スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス 15歩目

15歩目

あらすじ
大陸北端のゴリアテ工場に潜入する。への6号戦を制して戦艦ゴリアテを奪う。ハマーも着いてきた。
キスレブを脱出するや否やグラーフが襲ってきた。ギア戦を乗り切った後、シタンとハマーがゴリアテの大砲で退けた。
すると無事だったユグドラシルの場面に変わる。バルトはキスレブ軍と勘違いしてゴリアテに特別なミサイルを発射、ゴリアテは墜落した。
ラムサスたちもこの動きを察知し、グラーフもラムサスたちに接触してきた。さらに天帝と訳の分からない存在の会話。
フェイとエリィはゴリアテの残骸で漂流、シタンとリコはユグドラシルに拾われてバルトたちと合流と、パーティーは離れ離れになってしまった。21時間39分28秒


メモ
への6号…ゴリアテ工場内で戦ったボス。しばらくするとシフトアップでどんどん強くなっていくが、ブースターとエリィのエーテル技の連発だけで勝てた
グラーフ戦…ギアに対して生身で戦ってくる(傍に自分のギアがあるにも拘らず)。超指弾で大ダメージ。エリィには何もしてこない。
グングニルミサイル…ユグドラシルに搭載の特別なミサイル。バルトが命令するとき「バルトミサイル」という名前になる。
アウラ・エーペイル…シェバトのゲートキーパーのことか?
アクヴィ…ラムサスのトラウマの転移先??? 地名???


気になった会話
ラムサス「貴様……。」
グラーフ「追わずとも良いのか?」
ラムサス「何?」
グラーフ「転移した艦に乗っているのは、うぬのその胸に怖れと憎しみを刻み込んだ男。転移先はアクヴィだ。」

ラムサス「総員、非常呼集。これより転移したキスレブ艦を追撃する。」
ミァン「なりません閣下! まだ、本国からの指示が来ていません。ここを動くのはそれからでも……。」
ラムサス「構わん! ここで、奴を逃す訳にはゆかぬ!」


グラーフ「小細工は無用と言ったはずだ。」
ミァン「私は貴方の手助けをしているだけ。結果的にかせが外れやすくなったのだから良かったじゃない? それに“器”は運命られた者にしか反応しないことは知っているでしょ? これはあの子達も知らないことなの。私の意思でしたこと。でも……カールにとって彼は必要ね。カールの存在意義そのものだから。」


「勝手なことを……。ラムサスの任はイグニスに眠る“アニマの器”の発掘とラムズの監視であったはず。それを……。」
「“アニマの器”ならいつでも回収出来る。それより、移転した船には“奴”が乗っていたことが判明しておる。ラムサスはそれを追ったのであろう?」
「……トラウマ、か。」
「否。この場合は、ニグレト……、陰性外傷だろう。」
「メモリーキューブからの情報によれば“奴”の周囲には“アニムス”となり得る因子を持つ者が複数存在しているらしい。」
「M計画対象者、<スファラディー>では無くか?」
「ああ。」
「偶然か?」
「否、それにしては多過ぎる。“奴”に引き付けられたか……。」
「図らずも500年前と同じ様相を呈してきたか。」
「あの男がそうなる様に仕向けた可能性も無いではない。」
「転移先はアクヴィ……。タムズの近くだったな。」
「アクヴィならばカレルレンが向かうそうだ。」
「カレルレン? 直々にか? なにゆえに?」
「見つかったのだそうだ。4000年の長きに渡り奴が探し続けていたゼボイムの遺産がな。」
「遺産……、という事は、以前奴が話していた技術か?」
「そうだ。」
天帝カイン「分子工学……ナノテクノロジー創世の地、ゼボイム文明の首都がアクヴィの海底下に眠っていたのだ。19年もの間、その存在は『教会』によって秘められていたがな。
「よいのか? カイン。」
天帝カイン「ああ、まだ暫くは保つ。」
「19年……。ちょうどアクヴィの大地殻変動の年と重なるな……。」
「成る程。」
「しかし、解せぬ。その技術、さほど重要なものとも思えぬが……」
「奴とてラムズ。あまり勝手にさせるのもどうかと思うぞ。」
「あれには何を考えているのか解らぬ所があるからな。」
天帝カイン「よい。その件は、私が責任を持とう。ところで……。お前達……“消すつもり”であったのか?」
「何、偶然だよ。」
「場所がイグニスだ。蓋然とも言える。」
「それに、あの程度で消せるなどとは思ってはおらぬ。」
「粛清そのものも失敗に終わった。今後はなかろう。」
「“アニムス”が集まっているのであれば尚更、だな。」
「うむ。」
「カインよ。何故そこまでこだわる? 我等にとって、何ら利のない“奴”に……。」
「毒になりこそすれ、薬になることは有り得ぬのだぞ。」
「“アーネンエルベ”……、未だに信じている訳ではあるまい?」
「そんなものは幻想だよ。理想ですらない。」
「結果は……この姿。見ての通りだ。」
「それとも……、忘却の彼方に葬り去った“想い”からか?」
天帝カイン「……」
「カイン。我等が“神”なのだ。」

あの男とか奴とか誰のことを指しているのかハッキリしない限り意味不明のまま。たとえクリアしても意味不明のままかもしれない。知らない語句がまたたくさん出てきた。
しかし訳の分からない存在はソラリスのトップマネジメントの連中であること、天帝カインもその一味であることは明らかになった。
彼らを困らせる何か、転生を繰り返す存在があって、それが今現在の世においてはフェイに乗り移っている、、、ということなのか?


感想
工場内で、ギアでないと勝てないような相手がいきなり出現して全滅した。ギア召喚のコマンドを知らず、しばらく右往左往した。エリィの機体はヴァーチャロンに出てきた一機に似ている。打撃を加えるとハートが飛び出すのにウケた。以前、ヒステリー起こしたときもハートだった。
ラハン村のあと、アヴェ、キスレブと放浪と脱出を繰り返して、今度は何処へ向かうのだろうか…。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。