スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュープリズム・ルウ編攻略 7

あらすじ
すっかり様子の変わった湖畔に行ってみる。塔内でドールマスターたちとマヤ殿下の会話イベント。遺産の封印を解くかどうかで意見が分かれる。
ルウが宿屋に泊まると外から呼ぶ声がする。クレアだった。クレアの影を追って街中を移動。ついに教会で対面へ。しかしサイコマスターが現れる。クレアは偽物くさい。戦闘。クレアを助けたかったら湖畔の塔に来いというので行ってみる。

延々と塔を登る。クレアの偽物、モードマスターが登場。ルウをからかう。続いてドールマスター登場。クレアを殺した「死の右腕」は彼だった! 何かルウを怒らせることで何かの目覚めを狙っている様子。戦闘に負ける。
マヤ殿下がやって来てキツく諌める。サイコマスターが殿下からブック・オブ・コスモスを奪う。ドールマスターが倒れているルウに呪文。
状況がよくつかめない。マヤ曰く、ブックが、エイオンの遺産が分解された。

ルウはブックの内奥で目が覚めた。傍にマヤ殿下がいる。殿下と共に本の中から脱出しなければならない。そのためにアタナシウスを呼ぶ。
アタナシウスはルウの額の石を見て、言いがかりをつけてくる。ルウはヴァレンの手先でアタナシウスを滅ぼし、ヴァレンとデュープリズムを目覚めさせるつもりだろう…と!?

アタナシウスを倒す。ドールマスターが登場。アタナシウスと喧嘩を始める。そしてアタナシウスを吸収してしまった。ドールマスターのこれまでの狙いは、エイオンの魔力を得るために、ルウを使ってブックを解体(=遺産の封印解除?)させることだった模様。
それを達成したドールマスターは、ルウとマヤに【物語の真実】を延々と語る。話しの途中アタナシウスが割って入ったが、ドールマスターが止めを刺した。

エイオンの魔力を得たドールマスターは、プリマドールを使ってヴァレンを目覚めさせる。湖水の遺跡からヴァレンの聖域が招来された。具体的には、地震が起きて上空に変な建物ができた。
マヤ殿下はブック・オブ・コスモスを失ったために何も持たないただの人になった。11時間4分。


メモ
アタナシウス … ブック・オブ・コスモスをつくったエイオン。本の中に精神を封じ込めて生きている。万能の存在で知らないことはないのだとか。
物語の真実 … はるか昔に定められた宿命・使命。まとめると、かなり昔にエイオン同士の争いがあって、アタナシウス側はブック・オブ・コスモスに、ヴァレン側はデュープリズムと共に永劫結界のなかに精神を封じた。東天王国はブック・オブ・コスモスによる魔法の力で栄えた。どちらかが滅ぶのを時間と共に待つという感じになったが、ヴァレンの人形という手先の駒を持っていたヴァレン側が勝利を収めた模様。
デュープリズム … ヴァレンが創りだした遺産。森羅万象を光へと還元して思うがままに変容せしめる至高の魔宝。天・地・時・命の結晶。ひとつの宇宙そのもの。これを手にした者は宇宙の諸力の根源を支配するも同然。外観としては、青い三角の板が三枚。それを囲む金色に黒模様のリングが三つ。それを囲むプリズムみたいなのが反時計回りに回っている。
ヴァレンの人形 … ヴァレンを封じ込んだ結界を解いて目覚めさせることのできる唯一の存在。ルウもその一人。額に輝くデュープリズムの欠片がその証し。ドールマスターもその一人。しかしルウは記憶を失っており、ドールマスターは能力を失っていた。


気になった会話
モードマスターがドールマスターに
「いいえ……礼を言うのは私どもです。あなたは、兵器として生まれた私どもに名前を与えてくださったのです。あなたがいてくださらなかったら私どもは……ずっと道具のままでした」
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。