スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Podium のここが分からない! その7

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを、大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は、、、
「Kontakt5 のマルチティンバーってどうなってんの~(゚Д゚)ハァ?」
です。


前置き:

Zynewave Podium と Native Instruments の Kontakt 5。。。Kontakt はその道では有名なサンプラーで、一台の起動でいろんなサンプルネタを鳴らせます。それらを DAW でトラックとして個別に扱えたら、どんなに便利でしょうか。
私は今まで、1トラックに一台の Kontakt を割り当てるという、不便極まりなく宝の持ち腐れもいいところな使い方をしてきましたが、とうとう我慢ならなくなりました。
そこで、いわゆるマルチティンバーというのでしょうか(マルチアウトとかマルチプロセスなどいろいろ言い方があるっぽい)、そういう使い方を学んでいきます。


方法:

今回は結論の画像を先に載せます。Podium での設定はこれまでの通り(sfz+ や Reaktor の場合を参照)で、次の各プラグインに固有の設定を、最終的にこうすればよいのでは?という図です。

図1(クリックで拡大します)
Kontakt1.png


要するに、Output セクションを開いて、必要な分のチャンネルを用意して、アウトプットの番号(1|2、3|4、5|6)を割り当てればよいのでしょう。
その右のAuxチャンネルは、今回の問題解決とは微妙に筋違いのようなので、またの機会に調査します。


大問題:

それで、すぐに厄介な問題にぶち当たりました。アウトプット番号を割り当てたい(赤丸のところ)のに、1|2 しか表示されず、割り当てられないのです! このままでは、ピアノロールからのインプットは別々のサンプルに割り当て可能なものの、アウトプットが先頭のトラック一つからのみになります。

図2

Add Channel ダイアログを開いても 1|2 しか表示されない(TдT)

図3

Channel Configuration ダイアログで変更しようにも、1|2 しか表示されない、なんじゃこりゃ(゚Д゚)!!


…で、「そんなはずはない!」といろいろ格闘してみた結果、図1のように複数の番号に割り当てられるようになりましたが、その方法は未だ分からないままです!!
数時間いろいろ設定をいじった結果、いつのまにか図のようになってたので、「これは強敵だな」と思って、Presets/Batch Configuration のところからその設定を保存しました。
今の私は、1|2 ~ 9|10 までの5つのチャンネルを使えますし、その設定をデフォルト状態にしてますが、これ以上の変更はできません!
まぁ5つもあれば充分であろうと踏んで、この記事の作成に移りました。


考察:

考えられる原因は、、、マニュアルから引用します。

Kontakt 5 Application Reference Japanese.pdf の134ページ

……。オーディオ・ホストで KONTAKT をプラグインとして使用する場合、各ホストが複数のアウトプットでプラグインを処理するため、少々複雑になります。

ホスト・モードで割り当て可能な(モノラルの)オーディオ・チャンネルの最大数は、VST バージョンのKONTAKT では32 に制限されています。AU と RTAS のバージョンでは、16 に制限されています。VSTプラグインは特殊で、それぞれ 8、16、32 のアウトプットがあります。 AU と RTAS 環境では、ホストがアウトプットの実際の数を決めます。 詳しくはお持ちのホスト・プログラムの説明書をご参照ください。

KONTAKT はインスタンス化の間、アウトプットの数を伝える必要があります。つまり、動作中はアウトプット設定をすぐに変えることができないということです。 その結果、Outputs セクションで何かを変更しようとすると、ウィンドウが現れ、ホストがその変更に対応できるように、ソングを保存して再ロードするように求めてきます。 再読み込みの前に、Presets/Batch Configuration メニューで Save current output section state as default for サブメニューから最適なオプションを選択してください。
ん~、分かったような分からないような…。動作中は設定変更はできないってのは、まぁ分かります。では設定変更が可能なタイミングとは一体いつなんでしょうか??? 演奏を止めているときでも変更はできませんし、何のサンプルを読み込ませてない状態でもできません。

