スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WacomのBambooFun Pen&Touchの紹介

ワコムのBamboo Fun Pen&Touch
製品名 … CTH-461/W
外形寸法 … 248.2×176.1×8.5mm
質量 … 約420g
ケーブル長 … 約1.5m
パッケージ内容 … タブレット、ペン(筆圧感知機能つき)、替え芯3本、など
付属ソフト
 AdobePhotoshopElements7 … 言わずと知れたフォトレタッチソフト
 CorelPainterEssential4 … ペイントソフト
 水彩LITE … ペイントソフト
 PhotoCreator(forWacom) … 画像編集ソフト
 LoiloScopePlus(forWacom) … 動画編集ソフト

いったい何を書き残す必要があるのか分からないけれど、Vistaの手書き文字入力機能でここまで書き記してみました。7分42秒。キーボードの方がサクサク入力できるに決まってます。いまさら別な入力方法を覚えるのは、よほどの酔狂ってものだな、こりゃ。
ただし漢字離れを防ぐには手書き入力がいいかもしれない…。

という訳で、ペンタブレットを生まれて初めて購入しました。
目当ては3つ、、、
・Touch機能 - 新しいシリーズで装備された新機能。要するにiPhoneでやってることがPCでも出来るみたいな…。私には必要ありませんでした。いまさらマウス以外のスクロール方法を覚えてもなぁ…。ノートPCの持ち主だと全く変わった結論になるでしょうけど。
・ペン入力機能 - 説明するまでもないペンタブの目玉。DTM/ボーカロイドの動画作品の映像面で使います。イラストを描くんだよ! 中学以来だよ!
・付属ソフトのLoiloScope - 一瞬ギョッとするようなユーザーインターフェース機能を持った動画編集ソフト。

今日はこんなところで紹介を終わります。とりあえずケーブルが横から出てて助かりました。以前のシリーズだと後ろからケーブルが伸びててキーボードと重なって邪魔だとか言われてたので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。