スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maika さんを使ってみた!

Voctro Labs の Vocaloid Maika を買いました。使ってみて気づいたことをササ~ッとまとめます。
私にとっては日本語DB、英語DBに続く3つめのデータベースなので、専用の"慣れ"を用意しなくちゃならないためです。

こちらの製品ページの音素表と、こちらの英語の歌わせ方指南ページを元に、、、



…の動画をつくってみての気づきのまとめです。ちょっと裏話的な。





 ハスキー声 

・意外にもカラッカラに掠れたハスキー声である。トーンに声変わり前の男の子っぽいところがあり、ソウルフルな黒人少年シンガーというイメージさえ感じる。この印象が一回でも固まると、もう女性の声として聴くのが難しくなるほど。
・第一印象はソウルフルな少年シンガー、、、Jackson5 期のマイコーのような感じ。女性でいえばブレンダ・リーっぽくなれるかどうか。

・このソウルフルなハスキー声は、B3付近の、おそらく2番目に高いサンプルの印象が主。
 一番高いのは裏声らしくて、3番目の高さのはまろやかで優しそうな声のサンプルである。
 これらは、子音・母音の組み合わせと音域によって変わる。
 A3付近だと、ハスキー声とまろやか声が頻繁に切り替わる可能性あり。二つの声色は大きく印象が異なる。
 キャラの性格に関わってくるので、使い分けが必要。母音の数が多いのでこの点は助かる。
 ノートとピッチのトレードでサンプルを変える手段もあるが、どうも苦手なようである(猫村いろはに比べると)。



 語末の子音 

・語末で[dz]を発音しない時がある。「ざずぃずぜぞ」の語頭は基本[dz]で賄えるが、もし語末で沈黙するときは[z]を使うとよい。[z]を語頭にすると、子音が弱く柔らかい「ざずぃずぜぞ」になる。

・語末の[t]が音量低い。普通に聴いていては start と star の区別がつかない。よってボリューム調整が必要。
・語末では[p]も発しない。これは他の歌手で代用するのが手っ取り早いかも。
・[d]も発しない。フレーズの最後でビシッと有声破裂音で締めたいときに困る。この場合は、直後に単独で[r]を置き、音量調整をする。
 「♪どぅるっ」のような子音を発するので、「るっ」の部分をミュートすると、「d」の子音だけ発するようになる。
 他の歌手で代用してもいいかもしれない。



 ae の母音 

・「英語DBの[{]は[E a]のように」という話しだが、単語によってちょっと苦しい時がある。二つの母音が余りにも離れて発音されるのだ。
 この現象は頭の子音によって変化する。ダメなときは他の「あ、え」系の母音も上手くいかない。
 よって例えば band などは[b E n d]と入力するしかなくなり、bend との区別がつかなくなる。



 [u]だけで寂しい 

「あいうえお」の母音の内、「あいえお」は種類が豊富だが、「う」は[u]しかない。
英語には曖昧母音というのがあり、弱い u というのもある。「broken」「spoken」の e がそう。
この発音に対して決定打がない。[Q]や[@]のOPEを若干下げると、なんとも言えない母音になり、場合によっては当てはまるかもという感じ。
他、「food」と「good」も異なる母音なわけだが、どちらも[u]で賄うしかない。上記の語末の子音の問題も絡んできて、ますます選択が難しくなる。



 らめぇ化現象 

語頭の[d]の子音が日本語の「らりるれろ」のようにしか聴こえない場合があった。
「だでぃどぅでど」と入力したつもりが、「らりるれろ」にしかならないのである。
当に「だめぇ」 → 「らめぇ」と同じ変化である。
中域のサンプルの多くがこのように変化するっぽいけど、まだ検証しきれてない。
[d a]は[d d a]と子音を重ねることで、きちんとした「だ」 になるが、この方法でも変化なしの母音がある。
その場合は母音を変更することになるが、それでもダメな場合があるかもしれない。



 子音2個 

語頭に子音が2個並ぶ単語(treat、playなど)がやっぱり難しい。これは他の英語歌手も同様。
前音節の尻尾にtやpを置くとか、単独で配置するか、その位置・長さはどうかなど、決定打はない。歌により言葉により変わる。
strong のような子音3個の単語だと、さらなる困難が予想される。



 一部の子音の半母音化効果 

語頭の[l][r\]の前に、長めの単独子音[d][t]を置いたら、その分だけ伸びて発音された。
[d][t]が伸びてではなく、[d][t]の部分なのに[l][r\]を発した。これまでに経験のない不思議な現象である。

つまり言い換えると、持続可能な語頭の子音は、直前の単独子音の分だけ伸びて発音される、、、のかもしれない。
これは、一語を思い入れ強く発し始めるような効果が期待されるテクニック。「Left unattended」の L に使った。
この伸びる部分は音程が変更可能で、ビブラートも効く。当に半母音化すると言ってよい。

伸ばせる子音 h、l、m、n、dz、z、Z、j、w、r、r\、f、N
伸ばせない子音 s、S、t、d、ts、tS、T、D、v、B、G、k、g、

これだけの数の半母音があるというのは、一人の歌手としてとても期待が持てる。
たまに「t てぃ~」「d でぃ~」とそのもの自身を発することもある。

もしかしたら、日本語の他のキャラでも(初音ミクでも猫村いろはでも)同様の効果が得られるかもしれない。要検証。




Maikaさんのリンク集

 Voctor Labs 関連
製品ページ
スペイン語専用発音チャート(Bruno & Clara の発音の手引きで参考になる)
・MMDモデルのダウンロード
 chibidekoさん作(隣に浮いているボール、NOVAのモデルもあり)
 André R.(Pocket-P)さん作
・イラスト集
 Deviant Art の検索結果(海外のイラストサイトでの「Vocaloid Maika」の検索結果)

 当ブログ内記事
・最初に使ってみての印象 → 当ページ!
自分専用母音使いこなしテクニック
・自分専用子音使いこなしテクニック
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。