スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっどい散財と新環境への旅立ち

ここ一ヶ月くらいの間に、DTMにものすごいお金を費やすことになりました。貯金がなくなりました(´;ω;`)
DTMを始めて4年半…。VOCALOIDにはお金を費やしてきました(4体分)が、他は極力お金はかけず、フリーソフトのみで頑張ってきました。しかし一体どういう風の吹き回しが起きたのでしょうか???

自分でもよく分かってないので、記事にまとめるとともに、自分を落ち着かせます。


まずきっかけは、バリ島のガムランってDTMでできないのかな~と思って、、、

この動画、およびソフトウェアの存在を知ったことでした。

Soniccouture 社の「Balinese Gamelan」…。これを購入してみようと決意しました。
これを使うためには、Native Instruments 社の 「Kontakt」というサンプラーが必要でした。

私のPCは、古い WindowsVista のため、最新の Kontakt では動作が保証されていません。
…なので古いタイプの Kontakt を探してみると、、、Amazon にありました。

それは、同社の「Komplete 7」というバンドル製品(たくさんのソフトウェアをまとめたお得品)に含まれていました。
ほかのソフトウェアもよく分からないのですが、まぁ有用であろうと踏んで、購入を決意しました。
音源のサンプルが数十GBにもなり、外付けHDDかSDDと共に使うのが一般的らしいので、これも含めました。

ここまでは計画通りで、今年は仕事頑張ったのでお金の心配もない、まぁ計画的なお買い物でした。


で、もう5年を迎えようかという我がvistaでもう少し頑張ってみようと思っていた矢先、、、
そのvistaがダメになりました…(´;ω;`)

12月上旬のことです。バックライトかインバータの故障で、画面が真っ暗になりました。
HDDは元気なので、蛍光灯の下で画面を思いっきり傾けて、10cmくらいまで顔を近づけると、なんとか使えます。
この旧PCはモニタと本体が一体型のため、修理よりも新しいのを買い換えたほうがよさそうでした。

そこで、慣れない真っ暗モニタとiPhoneで必死に情報を集め、新PCを購入しました。
もう一体型のは懲り懲りなので、タワー型のにしました。


…と同時に、Native Instruments のセールが目につきました。有名な半額セールです。
古い Kontakt4 、、、ほとんど数回しか開いていないこのサンプラーを、最新式の 5 にアップデートしたほうが、何かと都合いいのかな~と思って、これにも手をつけました。

さらに、Komplete 7 には含まれてなかった音源がいろいろあって、半額だからとそれも一つ購入しました。


順番の悪さが恨めしいです。バックライトの故障が先だったら新PCの購入が先で、最新の Komplete 9 を買ったでしょうし、そうなると半額セールの買い物は必要ありませんでした。もっと別のものが買えたでしょう。
ほんの数週間のズレでした。そのズレのために、数万円分になる余計な回り道の買い物をしました。


こうして、順番から言うと、Komplete 7 、外付けHDD、Balinese Gamelan 、新PC、Kontakt 5 へのアップデート、音源もう一個という6品の買い物がありました。

それから、私事で雪片付け用の除雪機を買ってもいます。

今年はほんとに嫌になるほど働かされたので、お金は豊富にあったのですが、いまどのくらいになってるのかが分かりません。うん、一か月前は、これまでの人生で一番の金持ち状態だったハズ…。それが今は…!?!?!?


で、今は新PCへのお引越し作業、使い勝手の理解・習得がひと段落着いたところです。
DTMは自分の制作環境の理解が重要で、まぁ「どのDAW買ったらいいか分からない」って話しが当に該当するわけですけど、とにかく、自分がしたい音楽と使うアイテムとの照合を一品一品、丁寧に行うのが大事です。
それが6回もあったわけで、頭の中はシッチャカメッチャカです。

旧PCでは使えたソフトウェアが、新しいOSでは使えないということもありました。もう気軽に音色を操ることができないお別れなんだなぁ~と感慨深かったです。

また、今まで注目してなかったソフトウェアも、お引越し作業中に選別のために点検してみると、新たな使い道が見つかったりして、可能性の広がりに繋がりました。

今まで大活躍だったソフトウェアも、いつの間にかアップデートしていたりして、さらに使い勝手が向上していました。


そんなこんなで、この一ヶ月の間に制作環境が激変しました。
新PCのwindows8は起動が速く、まるでスリープ機能解除のようです。メモリが8GBで落っこちる心配もありません。
komplete の各ソフトウェアをはじめとした膨大な音源があります。
今までの、フリーソフトの連携による録音やミックス技術についても、様々な不便さが解消されています。

これらの学習のために、最初のきっかけだったガムラン音源のことは、頭の中のだいぶ遠くの方に置き去りになってしまいました。


今年いっぱいこの足固めを続けて、来年から音楽作りに集中したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【猫村いろは】 恋人よ / 五輪真弓 【おっホイカバー曲】

新しい作品を投稿しました↓ おっさんホイホイのカバー曲です。



猫村いろはのオペラ声を磨き上げるにあたって、五輪真弓はモデルの一人でした。
歌声から察せられるキャラクターに、共通したものがあるという考えです。
「恋人よ」を始めとして、「さよならだけは言わないで」とか「少女」のアルバムの曲など、この人の歌声が似合う曲は、猫村いろはも概ね合うんじゃないかな~、どうかな~と前々から思っていました。


それから、最近とある技術の効能に気がつきまして、大いに試してみたいというのもありました。
それは、VELを使ったタイミングの取り方って言うんでしょうか。

今回ので言うと、「♪ 愛をささやく歌もない」の部分の、「さ」と「さ」の間の取り方のことです。
同じく、「♪ 止まる私を~」の、「わったっしを~」って「っ」が入っているような感じ。

「立ち上がれ! オワタマン\(^o^)/」の、「きっさーま」の「き」と「さ」なんかもそうですけど、こーいう箇所において、VELのパラメータでタイミングを計ることを覚えました。
二文字目の「さ」のVELを大胆に下げて、sの子音を長く発音させることです。

こうすると、「きっssssさーまにー」ってなって、元々ドスの利いた発声なのが、ますます強まる。
それを裏声でやるわけですから、もう怖い人になります。


今回は、そーいう技術を駆使して、ヒステリックな女の情念というものをとことん抽出してみようと思いました。
なんかこう、、、人生で7回目くらいの失恋に遭ったアラサーの人が、焦点の合わない虚ろな目で、「まwwたwwwか…w」ってなってるような、夜叉のイメージです。

原曲は死別の悲しみを歌ったもののようですが、大分印象が変わってしまいました。
気に障ったらごめんなさい。

でも、一つの技術の研磨と、とある歌声のキャラクター造形としては、まぁ上手く行ったんじゃないかな~と思っています。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。