スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAKTOR L3の使い方 2

Native Instruments の REAKTOR L3 のマニュアルを訳していきます。いつでも何処でも気軽に見れるようにです。
元ファイル → http://sites.cofa.unsw.edu.au/~z9270905/pdfs/Reaktor5_ensembleRef.pdf の262ページ以降。

2 Pattern Sequencer


Each L3 snapshot consists of up to eight individual patterns labeled A through H. As you will see on the panel, there are 16 [Pattern Selector Boxes] along the top each displaying a letter (A to H). The pattern playback order depends on the arrangement of the letters dis­played in these 16 boxes. The leftmost box selects the pattern to be played for the first bar, the second box selects the pattern for the second bar, and so on.
L3の各スナップショットは、A~Hにラベルづけされた最大8つのパターンで構成されています。パネルから分かるとおり、16の「パターン選択欄」が、AからHまでの文字で各々表示されています。パターンの再生順序は、これら16のボックスに表示された文字の配置に依存します。
一番左のボックスが、最初のバーを再生するパターンを選択し、2番目のボックスが2番目のバーのパターンを選択し、以下続きます。


Pattern Selector Box­es パターン・セレクター・ボックス
Controls the sequence of the patterns to be played one after another. Click and drag vertically on any of the 16 boxes to select a pattern. Use the [Loop Area Bar] to deter­mine the length and position of the loop.
次々に再生されるパターンのシーケンスをコントロールします。16のボックスを垂直にクリック&ドラッグし、パターンを選びましょう。「Loop Area Bar」を使って、ループの長さと位置を決めましょう。

Loop Area Bar ループエリア・バー
Defines the area of the [Pattern Selector Boxes] played in a loop. If only one box is selected, only this pattern will be played; this can be useful to edit and audition a pattern.
ループ内で再生される「Pattern Selector Boxes」のエリアを決めます。一つのボックスしか選択されてない場合、このパターンだけが再生されます。これは、各パターンを視聴・編集するときに有用です。
A~Hの文字のところが「Pattern Selector Box­es」で、その下が「Loop Area Bar」です。
説明がありませんが、クリックすると×印が一つ点き、左右にスライドすることでループの順序・構成を決められます。飛び飛びに×印を点けることはできません。

Bars per Pattern パターンごとのバー
Adjusts the number of bars in each pattern. 各パターン内のバーの数を調節します。

Beats per Bar バーごとのビート
Controls the number of beats in each bar. A beat is interpreted as a quarter note; each step represents a sixteenth note.
各々のバーのビートの数をコントロールします。ビートは4分音符として解釈されます。各ステップは16分音符を表します。

Swing スウィング
Sets the amount of shuffle, i.e. the amount of slight delay on off-beats.
シャッフルの量、すなわちオフビート上の若干のディレイの量を設定します。
左上の「2 3」の四角と、その下のスライドするバーのことを言っています。
1パターンは最長で、2×4拍の2小節分となります。1小節を~7拍までとるような変拍子にもできます。その1拍は4つに分解できるので16分音符というわけです。
…なので3連符が難しいかもしれません。表示上の拍数を無視して、自分の頭の中で考える形でなら可能でしょーか?

そしてこのパターンを最大16個並べられます。「AAAB, AAAB, AAAB, AAAC」と並べて、Aを通常の8ビート、BとCをフィルインのように組むと、曲の中の一つのパートのようにできるハズです。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。