スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF9 攻略日記 12

あらすじ
ブラネが新たに人を雇った。美の狩人ラニと焔<ほむら>色の髪の男、(多分)サラマンダー。使命は2つ。ダガーのペンダントを取り戻すことと、ビビの始末。
そして新たに出陣の準備に取り掛かった。

一方のジタンたちは、ガルガントの暴走でピナックルロックスに放り出された。確かリンドブルム周辺の探索のとき、老人の幽霊が出るとか立て看板があったところ。
その老人は雷帝ラムウだった。みんなのために力になりたい、召喚魔法を使いこなしたいダガーは、彼に協力を依頼。ラムウは何かの物語の断片を集めるテストを実施。
何か聞き覚えのある話しを繋げたら、ラムウはダガーが信用できたみたいでペリドットになった。

ピナックルロックスを出るとすぐにムービー。アレクサンドリアがリンドブルムに侵攻。何か、掃除機の口みたいなのが工場区をあらかた吸い込んでいった。
シド大公は降伏を決断した。その条件は新型飛空艇と天竜の爪(ダガーのペンダントと同じ宝珠)の接収。
リンドブルムはメチャメチャになっていた。ビビが黒魔道士と誤解され、暴行を受けた。シドと話し合い。全ての黒幕は武器商人のクジャではないか。クジャは北の大陸から来たらしいので、北の大陸に行こうとなった。
壊滅状態の街で準備を整え、リンドブルム北の採掘場から北の大陸を目指す。

途中、チョコボの森に寄ってアイテム集め。
ク族の沼でクイナと再会した。カエルを追いかける内に鎖を外してしまい、採掘場に侵入可能になる。
ちょっと進むとデュラハンに追いかけられ、続いてラニがペンダントを奪いに来た。捨て台詞を吐いて退散させる。

採掘場では行方不明だったスティルツキンと再会できた。フォッシル・ルーを進む。外側の大陸はもう間近。20時間39分。


メモ
ラニ … にぎやかな服装の女狩人。礼儀知らずな言葉遣いをする。
ジャスティンとニコル … 陥落後のリンドブルムでヴィジランツという抵抗組織みたいなのを結成しようとしているのがジャスティン。その恋人でアレクサンドリア兵であるのがニコル。
ロウェル … リンドブルム劇場街の花形スターだったが、今回の襲撃で劇場は崩壊。アレクサンドリアのルビィの小劇場に向かった。早速アレクサンドリア兵の追っかけをつくった。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。