ところで、真ん中の「8、16、32のアウトプットが~」というのは、source を選ぶときの「Kontakt 5 8out、同16out、同無印」のことなんでしょうね。何故わざわざ制限を設けたのを3つ用意するのかは、もしかしたら Strings用に一台、ドラム用に一台などと分けて使うためなのかもしれません。


まとめ:

Podium で Kontakt をマルチティンバーで使用する方法は、よく分かりません。とにかく、図1のように 3|4 ~のアウトプット番号を設定できたら、必要な分だけそれを繰り返して、デフォルトで保存しておくべしです。

今回はこれでおしまいにしますが、もしまた正しい方法が分かったら、以下に追記します。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Reaktor Gaugear の使い方 後半

Native Instruments の Reaktor5 に付属している Gaugear というシンセの使い方を、ざっくばらんに学んでいきます。
前半は こちら をどうぞ。



後半は、右半分の名前のない図形部分のマニュアルを訳していきます。





緑のマリモはリサジュー図形というのだそうです。私にはチンプンカンプンですが、世の中にはずいぶんと劇的に動く図形があるものだと感心しました。周波数の可視化に向いているのでしょうか。
その下の"まっくろくろすけ"は、音量メーターでした。クリックしながら上下に動かせます。MUTEは説明するまでもありません。


その右の四角の群れは、マニュアルを頼ります。
Setting Morph
Morphs through the oscillator settings. Each box’s position and color represents a set of parameters controlling one of the eight oscillators. The range of available settings is controlled by the circular controls of the Tone Generator like [Pitch] and [Filter].

オシレーターの設定を通じてモーフィングします。各ボックスの位置と色は、8つのオシレーターのいずれかを調節するパラメータのセットを表します。使用する設定の範囲は、「Pitch」や「Filter」のような Tone Generator のリングによって調節されます。


(別な箇所)
Each of its eight boxes represents one of the eight parallel oscillators; by moving the mouse within this area the boxes can be moved and their colors can be changed, visualizing a different set of values taken from the range of values provided by the circular controls. This sounds complicated; but a short tutorial will help using the instrument.

8つのボックスは、それぞれ8つの並列なオシレーターの一つを表します。この領域内でマウスを移動してボックスを移動させることができます。そして、円形のコントロールによる値の範囲から取られた異なるセットを可視化しながら、色を変更できます。
これは複雑に聞こえますが、短いチュートリアルが機器の使用を助けるでしょう。
パネルをBにすると、図のように「VST」とXYのメーターが現れて、ここを動かしても四角の群れはウジャウジャと変化します。音も変化します。でも、仕組みや用途はよく分かりません…。
その下に黄色で「lazyfish 2005」と記してありますが、開発者のサインのようです。


最後に右端は、EQ と Reverb でした。これもマニュアルを訳します。

EQ

High
Controls the amount of amplification or attenuation applied to the signal’s high frequencies.
信号の高周波数に適用される増幅または減衰量を制御します。(単位:-50~+50)
Low
Controls the amount of amplification or attenuation applied to the signal’s low frequencies.
信号の低周波数に適用される増幅または減衰量を制御します。(単位:-50~+50)

Reverb

Size
Sets the size of the room simulated by the reverberation unit.
残響ユニットによってシミュレートされる部屋のサイズを設定します。(単位:100~0.1)
Decay
Sets the time that passes until all reverberation signals have decayed.
全ての残響信号が減衰するまでの経過時間を設定します。(単位:100~0.1)
Asymmetry
Places the signal to the left (negative values) or right (positive values) of the simulated room’s center.
信号を、シミュレートされた部屋の中央に対して左(負の値)もしくは右(正の値)に配置します。(単位:-50~+50)
Diffusion
Sets the amount of diffusion applied to the room simulation.
部屋のシミュレーションに適用される拡散量を設定します。(単位:-50~+50)
Color
Controls the internal damping. 内部減衰を調節します。(単位:-50~+50)
Brown
Controls the internal room size modulation. ルーム・サイズの変調を調節します。(単位:100~0.1)
Mix
Crossfades between the unprocessed signal and the reverb signal.
未処理の信号とリバーブ信号をクロスフェードします。(単位:%)


