スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Podium64bit化計画1 ~jBridgeの使い方を詳しく~

前置き:

Zynewave Podiumをフリー版でも製品版でもダウンロードすると、32bit版か64bit版の選択を迫られます。
このとき、よく分からずに32bit版を選んで長く使っている、、、つまり多数のプロジェクトを設けている人はいませんか?

かくいう私がそうでした^^;
理由を思い出すと、、、32bit用のプラグインを長く愛用していて、それが使えるのか使えないのかよく分からなかったからですね。
そしてDAWを手にするときには、他にもたくさんの気がかりや疑問、期待をわんさか抱えているので、この「32bit版か64bit版か」の判断は後回しになりがちです。「なに~、jBridgeってのが必要なの~!? 何それ~?? 早く、いま使えるものを使いたいよ~」、…このような内なる声に従って32bit版を使いはじめ、今日に至っています。

これは結論から言うと、「今の時代、できるだけ早く64bit版を選んだほうがよい、多少お金かかるけど!」が正解だと言えます。
32bitで多数のプロジェクトを組むと、64bit版への移行が大変になるからです。

今回はそんな話しを個人の備忘録的に進めます。前半は基本的な導入方法で、後半(こちらの記事)は細かい補足です。


本題:

32bitか64bitかの環境の是非についてはよく分かりません。64bitのDAWで64bit用のプラグインを使うと音楽がどうなるのかなどは、私には分かりません。メモリが増えて作業しやすくなるんでしょうか?
移行の仕方だけを忘れないように記していきます。


jBridgeとは?

32bit用のVSTを64bitの環境で動かすには、ブリッジという名の変換のような作業が必要です。
他の大手のDAWには自前のブリッジ機能があったり、これからはその機能を持たないDAWも出てきたりするようです。
このニュースによると、Cubaseは64bit環境へと一本化していく模様です。

Podiumは自前のブリッジ機能を持たないので、有料(14.99ユーロ)のjBridgeを頼ることになります。

jBridgeの基本的な導入方法はこちらの記事が詳しいです。デモ版は飽くまでも移行の確認・実験のためのもので、実用的ではありません。20分間の使用制限があります。

前もって言っておくと、このブリッジ作業に対して、jBridge製品版は親切だけど、デモ版は不親切です。いろんなトラブルが生じますが、製品版はだいたい説明があり、デモ版にはありません。デモ版だけだと、トラブルだらけで訳分からなくなり、DAWやjBridgeがおかしいのでは?と勘違いししそうになりますが、きちんとした手順を踏めば導入は成功します。
それでは、ここから私なりのPodiumでの導入方法を説明します。


1、下準備

PCの64bitのProgram Filesに、VSTPlugin用のフォルダを設け、今まで使ってきたプラグインを集めます。
64bit用が用意されたプラグインは問題なく移動して大丈夫です。32bit用しかないものは、この64bit用のフォルダに一箇所にまとめて「コピー」します(「移動」だと失敗した場合、また32bitのフォルダに戻すのが面倒なので)。コピーでも大丈夫です。

このとき、2つのフォルダ内トップのプラグインの並びに、少しだけ区別をつけます。フォルダの名前にx64とかx86をつけるなどしましょう。あとあとPodiumで読み込んだとき、32bit版の設定なのか64bit版の設定なのかを分かりやすくするためです。


2、jBridgeをインストールする

上述の記事では、jbridge.exeを起動して、64bit用のフォルダに変換・再生成したプラグインをまとめていましたが、Podiumではその必要はありません。インストールするだけでOKです。場所は64bitのProgramFilesのところになるでしょうか。


3、64bit版Podiumの起動

いろいろ注意事項が続きます。後々のトラブルを防ぐための手立てであり、トラブルに遭っていない状態で読んでも「???」かもしれませんが、守らないといろいろヒドい目に遭います。

a. 起動前、podium.exe(x64) と jbridge.exeのプロパティから、「管理者として実行する」にチェックを入れる
そうしないと、後のプラグイン読込み時に「…こういう理由で正しく働けません」って説明が飛び出してきます。
デモ版の場合は、説明もなくPodiumの「Can't open」だけだったかと思います(もう確かめられない)。かなり焦りました。

b. プラグイン置場の指定
管理者の状態で64bit版のpodium.exeを開くと、新しいソフトの起動なわけですから、新しいプラグイン置場の指定を要求されます。そこで、1で用意したフォルダを指定します。

