スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス 10歩目

10歩目

あらすじ
キスレブの総統が登場する。グラーフ一味と関係を持っている。
フェイはキスレブ帝都ノアトゥンのD区画で目が覚めた。前回の交戦中にまた記憶をなくしたらしい。犯罪者区画ということで、早速「洗礼の儀式」に連れて行かれ、犯罪者のランク付けをされた。
吹きだまりの街を探索していると、委員会に呼び出され、バトリングという大衆娯楽の選手になることを勧められた。フェイは「戦いは嫌い」と断る。
さらに探索していると、宿舎に新しい医者がやってくるという。誰かと思えばシタンであった。今度はキスレブを脱出するためにバトリングに参加して特赦を狙うことになった。
最後に、訳の分からない場所で訳の分からない存在による訳の分からない会議の場面があった。なにか、フェイの命を狙ってノアトゥンで核爆発を起こそうという結論になった。13時間50分41秒


メモ
ジークムンド…キスレブの総統。パイプオルガンが趣味。
仮面の女…グラーフ一味の一人。ジークムンドに何かを渡し、何かの障壁を取り除いた。
リコ…D区画を統べる者。肌が土留め色で髪がオレンジと人間離れした姿をしている。バトリングの戦歴が40戦40KOという猛者。
ハイリンヒ、レオナルド、バルガス、スザーン…洗礼の儀式で戦った相手。
D区画…キスレブの犯罪者収容区画。収容者には首輪がつけられる。帝都の領土外に出たら爆発する仕掛けの首輪である。収容者の仕事は地下水道の化け物を倒す"掃除"。
バトリング…ギア対ギア、時にはモンスターと戦う帝都の娯楽。戦う男はバトラー、女はアマゾネスと呼ばれ、犯罪者より階級は上らしい。総統から特赦が与えられ、軍人となることもできる。
ハマー…D区画の調達屋。イタチのような顔に丸い縁無しメガネという出で立ち。チャラい性格でドンドン話しかけてくる。
ルア・クーン…帝都-B管理員。フェイにバトリングの参加を勧めてきた。


最後の訳の分からない会話
白い顔「予想より早かったな…」
赤い顔「触れえざる者の目醒め…」
白片目「消息を絶ってから3年。メモリーキューブからの情報によれば、現在はキスレブ帝都ノアトゥンだ」
水色「忌々しや…忌々しや…忌々しや」
「奴の存在さえなければ、ラムズを"アニムス"とすることもなかった。崩壊の日より500年。現在のような面倒な方法を取らずとも済んだのだ」
白デコッパチ「各エリアでの"アニマの器"の発掘は順調だ。今更振り返ったところで現実は変えられん。だが、未来は我等の手で創り出すことが出来る」
水色「消去…消去…消去」
赤片目「ならば、どのルートで流れたかは知らぬが、ゲートキーパーの起動、もっけの幸いだったな」
赤細身「『教会』からか? それとも」
「どちらでもよい。しかし…」
白デコッパチ「イグニスの均衡、破る訳にはいかぬ…ということか」
赤細身「地が地だからな。あれは不浄の地だ」
「それは、言い訳に過ぎぬ」
赤細身「正当な理由だ。これならばカインも異存はあるまい」
白片目「だが"ゲーティアの小鍵"は使えん。来るべき時まで」
赤細身「ブレイダブリクには第三艦隊がいる。あれの残存兵力で十分だろう」
赤片目「あの男のか。下命は?」
「粛清だ。真意は告げぬ。告げればあの男が先走るのは目に見えている」
白片目「しかしノアトゥン全域を焦土とするにはいささか戦力が足りぬのではないか?」
「ノアトゥンには旧文明の原子炉がある。それを利用する。半減期は1000年。それまで周辺300ケルテに生物は住めん。前と同じだ。しかし、それでも人は生き延びた。我等の肉。その程度のことでは滅びはせん」
白細身「だが、奴だけは消さねばならぬ」
赤細身「うむ。あそこに得るべき物はもうないからな。処分してもよかろう」
白片目「直撃ならば…」
赤細身「では…」
「裁断を下そう」
これは極めつけに訳わからない。面倒すぎて、"アニムス"とか"ゲーティアの小鍵"とかいちいちメモに残す気にもならない。何人いるのか、5?7人か? 「メモリーキューブからの情報」って、プレーヤーも物語の歩みに関わっていることなのか!?


感想
多くの謎を秘めたまま、物語の舞台が大きく変わった。物語の根本部分がなかなか消化しきれない。
ただし、行く先々の風景の描写が面白いので、先に進めたい気持ちも強い。
今回登場した謎の連中は、会話の内容からいって、物語の根幹を担っている連中のような気がする。もうこのゲームは、次々立てられるフラグを一つ一つ書き留めて覚えながら、大胆な推理に挑むのが楽しむコツなのではないか? ということで、推理してみると、、、
エルルの悪魔はフェイだ。フェイは元々、何か時空を超えた存在で、比類なき力で物語を少なくとも500年単位で動かしている。フェイのそんな部分が覚醒すると何処かから赤いギアがやってきて、好戦的なキャラに変わる。
グラーフは、その比類なき力を己の滅びの美学のために利用しようとしている。
ミァンもまた、その動きを独自に利用しようとしている。
シタンは、フェイの秘められた力が余り酷いことにならないように、行く先々で見守ったり手助けしたりしている。
…といったところか!?!?!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。