まとめ:

マニュアルを読んでも、自分には使いこなせそうにない。音は鳴らせるけど、音楽作品の道具として役立てられそうにない。
ただ、時々ハッとするようなディレイがかった音が鳴ったりするので、時間が経って、スケールとかの音楽理論に詳しくなったり、Reaktor で自分でいろいろ組めるようになったりしたら、もう一回、思い出してみてもいいかもしれない。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Reaktor Gaugear の使い方 前半

Native Instruments の Reaktor5 に付属している Gaugear というシンセの使い方を、ざっくばらんに学んでいきます。

どこにある?

Reaktor を起動して、Factory → Ensembles → New Additions → Synthesizer → gaugear.ens




イントロダクションは、マニュアルを丸ごと訳します。

1. Introduction

Gaugear is an experimental monophonic synthesizer: its sound explores sonic worlds that cannot be classified by MIDI pitches or a quantized clock, and its unique user interface invites new ways of sound design by omitting conventional knobs or faders. The basic structure of the instrument is simple to understand: The tone generator’s signal is shaped by an amplitude envelope and passed through reverb and equalizer.

Gaugear は実験的なモノフォニックのシンセサイザーです。
そのサウンドは、MIDIピッチや量子化されたクロックによって分類することができない音の世界を探求し、そのユニークなユーザーインターフェースは、従来のノブやフェーダーを省略することで、サウンドデザインの新しい方法へと招待します。
楽器の基本的な構造を理解するのは簡単です。音源の信号は、振幅エンベロープによって成形され、リバーブやイコライザーを通過します。
確かに、およそシンセサイザーとは思えないデザインですね。中央左のアンモナイトのような○型が特に強烈です。
で、名前が非表示のツマミがあります。右上のロゴの下とか。その下のは文字が逆で読みにくいです。他、真ん中に訳の分からない動きをするマリモっぽいもの、その下にトトロの"まっ黒くろすけ"があったりと、とにかく訳の分からないシンセなんです。
その訳の分からない部分のマニュアルを訳していきます。





まず左半分。



ADSRは略します。
その下の Glide は左右に動きます。
Controls the amount of pitch glide (portamento) that occurs when notes are tied.
ノートが繋がっているときに発生するピッチ・グライド(ポルタメント)の量を調節します。
その右の身長測定器っぽいバーは Pitch Map のセクションです。縦に動きます。
Fundamental Pitch
Selects the fundamental pitch of the scale selected by [Scale Select].
「Scale Select」で選択されたスケールの基本ピッチを選択します。

Scale Select
Selects a scale out of a vast range of pitch sets. The pitches of all oscillators are mapped to this scale.
ピッチ設定の広大な範囲の中からスケールを選択します。全てのオシレーターのピッチはこのスケールにマッピングされます。
記事の一番下の「続きを読む」に、全てのスケールを記しておきます。

その右のアンモナイトは、Tone Generator セクションです。
Pitch
Controls the position and range of pitches available for the oscillator units (see also [Scale Select]). The left side provides high pitches; the right side, low pitches.
オシレーター・ユニットの利用可能なピッチの位置と範囲を調節します(「Scale Select」も参照)。左側が高いピッチを、右側が低いピッチを提供します。

Delay
Controls the position and range of delay times available for the oscillator units. The left side provides short delay times; the right side, long ones.
オシレーター・ユニットの利用可能なディレイ・タイムの位置と範囲を調節します。左側が短く、右側が長い時間です。

Filter
Controls the position and range of cutoff frequencies available for the oscillator units’ lowpass filters. The left side provides high frequencies; the right side, low ones.
オシレーター・ユニットのローパス・フィルターに使用する cutoff frequencies の位置と範囲を調節します。左側が高い周波数で右側が低い周波数です。

