スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Limelite のマニュアル和訳 7

Limelite というリズムマシーンのマニュアルを和訳していきます。元ファイル → こちら

7回目は、各サンプラーの機能の続きで、Tie、Pod、Pulp のエフェクト系のものを見ていきます。



Tie

Port determines portamento speed, and A defines envelope attack time. FM sets frequency modulation depth, and MP defines the pitch of the FM modulator oscillator. The sample can be mixed with white noise using the Noise knob.
The Vel (velocity) menu selects the modulation destination for velocity. Velocity can be routed to amplitude by adjusting the V>A knob (hard-left modulation, hard-right for full modulation).

「Port」はポルタメントのスピードを決定し、「A」はエンベロープのアタックタイムを定義します。「FM」は周波数変調の深さをセットし、「MP」は FM modulator oscillator のピッチを定義します。「Noize」ノブを使うことで、サンプルにホワイトノイズを混ぜることが可能です。
「Vel(Velocity)」メニューは、ヴェロシティの変調の目的地を選びます。「V>A」ノブの調整によって、ヴェロシティは振幅へと通すことが出来ます。
Tie はベースの音を添えるのに適しているかもしれません。低い音の出る .wav を選び、Mod で Tune を選択します。そして シーケンスセクションの Mod で、拍に合わせて少しだけバーをいじると、その部分で音程が変わり、そこそこ立派なベース音になります。
多くのプリセットでも、この方法でベース音を奏でています。「r_bass」という .wav が人気です。他のノブで音色を変更することもできます。

でも、「唯一、ベースっぽいことができる」というだけで、機能はそれだけに留まりません。Leadっぽいこと、Padっぽいこともできます。単独で鳴らしていろいろ試してみましょう。

Pod

Zap controls FM depth, but unlike the Tie, the FM source is not an oscillator but a decay envelope.

「Zap」はFM信号の深さを調節しますが、 Tie とは趣きが異なります。FM信号のソースはオシレーターではなく、Decay Envelope となります。
Pod はハンドクラップやサイドスティックやコンガなどのパーカッション系を担当するようです。調べてみると、そういう .wav でいっぱいなのが分かります。ただ、シンバルにだけは乏しいです。自作 .wav を取り込むか、他のソフトに任せる手段が考えられます。

マニュアルには、この2つのセクションの Vel メニューの訳がありません。シーケンス・セクションで操作する上で最も大事なところだと思うのですが…。
Tie には「Wav」「Tune」「Attack」「Decay」「Start」「FM」「Cutoff」の項目があります。
Pod には「Wav」「Tune」「Attack」「Decay」「Zap」「Cutoff」の項目があります。
略語になっているので自信ありませんが、多分そういうことだと思います。





Pulp

Pulp is a signal generator that transforms the input signal (selectable by the central knob) into a percussive-type output.

Pulp は一種の信号発生器で、入力された信号(真ん中のノブで選択可能)をパーカッシブ・タイプの出力へと変換します。


First the pitch and amplitude of the incoming signal are detected. The pitch range is clipped with the Lo and Hi knobs, transposed by Tune and slewed by Port. Amplitude is detected by a peak detector, controllable by the D (decay) knob.

最初に、入力された信号のピッチと振幅が検出されます。ピッチ範囲は「Lo」と「Hi」のノブによって切り抜かれます。「Tune」によって転調、「Port」によってねじれ(=slue?)させることができます。
振幅は、「D(decay)」ノブによって調節されるピーク検出器によって、検出されます。


The detected pitch is then routed to a sine oscillator and the filter cutoff of a noise generator. The Osc knob fades between the sine oscillator (hard-left), the input signal (centre) and the noise generator (hard-right).

検出されたピッチは、サイン・オシレーターとノイズ発生器のフィルター・カットオフを通ります。「Osc」ノブは、サイン・オシレーター(左側)、入力された信号(中央)、ノイズ発生器(右側)の間を移動します。

Finally, the output is fed into a comb filter. FB determines the amount of feedback, Freq determines the delay time, FM the delay time modulation amount (signal amplitude being the modulation source), and Cut defines the lowpass cutoff of the comb filter. Comb cross-fades between oscillator output (hard-left) and the comb filter output (hard-right).

最後に、出力は結合のフィルターへ注がれます。「FB」はフィードバックの量を決定し、「Freq」はディレイタイムを決定します。「FM」はディレイタイムの変調の量(信号の振幅が変調のソースとなる)で、「Cut」はローパスのカットオフを定義します。「Comb」は、オシレーターの出力(左側)と結合フィルターの出力(右側)の間を、クロスフェードします。

真ん中のノブについて説明がありません。これは、左から順に「Kick」「Snare」「Hat」「Tie」「Pod」「Ext」「All」のスイッチとなります。それぞれ該当するセクションの、残響音のような仕事をします。「Comb」を右に回すと、タイミングが遅れてディレイのような効果になります。2件隣の「Delay」とは別のディレイです。
しかも、該当するセクションを無効にしても、シーケンスに合わせて自分だけで鳴ります。

これも、一言では言い表しにくい機能のセクションです。「Pulp と○○だけ」に絞って鳴らしてみて、効果を確かめてみるといいかもしれません。







Limelite の使い方、マニュアル和訳

トップページ
1、紹介とクイックスタートと概要
2、シーケンサーセクション
3、シーケンサーセクションの続きと Remix セクション
4、Remix セクションの続き
5、Out セクション
6、各サンプラーの機能 ~Kick, Snare, Hat~
7、各サンプラーの機能 ~Tie, Pod~ と Pulp セクション ← 今ココ!
8、XFX セクション
9、Delay, Mix, EQ, Filter, Magic
10、midiノートの割り当て、サンプルの確認・変更方法


スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。