スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMでガムランできる!?

最近見つけた音源で注目したものが「Gamelan Mecanique」。

フランス語わかんねぇ。
とりあえず、下の方の黄緑の矢印をクリックするとプラグインが開き、その2行下の「windows」の文字をクリックすると本体をDLできる。
扱う音はかなりリアルなんじゃないのか? 生音聴いたことないけど。
使い方はこちらが詳しいです。
問題なのはDTMで使うとして、録音方法。DLしたアプリケーションはモニタ全体を使って使用し、且つ録音機能がない。ということはPCのスピーカーで鳴っている音を拾うということになる。
PCのスピーカーの前にマイクを置いて録音とか、何か原始的だな…。とうぜんノイズも拾ってしまう。
もっと賢い方法はないかと、PCのマイクとヘッドフォンの端子を一本のケーブルで繋いでみる。これでノイズのないクリアーな音を拾えた。でもこれだとアプリケーションの切り替えの面で、作業効率が悪い。録音ソフトである別なアプリケーションを開くと、本体は閉じちゃう。
とりあえず拾えた音だけ紹介して、このソフトに関しては今日は終わりにします。






あともう一つ、synth1のTublerBellsを適当に弄っていたら、竹のジェゴグみたいな音が得られたんです。

この二つを使えば、芸能山城組の「アキラ交響曲」みたいな音楽が作れるんじゃないのか!?!?!?
ちょっと頑張ってみます。

(追記)「Gamelan Mecanique」は、どうせ別ソフトでPCのスピーカーの音を拾うのなら、本体をDLする必要はないじゃないか。わざわざアプリケーションが消える不具合と格闘しながら本体を使うことはなくて、サイトのプラグインで十分。その際、AdobeのShockwavePlayerというのが必要になります。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パラメータを変更して得た音が失われるのは、辛いですね。
お気に入りの楽器が壊れて使えなくなった、、、ってことに匹敵します。
++さんの記事を見てから、頻繁なバックアップを心掛けるようになりました。

>音作りは大事ですよ(´・ω・`)
その通りです、はやまった!
意味が伝わってこない言語なのに音の良さで気持ちが持ってかれてしまう曲もありますもんね。古今東西の洋楽なんか特にそうです。

なんて大変なんだか音楽制作は…!

No title

DTMは奥が深いですね(´・ω・`)・・
Synth1は、PCのデータ消えてからは自作の音しか使ってないですね;
前までは、既存の音とかライブラリいじってたんですけどね(´・ω・`)

音作りは大事ですよ(´・ω・`)
結構音こだわってるつもりで、あの音ですからね;
精進して、音も曲もいいモノを作りたいです(;´Д`)

では、失礼しますね(´・ω・`)ノ

No title

お久しぶりです(ノ´∀`*)

そうですね~、DTMの奥深さをまた一つ知った気がします。使い方次第なんでしょうけど…。
synth1の打楽器並んでいるところ(特にTublerBells)のAmplifierのDやSやRを64以下に下げると、いろいろガムランっぽい音になります、高音域ばっかりですけど。これだったら普通に録音できますよね。

でも結局は音にすぎません。いい曲を考えつきたいものです!

お久しぶりです(´・ω・`)b

お久しぶりです(´・ω・`)++です。
あぁ、この音はヤバイですね・・・色々とw
すごく・・・使えそうです(`・ω・´)シャキーン
録音方法が、今の環境でできないので
自分で似た音作るか、なんとかしないとですね・・・(;´Д`)

それでは、また(´・ω・`)ノ
リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。