X-Voice
Controls the routing of the modulation signals. Each oscillator’s pitch and amplitude is modulated by another oscillator’s output; this control defines the cross-modulation matrix.
モジュレーション信号の通り道を調節します。各オシレーターのピッチと振幅は、他のオシレーターの出力によって変調されます。このコントロールは、クロス・モジュレーション・マトリックスを定義します。

Modulation Depth
Controls the amount of modulation applied to the oscillators’ frequency and amplitude. The ring’s position adjusts the amount of FM (low FM values at the right side); its length adjusts the amount of AM (low AM values at short length settings).
オシレーターの周波数と振幅へと適用されるモジュレーション量を調節します。リングの位置は、FMの量(右側が低いFM値)を調整します。長さは、AM量(短い長さは低いAM値)を調整します。

右半分は 後半の記事 で扱います。


続きを読む

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium のここが分からない! その6

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを、大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は、、、
「Reaktor のマルチティンバーのやり方を教えてくれぇぇぇ!!」
です。


前置き:

Zynewave Podium と Native Instruments の Reaktor。。。私は今まで1トラックにつき一つの Reaktor を起動して使ってきましたが、だいぶ面倒になってきました。音色を一斉に変更したいときなどに不便です。
そこでマルチティンバーというのでしょうか(マルチプロセスとかマルチアウトとかいろいろ言い方があるっぽい)、、、一個の Reaktor だけを起動して、複数のトラックで鳴らす方法を探っていきます。もちろん、トラック別に異なるピアノロールを割り当て、それぞれPAN振り、ボリューム調整、ソロ・ミュートの切り替え等の操作ができるような形でです。

Reaktor はかなり特殊なプラグインです。Instrument の集まりが Ensemble だったり、Preset を Snapshot と呼んだり、Module という概念もあったりで、Podium に対するインプット・アウトプットのやり方も他のプラグインとは少し変わったものになってきます。その使い方を学んでいきます。


やり方:

その一個だけ起動する Ensamble として、Steampipe 2 を試しに選びました。




Podium 上での設定は、他のプラグインと変わりありません。


Podium の玄関みたいなページで「○○#1 out ~」の Device Mapping Properties を開き、トラックの数に応じて、channel の数字を割り当てます。詳しくはこちらの記事をどうぞ。


ここからが、各プラグインに固有の設定が必要になってくる段階です。Reaktor の場合は、、、何回も試行錯誤を強いられましたが、out port の数が足りないのだと分かりました。

画像(クリックで拡大します)を使って一気に説明します。

クリックで拡大

1、Structure ボタンを押し、Structure 画面にする。
2、Instrument と Out Port を丸ごと Duplicate<複製>する(同時選択可)。
3、各 Instrument を選択し、CONNECT の Channel のところを、 Podium のトラックの○番目に合わせる。


これで、一台の Reaktor による複数トラックでの同時演奏が可能になりました~。Snapshot を変更すると、割り当てたトラックの音色が同時に丸ごと変わって便利です。




残った課題:

・Prism などは Structure が複雑すぎて、CONNECT の Channel を選ぶところが分からない。最終出力場所の Out Port を増やしたら、トラック別に鳴らせるようになった。ところが聴いてみると、違うPAN振りをしたはずのピアノロールが全部一緒くたの位置で鳴っている。つまりモノラルでしか鳴っていない。さらにレンダリング中に Podium が確実に落ちる。負荷の大きい使い方なのかもしれない。
・上のやり方も、Instrument を複数立ち上げているわけで、複雑なピアノロールを別々に同時演奏させると、レンダリング中に Podium が落ちることがある。やっぱりCPUへの負荷が大きいのかもしれない。


まとめ:

