スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Podium64bit化計画2 ~jBridgeの使い方の補足など~

Zynewave Podiumの64bit版で、32bit用のプラグインを使う方法の続きです。前回の記事では、jBridgeの基本的な導入方法を説明しました。こちらの記事では、その他の細かい注意点をまとめていきます。


補足1 32bitでのプロジェクトをどうするか?

私の導入方法は、32bitでのプロジェクトとプラグイン設定を乗っ取るというものでした。前回の記事の通り、私は32bitでの制作環境が長く、32bitでのプロジェクトがたくさんあります。

それらはどうなるでしょうか? 上手く移行できるでしょうか???
私のような使い方の人はあまりいないかもしれませんが、いちおう備忘録的に説明します。

結論から言うと、32bit環境で制作してきたプロジェクトは、トラックへのプラグインの割り当てがやり直しになります。




苦労して割り当てたプラグイン欄がカラッポ(゚Д゚) 割り当て直し!

新しい環境への移行なので当然っちゃ当然ですね。でもかつてのプラグインの64bit版を割り当てると、多くの設定が自動で戻ってきます。ゼロからの設定ではなく、ただ割り当てるだけです(Reaktorのような複雑なプラグインは除く)。しかし大がかりなプロジェクトとなると、その手間が膨大な数になります。

また、前回の読み込み法3で、Bussesより下を消去しない場合は、プラグインの割り当ては当然残ります。32bitなどの名称で「Move to new folder」などとして残しておく方法です。
プラグインの割り当ては残っているものの、それは32bitのプラグインです、、、というか傍目からはどちらかが分かりにくいし、64bit版との交換作業が必要なのは同じです。
ただ、以前の割り当てを目にしたまま64bitプラグインへの交換ができます。しかしこの場合、プラグイン内の設定が戻ってきませんね。割り当てて、設定も戻してという手間になります。

かつての設定を取り戻すまで、プロジェクトを2つ分用意して使い分けていくのが一番いいでしょうか。同一のプロジェクトを32bitと64bitのpodium.exeで使っていくのだけは避けるべきです。

いずれにしろ、前回冒頭での「早い内に64bit環境に移行した方がよい」というのは、この苦労のことを指します。32bitでたくさんのプロジェクトを組むと、気持ち的に移行しづらくなるばかりです。
そして移行作業は、つくりかけのプロジェクトがあまりないときに行うべしです。


補足2 要ユーザーアカウント制御

「管理者として実行」にチェックを入れた結果、ユーザーアカウント制御(UAC)に引っかかるようになりました。「次の不明な発行元からの……変更を許可しますか?ハイ/イ~ェ」のことです。Podiumを起動するとき、毎回「はい」をクリックする一手間が増えました。

もうDTMじゃなくPCの話しになりますが、、、これも悪戦苦闘してみました。解決案は2つ。

1、runas コマンドを使う
このページに書かれてある方法です。…が、別のローカル・アカウントでPodiumを起動するため、Podiumの様々な設定を引き継がなかったり、VSTとの管理者の違いでプラグインを読み込まなかったりでダメでした。いきなりデフォルトのColor Setup で開いたので、以前の環境までの距離の遠さに愕然となりました。

2、タスクスケジューラにのっとらせる
このページの方法です。強力な権限を持つタスクスケジューラを使って、Podiumを起動しようというわけです。
これも難しすぎてダメでした。VBScriptのエラーを解決できません。それに、podium.exeの起動には効いても、プロジェクト・ファイル(.pod)からの起動には効かない方法のような気がします。

結果、この記事の段階ではこの問題は諦めることにしました。いちいち起動のたびに「はい」をクリックすることにします。
これは32bit版Podiumと比較して、唯一不便になった点です。


補足3 sfz, sfz+ の厄介なトラブル

私が32bit用プラグインで愛用してきたものの一つに、rgc:audio sfz、sfz+ professional があります。もう本家のサイトからはDLできなくなっているようですが、まぁ、サウンドフォントの簡便なプレイヤーとして優秀なのです。
それをjBridgeを通して使おうとすると、困ったことが置きました。なんていうか、2回めのGUIの立ち上げに非常に時間がかかるんです。音色をいろいろ変えようとすると、Podiumがしばらく(応答なし)になり、、、



こんなメッセージが表示されます。20秒くらいでしょうか。ときにはフリーズしたままのときもありました。

「やれ、困った!」と他の様々なサウンドフォント・プレイヤーを導入しては使いにくさに断念し、またsfzに戻っては「……」の時間を無為に繰り返しで、ようやく解決策を見つけました。
jBridgeのsettingをクリックして、次のようにチェックを入れます。


よく分からないが特に赤丸のチェックが決め手

どうもGUIの閉じ方に何か問題があるみたいでした。他のプラグインで上記のメッセージのトラブルが起きたときでも、これで対処できるでしょう。


補足4 32bit用プラグインの意義

この問題によって、改めてsfz, sfz+ の優秀さに気づきました。
多彩なサウンドフォントを使う上で、このソフトでないとダメだということです。音色のカスタマイズ性には弱いものの、素早く音色を交換してあれこれ試すことにかけては、非常に優れています。

GM準拠の128の音色+αを次々に交換して、実験的にいろんな音を鳴らしたいときは、音色のカスタマイズ機能は要らず、とにかく素早く交換できることが大事です。その点ではこのソフトの右に出るサウンドフォント・プレイヤーはないと思われます。
サウンドフォントには.sf2と.sfzの形式がありますが、共に読み込めて、sfz+はパラアウトも可能で、起動・動作も早いためです。64bit環境での稼働にメンドクサイところがあります(modeを[PR32]に変更など)が、コツを掴めば以前のとおりに使っていけます。

今時、昔の32bit用プラグインを使う意義は、音色は安っぽくてもいいから、とにかくサクサクと頻繁に音色を交換して、いろんな実験的聴き比べができることだと思います。大手のプラグインだと、動作が重かったり音色が有料だったり、複雑な機能をふんだんに持っていて、そっちに凝ってしまったりします。

そういうふうに楽器をあれこれ変えて、音を聴き比べるだけでも楽しいものです。DTMの醍醐味♪

一台のプラグインでアコースティックからシンセの音まで幅広く扱っていて、そしてサクサク交換できるのは、サウンドフォントが一番ではないでしょうか。Podiumではmidiを鳴らせませんしね。

そうして作品の具合を大まかにつかんでから、その後、高級な音色で本格的に作りこんでいくわけです。


まとめ:

・導入にはコツが要るが、jBridgeを使うことで、Podiumでも32bit用プラグインを問題なく使える。
・32bit版と比べて不便になのは、ユーザーアカウント制御に引っかかる点くらいである。
・いずれ使えなくなっていく一方だと思うので、32bitから64bitへの環境の移行は、早めに行った方がよい。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。