いつつグラーフが現われ、「俺にはAがあるから要らない」「そのAはうわべの力にすぎないよ」という、ストーンのときと同じ議論を経て、戦闘。
倒したあと、バルトがアヴェの城の上で演説する。その夜、シグルドと出生の秘密を分かち合う。
続いてチュチュも参加して作戦会議。教会の地下にあるというゲートを壊すためにみんな考える。結局、「碧玉要塞の砲台からビームを撃って、バベルタワーの鏡に反射させ、教会地下を狙う」という案を、シタンが中心となってまとめた。
極めつけに謎の連中がラムサスたちにハッパをかける。エレメンツの女4人がフェイたちの作戦を阻止しようと襲ってきた。バベルタワーのフェイ・シタン・エリィ組にドミニアとケルビナ、碧玉要塞のビリー・バルト・チュチュ組にセラフィータとトロネ。
1発目はビリーが打ちそこなった。もう一回、それぞれエレメンツたちと戦う。2発目で成功。ラムサスは"塵"扱いが避けられなくなった。
残るゲートは一つ。再び作戦会議が開かれ、イグニス南の海底深くにあるのではということで、タムズのサルべージャーを頼ることになった。続いてカレルレンと謎連中たちの意味深な会話。
43時間22分45秒。

メモ
ゲート…ソラリスは3つのゲートによって人々の目からその姿を隠している。管理は教会が行う。そのうち教会は独自にゲート発生器のエネルギーがギアの向上に使えることを知った。
シャーカーン戦…ゲートとつながっているときに攻撃するとHPを回復される。
シグルドの過去…バルトの父は、バルトの母を知る前、アヴェ東方の異教の娘と懇ろになった。シグ母は元々短命で、死に別れる恐れから、子を身ごもりつつ別れた。シグルドは10歳のときにエドバルド4世付きの騎士見習いになった。シグルドは母の考えを守り、「自分が息子だ」とは名乗らなかった。

気になった会話
「地上のゲート、残るは一つか。」
「ラムサスめ、防ぎきれぬとはな…。」
「何の為の存在か…。」
「所詮、“塵”は“塵”。そのようなモノに何を期待出来ようか。」
「しかし“アニムス”のデータを入手する前に同調される訳にはいかぬ。」
「然り。それでは型が取れない可能性が高くなる。」
「過去がそうであったように…」
「まだ、羊達を解き放つ訳にはゆかぬ。」
カレルレン「障壁<ゲート>なぞどうでもよいではないか。」
「カレルレン…。」
「そうはいかん。このエテメンアンキにも動揺が拡がっておる。」
カレルレン「市民などという衆愚なぞ天帝の御言葉一つでいかようにも操れる。」
「果たして、カインが受け入れるかな?」
「あれの肉体は、既に限界に来ておるからな…」
カレルレン「いつものように模擬体<ダミー>を使えばよかろう。愚民共に違いなど判りはしない。それにたとえ障壁<ゲート>が破られたとしても、以前のような事態は起こり得ないよ。」
カレルレン「それよりも…メモリーキューブからの情報の中に非常に興味深いものがあったのだがな。」
「何だ、それは?」
カレルレン「“母”だ。」
「“母”だと…?」
カレルレン「そうだ。恐らく、あのラムズ達の中に“母”が存在している。」
「我等の“母”が他にもいるというのか?何故今までそれに気付かなんだ…?」
カレルレン「“母”なるものの証…。“母”の仮面<ペルソナ>は一定の年齢に達しなければ現われぬのだよ…。そしてそれは“対存在”の転生したものである可能性が高い…。」
「“対存在”…。あのニサンの女のか…。」
カレルレン「そこでだ…。あのゼボイムのナノ技術の産物、“エメラダ”を使おうと思う。」
「タムズから回収したあれをか? 何故?」
カレルレン「確認だよ。“母”が言うには、あのナノマシンの群体…、人造生命体は“接触者”と“対存在”であった者によって創造されたらしい。4000年の昔にな。」
「“母”の記憶か…」
カレルレン「そういうことだ。恐らくは何らかの反応が得られるはずだ。それに、たとえ何の反応も得られず、“エメラダ”が破壊されたとしても、データの採取は終わっている。あれを失ったところで何ら計画に支障はない。」


感想
反射鏡を使ったゲート破壊作戦の成功直後、シタンは笑ったんだろうか? うつむいて身体をブルブル震わせる動作となると…。シタンが笑ったのはこの物語では始めてかな?
エレメンツの4人のギアは人型、魚型、鳥型、獣型とそれぞれ特徴が別れていて面白い。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。