スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF9 攻略日記 5

あらすじ
ダガーの正体を隠すため、大きくは騒がずにダリ村を去る一行。アレクサンドリア行きのカーゴシップに乗る。ただしジタンとスタイナーには異なる狙いがある。
船内では例の人形が無言で働いていた。働くけど"生きて"はいない。人形の動きである。ビビはまたショックを深める。
ジタンが勝手に舵を操作して艇をリンドブルムに向ける。そしてスタイナーともめるお約束の展開。

そこへ黒のワルツ3号が現れる。人形たちが立ち塞が(?)った。ムービー。黒のワルツが船を爆破、人形たちが空に散らばる。ダガーに操縦を任せて3人で戦闘する。ビビは怒りでトランス状態。

ムービー。怒りで我を忘れた3号が小型艇でカーゴシップを追いかける。2台が山を縫い、南ゲートの門が閉まるギリギリのところを通過。黒のワルツ3号の小型艇は門にクラッシュして大破。
スタイナーがようやく覚悟を決め、姫の帰還でなく旅の間の護衛に任務を切り替えた。

カーゴシップがリンドブルムに到着する。巨大な街と城。ダガーは王女としてシド大公に会いたいと申し出て、ペンダントのおかげで城の中に通される。
シド大公に会って話しをすることで、ここまでの物語の筋道が明らかになった。

・アレクサンドリア、特にブラネ女王が不穏な動きを見せている。ダガーは孤立。そのためリンドブルム行きを決意。
・一方でシド大公もその動きを察知。怪しまれないように、タンタラス団に誘拐という形でダガーを連れてくるように命じた。シドとバクーはワケありの仲らしい。

ゲートが直り次第、シドとダガーはアレクサンドリアへ向かう予定を立てた。一方で、ジタンは酒場でかつての知り合い、フライヤと再会した。5時間56分。


メモ
南ゲート … アレクサンドリアとリンドブルムの国境にある巨大なゲート。飛空艇は霧のあるところしか飛べないので、空のゲートでもあるし、徒歩の人にとっても山の関所である。ゲートパスがないと通れない。ヴェガという施設を備えている。
アレクサンドリアの不穏な動き … 王を亡くしてからブラネが変わった。城に怪しげな者の出入りが目立ち、ダガーとも口をきかなくなった。黒魔道士兵の増産もその一つ。
リンドブルムあれこれ1 … 先代のシド大公によって霧をエネルギーに変えることに成功。特に飛空艇の技術が発達した模様。
リンドブルムあれこれ2 … 城は3つの層をリフトでつないでいる。最下層は霧の下。トロッコに乗って港と裏門に出られる(今は霧で危険なため封鎖)。中層は飛空艇ポートがある場所。エアキャブ(電車みたいな)で城下町へ。最上層は大公の間と会議室。大公の許可がないと入れない。
カーゴシップ … 良くも悪くもヴィンテージな飛空艇。機関部の構造はのちの飛空艇の基礎になった。木でできていてボロい。
ヒルダガルデ … シドが開発していた飛空艇。霧を全く必要としない動力機関を持つ。

黒のワルツ3号 … 彼らは改造黒魔道士兵だった。ダリ村で製造中のはただの黒魔道士兵という。リネンキュラッサとエスカッションが盗める。
シド大公 … リンドブルムの統治者で飛空艇の製造者。浮気者で、半年ほど前に妃のヒルダにブリ虫にされた。さらにヒルダガルテ1号と共に逃げられてしまった。以来、シド大公は2号機の建造に取り掛かっているが、ブリ虫のためはかどらない。ダガー曰く、一歩先のことを考える頼りになる人。
オルベルタ … リンドブルムの大臣。限られた人しか行けない最上階に行ける人。
ゼボイト機関長 … リンドブルムのエンジニア。普段、飛空艇の研究所から一歩も出ない。カーゴシップに思い入れあり。

操作キャラ
フライヤ … ブルメシア出身の亜人。女性で「~じゃ」という言葉づかいをする。恋人の消息を探している。


ここまでの感想
やっと物語の筋道がつかめた。でも"霧"が何なのかよく分からない。FF7の魔晄はゲーム序盤から詳しい説明があった気がする。

ビビがショックを受けるのも無理はない。でもビビには理性や意志や感情があり、ダリ村で見た存在とは明らかに違う。それが何故なのかは今後明らかになるのだろう。そういう精神があることが人間の命の全てなのだから、ビビがそのことを強く自覚するまで、不安は拭えないだろう。物語がその辺をどう描くかに期待。

アビリティのおかげで、ボス戦で必ず"ぬすむ"から選択しなくちゃならない雰囲気になった。"後で手に入るかどうか分からない""とりあえず盗んどかないと…"という観念が働いてしまい、ちょっとかったるく感じるときがある。
また時間がないときなど、無駄な戦闘をとんずらで省きたいのだが、演出がいちいち大げさなので困る。「とんずら → シュタタタ…」くらいがいいのだが。
これらはこのゲームの悪いところか。物語には関係ないけど。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。