スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス 2歩目

2歩目
あらすじ
ギア部隊の機械人形の中の少年が笑う。ギアに乗り込み、ムシャ百式と戦闘。ティモシー射殺。フェイが昔の記憶を取り戻しつつ覚醒? ギアを操って村を破壊し、アルルをはじめ村人の多くが死ぬ。フェイは村を去る。
黒月の森を進むと赤い髪の少女に銃を向けられる。フェイは「エリィ」という名前を何故か知っている。フェイの夢が始まる。砂漠で黒い影が歩いて行き、フェイは置いて行かれる。赤いペンダントの少女が現れるという夢。二人で森を脱出することになる。村が戦闘に巻き込まれたのはエリィが操ったギアがきっかけだった。そのことを知ってエリィも苦しむ。
地竜ランカーが現れて戦闘。シタンがギアを連れて加勢し勝利。シタンはエリィの話す言語を知っている。エリィの素性が明らかになるとともに、エリィは国に帰る。

気になった会話
シタン「縛られているのですよ、フェイは…。暗く、残酷な、神の夢に…。」
シタン「フェイ。力に使われるも、力を使うも、それは人間の側の心の問題…。人が誤った使い方をしなければ、それは良き力となり、我々を助けてくれるものと私は信じてます。」
シタン「悩むのは当然です。"私も以前はそうでした"。」

メモ
エリィ:森で出会った少女。キスレブ軍の一員か? 元地上人っぽい。よって地上人に理解がある。回想シーンによると闇雲な殺戮の経験があるっぽい。
アバル:牧羊者。キスレブの人たちの自称か?
ラムズ:アバルにとっての地上人のこと。蔑称。
地竜ランカー:黒月の森で戦ったボス。ギアでないと倒せないと言われる。
ヴェルトール…キスレブ軍がラハン村に落としていったギア。
アクチュエーター:ギアの膝の部分の部品。
ユーゲント…キスレブの地名? 学校?
ゲブラー…神聖ソラリス帝室特設外務庁。アヴェの軍政に対して大規模な軍事援助をした組織。数ヶ月でアヴェは不利な戦局を覆した。

フェイとシタンは黒月の森を抜け、砂漠の街ダジルに到着する。2時間17分35秒

感想
とにかく唐突に現れる会話イベントが多い。会話を流すだけになるのが面倒になるときもあるが、そうして語られるこの作品の世界観や人物の心理にはバッチリ引き込まれているので、早く物語を進めたくもある。
ただし、スタートボタン等でイベントをスキップできないのは困る。全滅してやり直しするとき、イベントを何べんも見返すことになるんだろう。ソフトリセットがないのも辛い。
エリィの憂えた雰囲気は結構好きかも。また会いたいカンジ。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。