スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Limelite のマニュアル和訳 8

Limelite というリズムマシーンのマニュアルを和訳していきます。元ファイル → こちら

8回目は、各サンプラーの機能の続きで、XFXについてです。



XFX overview

The XFX section contains a bank of 22 effects, and a recordable XY pad with which to automate the 2 parameters of each effect. Some of the 22 effects also have a non-automatable 3rd parameter, which can be set using the slider bar beneath the XY panel. Details of parameters for each effect can be found in Appendix 1.

XFX セクションには22のエフェクトのバンクが含まれており、記録可能な XYパッドが各エフェクトの2つのパラメータを自動化します。22のエフェクトの幾つかはまた、自動化できない3番目のパラメータを持ちます。それらは、XYパネルの下のスライドバーを使用して設定することができます。
各エフェクトのパラメーターの詳細については、付録1に記載されています。


Press Play to enable automation playback, and while Rec is enabled, hold the mouse button and move the mouse to write to the automation sequence. The XY automation is stored in 2 x 64 data points, and Sm toggles between stepped or smoothed interpolation between each point. Spd determines automation speed and Len automation length. When Spd is centred and Len is set to hard-right, the automation length will last for exactly 4 times the kick/snare/hat sequence length.

> Play」を押して、オートメーションの再生を可能にしましょう。そして「 Rec」が有効な間、マウスボタンを押して自動化シーケンスに書き込むために移動させましょう。
XY の自動化は 2×64 のデータポイントに格納され、「Sm」は各点との段差もしくは平滑化された改ざん(=interpolation)の間を切り替わります。
「Spd」を自動化の速度を、「Len」は長さを決定します。「Spd」が中央で「Len」が右側のとき、自動化の長さは、正確に4回、Kick、Snare、Hat のシーケンスの長さで続くでしょう。


Dly defines the input signal into the XFX section. At hard-left, the input signal comes direct from the Samplers + Pulp unit. At hard-right, the input signal is the Delay unit output. When Dly is centred, the XFX input is a 50/50 mix of the two. Correspondingly, the Dly knob also determines the amount to which the delay section output is sent to the Mix (fx mixer) section. At hard-left, both xfx and delay output are sent to the fx mixer, but at hard-right, only the xfx output is sent to the mix. Thus, in other words, the Dly knob also cross-fades between xfx+delay parallel mixing and dly>xfx serial mixing.

「Dly」がXFXセクションへの入力信号を定義します。左側だと、入力信号はサンプラー + Pulp ユニットからダイレクトに来ます。右側だと、入力信号は、ディレイユニットの出力となります。中央のときは、XFXの入力は、50対50のミックスとなります。
これに対応して、Dly ノブはまた、Delay セクションの出力が Mix セクションに送られる量をも決定します。左側のとき、XFXとディレイの出力は FX のミキサーに送られ、右側のときはXFX の出力のみがミックスに送られます。
言い換えると、このようにして、Dly ノブは XFX + Delay のパラレルなミックスと Dly > XFXの連続的なミックスの間をクロスフェードします。


Lo and hi can be used to attenuate low and hi frequency elements of the xfx output. Set both to hard-right for no attenuation. Gain determines the overall output level.

「Lo」と「Hi」は、XFX の出力の低または高周波成分を減衰させることができます。減衰させないためには、両方とも右側に回してください。
「Gain」は全体の出力レベルを決定します。


 付録1 XFX Parameter Reference

XY Additional
Highpass CutoffResonance-
Bandpass CutoffResonanceLFO depth
Lowpass CutoffResonance-
Phaser LFO SpeedCentreLFO depth
Vowel Cutoff 1Cutoff 2-
Flanger LFO SpeedLFO DepthStereo
FM FrequencyDepth-
Reson Envelope ModDelayStereo
Feedback PitchEnvelope LengthEnvelope Shape
Reflex CutoffResonanceSpeed
Reverb SizeDecayMod
UFO !?!?!?
Rainman !?!?!?
Distort CutoffDrive-
Ringmod Ringmod PitchPitch 2Mix 1/2
Lofi HzBits-
PitchShift GrainPitch-
Gate DecayThresholdEnvelope Shape
Chop DecayEnvelope Shape-
Slice Reverse RatePattern (1 to 16)Pattern Bank (A to B)
Freeze Loop LengthPitch ModPitch mod Depth / dir
Spin StereoDepthlength








Limelite の使い方、マニュアル和訳

トップページ
1、紹介とクイックスタートと概要
2、シーケンサーセクション
3、シーケンサーセクションの続きと Remix セクション
4、Remix セクションの続き
5、Out セクション
6、各サンプラーの機能 ~Kick, Snare, Hat~
7、各サンプラーの機能 ~Tie, Pod~ と Pulp セクション
8、XFX セクション ← 今ココ!
9、Delay, Mix, EQ, Filter, Magic
10、midiノートの割り当て、サンプルの確認・変更方法


スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。