スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zynewave Podium の使い方:小ワザ編

最近、Podium のマニュアルをおもむろに和訳していて、DTM作業の役に立つ小技がいくつか見つかったので記事にまとめます。

DTMとは…! トライ&エラーの連続だからです!
何度も失敗を繰り返して、少しずつ少しずつ自分の好ましい音楽に持っていく行ないなのだと痛感しました。
ギタリストやピアニストが日に8時間でも16時間でも楽器に向かうというのなら、、、DTMerは同じくらいモニタに向かって、あれこれキーボードを叩きまくって、自分の理想の音楽へと持っていかなくてちゃなりません(きっと)!

…で、その試行錯誤を楽にする方法は、できるだけ覚えといた方がいいかな~っと思ったわけです、ハイ。


まず、アレンジメントおよびラックの画面に関するものから。



・サイドバーにHelpメッセージを表示できる

デフォルトではポップアップ表示になってたかと思いますが、使っていくと邪魔になります。これは右端に表示させておくことができます。サウンドチェックのときに適当に読んでたりすると、便利な小ワザが見つかったりします。


・左端のラック内では、VSTeを渡り鳥のように移動させることができる

リヴァーブなりEQなりの設定を別のトラックで試したいときなどに便利です。ラックに表示されるのは、マスターとトラックが一つずつ、もしくは親トラックと子トラックが一つずつですね。これら内部のエフェクトを自由に行き来させることができます。
でもコピーはできません。移動だけです。
なので、試してみてもしOKだったとき、つまり複数のトラックで全く同じ設定のエフェクトを使いたくなったら、「Move to New Gloup」で一括りにするといいでしょう。


・ナビゲーター上の再生開始位置は、「Q/W」またはテンキーの「7/9」で移動させることができる

「Q/W」キーはグリッドで設定した値の分、左に右に移動します。テンキー「7/9」の方は、Markerで設定した印しの間を左に右に移動します。いわゆるショートカット機能の一つです。
試行錯誤を繰り返す際、何度何度もプレビュー再生して出来を確認するわけです。曲のいろんな箇所を変更して、そのちょっと前から再生して聴き込みます。その再生開始位置を狙い定めやすくなります。
マーカーで曲の場面場面を細かく設定しておくと、なおさら便利です。曲の構成が決まり次第、どんどんマーカーで場面の名称をつけておきましょう。



次は、エディット画面に関するものです。



・選択ツールや鉛筆ツールでは、「Ctrl + Shift」で縦に、「+ Alt」で横に、画面を拡大・縮小できる

ノート・シーケンスのエディットでは、以前は、頻繁に画面の大きさを変更してました。その度に拡大ツールを選び、また鉛筆ツールか選択ツールに戻るという面倒を抱えていました。でもこの小ワザを覚えると、拡大ツールへ切り替える機会が激減します。
このワザは上部のトラック編成画面でも同じように使えます。


・ゴーストノートをAlt押しながらクリックで、そのトラックに切り替わる。

今まではトラック編成画面へマウスを動かして切り替えてましたが、たぶん0.5秒くらい時間短縮になります。


・ノート作成後、マウスを離す前に横移動で長さを決められる

ノートのリサイズということです。これは目からウロコでした。「ポチッ、ニュ~♪」、慣れると「ポチュ~♪」って感じで、ノート打ち込み速度が劇的に変わります。
選択ツールではダブルクリックでノート作成なので、「ポチポチュ~」って、あまりやったことない動き(ダブルクリック後にマウスを押したままずらす)をすることになりますが、これに慣れれば、鉛筆ツールを選ぶ機会も減ります。


・Alt押しながらノート選択で、リサイズできる

上記の方法を逸してしまったとき、次にリサイズできる方法です。正確には、ノートのホットスポットをAlt押しながらクリックで、リサイズできます。
ホットスポットとは、ノートの上下左右部分の、マウス当てると矢印に表示が変わるような箇所のことです。

補足として、リサイズ中にShiftを押すと、グリッドのスナップ(ピタッと収まる働き)を無視できるようになります。
これら2つの小ワザで、選択ツール使用時でもノートのリサイズが迅速に行えます。ますます鉛筆ツールを選ぶ機会が減ります。


・複数のノートを選択して、「Alt」+ 左端のグリッドの数字(Bar~128)クリックで、まとめてその長さに変更できる

「♪ ボーボーブーブー」なベース音を「ボッボッブッブッ」に一瞬で切り替えたりできます。


・選択したノートを移動し始めたら、「Alt」押すと、縦か横方向への移動を阻止できる

あるフレーズを、曲の遠く離れた箇所にコピペするときに、音程がズレたりしませんか(手の動きとして)? このような余計な移調を防ぐことができます。


・ノートを選択したら、「+-」キーでヴェロシティが変化する。

クオンタイズに従った値で変化するみたいです。ものすごい数のノートのヴェロシティを、まとめて、一定の値で変更させたいときに有用です。
でもテンキーでできる/できないがあるようです。私のPCではテンキーでこの小ワザはできません。


まとめ:

このような小ワザは、頭でというより指で覚えるべしです。箸の持ち方のように意識せずに行えるまで慣れておくと、作業がはかどること間違いありません。

マニュアル読み込む前は、選択ツール・鉛筆ツール・拡大ツールの3つを頻繁に切り替えていましたが、今では選択ツールのみで、打ち込みに必要な動作をほとんど全部行えるようになりました。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。