スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス攻略 19歩目

あらすじ
幽霊船から戻ると教会本部が何者かに襲撃されていた。教皇も目の前で殺害された。どうも教会内部の内輪もめの模様。地下には何故かビッグジョーもいてこれを救出。地下2階のデータバンクに忍び込み、教会とソラリス帝国との密接なつながりを始め、諸々の事情が判明する。ビリーは大ショック。
データバンクを出るとベルレーヌ→ジェサイア→ストーンの順番で現れ、ぺちゃくちゃしすぎたベルレーヌがストーンに銃殺された。ストーンはその場を去り、タムズを襲撃しようとする。そこへ上空から変なタコつぼがやってきて光線を発射し、サルベージ船団は壊滅した。
極めつけに訳の分からない連中の会話、タコつぼ内のカレルレンという人物の指揮する場面。
辛くも生き残ったタムズは生存者を救助しながら逃げる。追いかけるのはタコつぼから出てきた死霊たち。プレイヤーはこれを助けるべくタムズに向かう。このとき、ユグドラ控室のプリムに話しかけると、銃の使い方のメモを見れるようになる。
タムズに到着すると、タコつぼやストーン司教のギアは北方にある教会発掘現場に向かったというので、これを追う。28時間53分54秒。


メモ
ガゼル法院…ソラリスの最高統治機関。
第44次サルベージ計画…教会が独自に行った行動。19年前に始まる。ゼボイムという古代文明の発掘が目的。この文明の力を利用して、教会はソラリスに対して反乱・独立しようとしていたっぽい。
ゼボイム…教会のデータバンクによると、推定4000年前に海底に沈んだ都市文明。生物兵器、反応兵器を持っていた。空洞の中に築かれた大都市らしい。
アルカンシェル…ストーン司教が操る機動ギア。火力に優れタムズを襲撃しようとする。
カレルレン…ソラリスの偉い人。「閣下」と呼ばれる。ブロンドの長髪で眉目秀麗。頭に金の工芸品をはめている。

・ソラリスには労働力としての地上人が定期的に移送されている。第三級市民層というのだから、国の中で層を為すほどの人数がいる模様。シタンはここの出身か? かつてのシグルドもここに連れてこられたのか?


気になった会話
データバンクにてエリィ―「過去…500年以上前にソラリスと地上との間で大規模な戦争があった。終戦後、ソラリスは障壁(ゲート)を作って地上人を種族別に住まわせ、これを管理した。その管理組織が教会。地上とソラリスとの窓口。地上で発掘された遺跡資源や生産物資(労働力たる人的資源も)は教会を通じてソラリスへ輸送。移送される人は教会に助けを求めてきた人々だった。」
ベルレーヌ…「『教会』は"信仰"と"技術"という二つの甘い果実を使い分け、地上世界の情勢を巧みに操作していた。操作された衆愚は、ただいたずらに戦争を繰り返すだけだった。やがてその戦争から得られた"ヒト"そして"兵器"の戦闘データは、ソラリス本国へと送られ…地上世界統治の為の一助とする為に解析された。そうやって引き起こされた戦争は、様々な心理的あつれきを生んだ。だけどそれは神への信仰…救済という形をとって、和らげられていたんだ。システムとしては、良く出来ていたよ。だが、管理者の適性は最低だった。……(ストーンによって銃殺)」

感想
ユグドラ看護婦の「一度言ってみたかった"面会謝絶"」がウケた。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。