プログラム組める人とか、Reaktor を使い慣れている人からすれば何でもないことなんでしょうけど、structure 画面を見ているだけで頭が痛くなってくる私には、何もかもがチンプンカンプンでした。でもとりあえず目的は達成されたので、今回はこれでおしまいにします。

Reaktor で別々のアンサンブルを立ち上げる、、、つまり、上物を Steampipe で鳴らして、Limelite でリズムを刻むなどの使い方もしてみたいです。その場合、、、
・一台の Reaktor 内で、Instrument を複数組んだ方がいいか、
・トラック別に複数の Reaktor を割り当てた方がいいか(CPUへの負荷的に)、
・さらに、そこにFX系の Ensemble を割り当てるにはどうしたらいいか
…などなど、まだまだ Podium での Reaktor の使い方には分からないところがいっぱいです。今後も検証を続けたいと思います。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Vocaloid3 Maika 英語発音の手引き

Maika さんに英語を歌わそうとすると、「辞書の発音記号 → 英語DBの記号 → スペイン語主体のDB」というように、ルールの翻訳みたいなのが2回必要になる(特に母音)ので、間を端折れる発音記号一覧表をつくりました。


Maikaの
音素 (UK)
第二候補 発音記号 英語DB 備考
 a ʌ V sun, come
 @ r\ (@) ɚː əː @r hurt, her
first, work
ウが混じったア・長母音
 Q r\ (Q @)  a r\ ɑɚ ɑː Q@ hard, heart オが混じったア・長母音
喉の奥から発したア
 Q  a ɑ ɔ Q hot, god オが混じったア・短母音
喉の奥から発したア
 E @  E a ӕ { hand エが混じったア。短母音はない
二重母音の扱い
 @ ə @ around, different 曖昧母音
アクセントがつかない
 i i: heat 口の開き・小
長母音
 I0 ɪ I hit 口の開き・大
エに近い短母音
 u  w u, h_0 u u: food 長母音
 OPE*@  OPE*o, O ʊ u U foot, good 短母音
 E ɛ e head 口の開き・大
 e 口の開き・小
二重母音の時のみ
 O ɔɚ ɔː O: law, talk, wall 口の開き・大
 o o omit 口の開き・小
ごく僅かな単語でのみ
 o U  (@ U) oʊ ou @U hold, go
know, war
口の開き・小
ほぼ二重母音の時のみ
二重母音
 E E r\  (E E @) eɚ eə e@ hair, where Eの連打で長さを調節
 I0 I0 r\  (I0 I0 @) I@ hear I0の連打で長さを調節
 u U @ r\  (u U @) uɚ uə U@ poor
 O r\, o r\  (O @, o @) ɔɚ O@ door
 a I  a j ai aI tie, time
 a U, a w  @ U, @ w aʊ au aU out, now
 e I, e j  E I, E j ei eI eight, again
 O I, O j  o I, o j ɔːi OI boy
三重母音
 a a a a I @  a a a a j @ aiɚ aiə [aI] [@r] fire @が強調されるので、
aの連打で圧縮する
 [a] [U @ r\]  [a] [w @ r\] auɚ auə [aU] [@r] tower, our ノートを2つ使う。Uが先頭だが、
@の存在によって発音する


「OPE*@、OPE*o, O」というのは、OPEを下げて何とかそれらしくしようという苦肉の策です。
参考ページ:Flavescit's guide to Maika's english




Maikaさんのリンク集

 Voctor Labs 関連
製品ページ
スペイン語専用発音チャート(Bruno & Clara の発音の手引きで参考になる)
・MMDモデルのダウンロード
 chibidekoさん作(隣に浮いているボール、NOVAのモデルもあり)
 André R.(Pocket-P)さん作
・イラスト集
 Deviant Art の検索結果(海外のイラストサイトでの「Vocaloid Maika」の検索結果)


 当ブログ内記事
最初に使ってみての印象
・自分専用母音使いこなしテクニック ← 当ページ!
・自分専用子音使いこなしテクニック

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。