スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAKTOR L3の使い方 3

Native Instruments の REAKTOR L3 のマニュアルを訳していきます。いつでも何処でも気軽に見れるようにです。
元ファイル → http://sites.cofa.unsw.edu.au/~z9270905/pdfs/Reaktor5_ensembleRef.pdf の262ページ以降。

3回目は、真ん中の、メインとなるステップ・シーケンサーの部分を訳します。

3 Step Sequencer

Things get more interesting here. L3 features eight parameters which can be sequenced by programming their value at each 16th. This is what turns old loops into new loops... The most obvious of these eight parameters is slice order. This is displayed in the lower of the two large windows (the [Slice Position Sequencer]). By clicking the mouse here you can rearrange slices of the original loop. The window is 16 steps high which means you can select the first 16 slices of your loop. If the selected loop has more than 16 steps, use the [Scroll Bar] at the left to see more slices. The right-mouse button has a function here too: it restores any step to its default value (i.e. to the original slice order). The upper window (the [Parameter Sequencer]) is for editing the remaining seven parame­ters: gain, pan, pitch, reverse, roll, attack, and decay. Clicking the right-mouse button re­sets steps to their default value.

ここから物事が興味深くなります。L3 は8つのパラメータを呼び物としていて、16分音符でそれらの値をプログラミングして、繰り返すことができます。これは、新しいループに古いループを回すものです。。。

8つのパラメータのうち最も明白なものは、スライスの順序です。これは、二つの大きなウィンドウの下側に表示されます(「Slice Position Sequencer」といいます)。ここではマウスのクリックによって、元のループの断片を再編集(並べ替え)できます。ウィンドウは16ステップ以上です。最初は16のスライスを選べることを意味します。選んだループが16ステップ以上の場合、左側の「Scroll Bar」を使って、もっと断片を表示できます。
ここでのマウスの右ボタンは、デフォルト値(すなわち元のスライスの順序)を復元する機能を持ちます。

上側のウィンドウ(Parameter Sequencer)は、以下の七つのパラメータのためのものです:Gain、Pan、Pitch、Reverse、Roll、Attack、Decay 。マウスの右ボタンでそれらのデフォルト値を再設定できます。

2度説明されてますが、右ボタンでの復元機能は、元の順序や値を確かめたくなったときに便利です。特にスライスの順序は、弄っていく内に混乱していくので、大変にありがたい機能です。

Parameter Sequencer パラメーター・シーケンサー
Controls the values of the various parameters for each sequencer step. Use the right mouse button to reset a parameter to its default value.
各シーケンサー・ステップの様々なパラメータの値をコントロールします。マウスの右ボタンで、パラメータをデフォルト値に戻せます。
Gain 音量
Adjusts the gain of each slice. 各々のスライスの音量を調節します。
Pan パン
Adjusts the position of each slice within the stereo field. ステレオ・フィールド内のスライスの位置を調節します。
Pitch 音程
Adjusts the pitch of each slice, i.e. its transposition in respect to the original pitch of the sample file.
スライスのピッチ、すなわちサンプル・ファイルの元のピッチに対する転調を調節します。
Reverse 逆再生
Determines the playback direction. At minimum (the default setting), slices will play forward as normal. At any other value they will play in reverse. At lower values, play­ back will start from near the end of the slice, whereas with higher values, playback will start from nearer the beginning of the slice.
再生の方向性を決めます。デフォルトである最小値では、スライスは標準的に再生されます。他の値では逆再生されます。下側では、スライスの終わりに近いところから再生が始まります。対して高い値では、スライスの開始位置に近いところから再生が始まります。
Roll 連打
Causes the slice to retrigger repeatedly within each step. With higher values the slice will retrigger more quickly.
各ステップ内で繰り返し再トリガするスライスを引き起こします。高い値ではスライスがより迅速にリトリガーします。
Attack アタック
Causes the loop volume to suddenly cut out and then fade back in. At maximum, the fade in time is exactly 1 beat (i.e. four steps).
ループの音量が突然にカットアウトし、その後フェードインで戻ります。最大値だと、フェードインの時間は正確に1拍(すなわち4ステップ)になります。
Decay ディケイ
Modulates the envelope decay time. At center (default) decay time is unaffected. With higher values the decay time is extended, and with lower values the decay time is re­duced. (Therefore the effect depends on the envelope decay time setting controlled by the [Decay] control of the [Sampler] section.)
エンベロープの減衰時間を調節します。デフォルトの真ん中では減衰時間は影響を受けません。高い値では減衰時間は延長され、低い値では短縮されます。ゆえに効果は、「Sampler」セクションの「Decay」の設定に依存します。
アタックやディケイは、聴いてもよく変化が分からない場合もあります。一体どんな機能なのか分からないときは、図3のように、ある箇所だけ連続で鳴らして、パラメータを徐々に変えていくようにすると、何となくつかめると思います。

図3


Slice Position Sequencer
Controls the order of the slices. Low values represent slices at the beginning of the sample file, high values slices at its end. Thus, a line from the bottom-left to the top-right results in normal playback order as defined by the sample file without any re-arrangement.
スライスの順序をコントロールします。低い値は、スライスをサンプルファイルの開始位置に表し、高い値は終わり側に表します。このように、左下から右上へのラインは、ノーマルな再生順序に帰着します。何の再編集もされていないサンプルファイルと同じです。

Scroll Bar
Scrolls the [Slice Position Sequencer] vertically. This can be useful if a long loop with many slices is loaded: As the [Slice Position Sequencer] can only display sixteen vertical values, slices after the sixteenth cannot be controlled. Use this bar to scroll to those higher values.
「Slice Position Sequencer」を垂直にスクロールします。スライスがたくさんの長いループを読み込んだ時に有用です。「Slice Position Sequencer」は、縦に16の値しか表示できないがゆえに、それ以上はコントロールできません。このバーを使って高い方へとスクロールしてください。

Edit Range Bar
Controls the area of steps within the [Slice Position Sequencer] onto which the edit functions are applied. The edit functions are:
エディット機能が適用される「Slice Position Sequencer」のステップの面積をコントロールします。エディット機能は次の通りです:

Reset Slices
Sets each step within the edit range to its default position.
Shift Up / Down
Shifts each step within the edit range up or down by one position.
Shift Left / Right
Rotates each step within the edit range to the left or right by one position.
Clear
Resets all steps within the edit range in both the [Slice Position Sequencer] and the [Parameter Sequencer].
Copy
Copies all steps within the edit range of both the [Slice Position Sequencer] and the [Parameter Sequencer] into an internal buffer.
Paste
Copies all steps from the internal buffer into the edit range of both the [Slice Position Sequencer] and the [Parameter Sequencer].
最後の「エディット・レンジ・バー」が分かり辛いかもしれません。これは、

の部分のことです。横にスライドすることで範囲を決められます。その範囲内だけ、コピペ等のエディットができるということです。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。