スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初音ミク英語版】Song To The Siren / Tim Buckley他【洋楽カバー曲】

新しい作品を投稿しました。洋楽のカバー曲です。






Tim Buckley が1968年~1970年頃に発表していた曲です。キーやちょっとだけ歌詞が違うものがいくつか音源/映像になってます。
このときはあまり注目されなかったのですが、1983年に、This Mortal Coil というユニットがカバーしてから、「俺も私も」とたくさんのカバーが発表されるようになりました。

iTunes Store で検索すると、うんざりするくらいのカバーが見つかります。

なぜ、そんなに愛されているかというと、、、
Sirenとはセイレーンのことだからです。歌声で魅了して船を難破させるというギリシャ神話の。。。
欧米の、「歌」にこだわりのある人たちにとっては、重要なテーマなのでしょう。


私は、それらのカバーを細かく聴きこんでいて、「お~、ブライアンはこう来たか~」とか「シンニードはここをこう歌うか~」とか「ジョンはこんなアレンジでか~」とか、陽気に聴き比べてきました。


その、どのカバーもやってないことをやってみようと思って、ドリーミーなアレンジにしました。
3連符のアルペジオにディレイを重ね掛けして、リズムの感じ取りにくいオケにして、ただ歌声だけがリズムを感じ取らせ、曲の進行を聴き取る上で頼りになる形にしたかったんです。

こういうアレンジでも歌のテーマに合うかなと、、、う~ん。。。
この歌は、「何ら自分の自由にならない物事のうねりの中で、歌声(音楽の美)に付いていくか/いかないか、そしてそれは自身の破滅なのか/否かの迷いの歌」ですよね。

そういう、海の水のうねり揺らめく様子、キラキラ光る様子を出したかったのですが、バカに明るい雰囲気になってしまいました。
ただ、買ってみた初音ミク英語版は、声色がずいぶんと暗く落ち着いたものだったので、その辺のバランスを考えながらいろいろ頑張ってみたのですが、やっぱり奇抜すぎたかもしれません…。

趣味性の強い作品だということです。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。