スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のDTM

今日は朝方に「魔笛 夜の女王のアリア」を投稿した。


制作期間3日。仕事が全然なかったので、この3日間のうちたぶん2550時間くらいPCに向かっていたと思う。目が痛い。

オペラというかクラシックもドイツ語も何も知らない状態からのスタートだった。
ひょんな探索でレン版KAITO版の存在を知り、衝撃を受けたのが制作のきっかけ。

ルカ版はまだないようなので、かなりのプレッシャーを感じた。
これまで道を切り拓いてきた先達の作品の、後に続けるものになったんだろうか…。

巻き舌とドイツ語の滑らかな発音は上手くできたかなと思うけど、全体的に声量不足なのは否めない。体重45kgのルカではどうしようもないものを感じた。本物のソプラノ歌手は倍くらいの体格している。それから声がかすれ過ぎな気もする。
プレッシャーに押しつぶされ、歌でなくLipSyncの方で思いっきり弾けるように演出せざるを得なかった。

コロラトゥーラのところ、PITをいじってみたらもっと鋭くなったかも…。
KAITO版がスゲェんだ、とにかく。
ああいう、針で鼓膜を突っついているかのような鋭いスタッカートを期待してたのに、ルカのは小鳥がさえずるような弱々しいものだった。そういう歌だと思えばOKかもしれないんだけど、復讐の炎が地獄のように燃えてねぇ…。
オケをWAV変換するとき、音割れするのをどうしても防げなかったのも悔しい。
2:00あたり以降の部分で、扇風機に向かって声出しているときのような曇りが発生するのも悔しい。
これは昔からずっと気になっていて、一向に有効な手立てが見つからない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。