この時点では指定だけで、まだPodiumは64bit用のプラグインを読み込んでいません。初回立ち上げの New Projectの画面ということです。

ちなみに、今現在のpodiumが64bit版かどうかは、左上「Help → About Podium」から確認できます。


ヴァージョンの数字の横に(x64)とある


c. 「Rebuild & Load Plugin database」や「Update & ...」を使わない。
現在、New Project の起動画面です。勢いでプラグインの読込みを始めたいところですが、「Rebuild & Load Plugin database」や「Update & ...」を選んではいけません。

私の環境では様々なトラブルに遭いました。
検疫(quarantine)に引っかかったプラグインの読込時に強制終了になる、1で拵えたフォルダを読み込まないなどです。
それから、PC内のありとあらゆる.dllを探し出しては、「読み込めません」って次々と返事するブラクラ状態にも一度なりました(>_<)

他に裏技的な方法があるので、そちらを使います。


4、64bit用プラグインの安全な読み込み方

New Project の起動画面にはこだわらず、最近使ったプロジェクトを開きます。64bitのpodium.exeで32bit用の.podを開くということです。そこには、以前から使い慣れてきたプラグイン設定が並んでいます。
これをshiftで全選択して消去します。Bussesより下をです。



Bussesより下の使い慣れたプラグイン群を消去する


次に、1で準備した64bit用のプラグインフォルダを、「Import Plugin from Folder」を使って読み込みます。これが一番、安全な方法だったのでした。


個別に読み込ませたいときは上の「Import Plugin...」を選ぶ


このとき、3a.での注意事項、PodiumとjBridgeの両方の「管理者として実行」にチェックを入れていないと、変換されたプラグインを読み込まないことは前述しました。次々ポップアップが出て混乱します。

成功すると、以下の図のようになります。



32bit用プラグインの名前の前に[jBridge]と自動で記される!



GUIの真下にjBridgeの欄が加わる!(※ここではデモver。製品版だと右にユーザー名が表示される)


大事なのは3点、64bitのフォルダを用意すること、PodiumとjBridgeを管理者として起動すること、「Import Plugin from Folder」を使うことでした。

新しくプロジェクトを立ち上げるときも、「Don't Load Plugins」を選んで、とにかく「Import ...」の方法を使うのでないと、様々な混乱の元になるかもしれません(PCの環境によって)。



あとがき:

これでPodiumで32bit用のプラグインを使う方法が整いました。
jBridgeデモ版でこの手順に辿り着くのは、至難の業と言えます。様々なトラブルが生じ、その説明がないからです。私がこの記事を立ち上げた理由でもあります。

日本人がZynewave Podiumを使っていくうえでの難点は、同じPodiumユーザーが極端におらず、解説も外国語だらけでチンプンカンプンなところです。情報が乏しいんです。この手順の根本部分も、他人から教えてもらったものです(ありがとうございました)。

今回の場合、jBridgeデモ版の説明不足も絡んできて、特に混乱が大きかったです。
例えば、正しく読み込んだ気がするけど、プラグインのGUIが真っ白で何もできないときがありました。



Podiumは64bit版だし、jBridgeの印しもついてるけど真っ白!

これは64bitのpodium.exeで32bitのプロジェクトを立ち上げ、32bitで設定したプラグイン設定を無理やり読み込んでいるような状態のときに起こりました。プラグインの置き場所がダメなのかとかいろいろ試しましたが、製品版を買ったあとで確認してみると、やはり「管理者として実行」していないことが原因のようでした。

DTMを試しに始めようという方は、試しに無料のPodium Freeを手に入れ、試しに無料のVSTであれこれ鳴らしたいかもしれません。そういう無料のVSTこそ、古い32bit用のものが多いので、現在の64bitのPCが当たり前の環境では、「ん~、どうすれば~???」となるかもしれません。そんな場合にこの記事が役立ってくれれば幸いです。


まだまだ細かい注意点があるので、次回の記事でまとめます。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。