スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近

前回の記事の曲は、いろはのデビューの日の10月22日に投稿します。
一ヶ月以上経ったので、すっかり冷静に捉えられるようになってきました。

ブログ放置が気になるため、思い浮かぶことなどを徒然なるままに何とかをします。


最近の出来事と言えば、、、まずニコニコ系のライブに行ってきました。
町会議が地元であったので、覗いてきました。

のど自慢形式で、いろんな歌い手(?)さんが流行の曲を披露していました。
ホントに流行の曲…。
実は、、、私はそういう作品は、動画作品とコメントだけでは、全然ピンと来ません。ほぼ全て。

ところが、一緒に盛り上がっている人たちが傍にいると、「どんなところが愛されているか」を肌で感じるようになるものですね。
「千本桜」のイントロが流れると、会場が「うぉぉ~!」ってなって、私も、動画作品とコメントだけでは決して生じないような気持ちになれました。


次に、、、リアルで二組の人に「音楽をつくっています、でも歌声はソフトウェアです」と白状する出来事がありました。一方はまだ20代そこそこの若い人で、もう一方は自分より年上の人で、音楽経験者です。

いや~、反応が全く違うものですね♪
若い人の方は目を輝かせて話しが盛り上がるのですが、先輩の方は「歌つくっているのに、なんで自分の肉声じゃないの??? なんでソフトウェアなの???」と訝しげでした。
一方は、、、こう、、、尊敬の念すら感じた(大した存在じゃないのに)のですが、もう一方は失望か、もしかしたら蔑みも混じっていたかもしれません。

「歌声は人間の肉声に限る、そんなの当たり前。ソフトウェアの歌声なんて認めない」という空気が、まだ世の中の大部分だと思いますが、若い世代から徐々に変わっていくのでしょう…。
初音ミクの発売から今日で6年…。今の子はもう、音楽に目覚めながらに「ソフトウェアの歌声でも別に平気」な世代のわけですよね。

今の私は、まるで昔の共産主義者みたいに、「歌声はソフトウェアです」とは堂々と言い難い、、、要するにコソコソしてなきゃいけませんが、この雰囲気の違いは非常に面白く感じました。


このように、今まではネットでの動画作品とコメントが、自分のやってることの全てだったのですが、今は少し毛色が変わってきています。やっぱり、面と向かって話すこと、相手の気持ちを肌で感じるのは大事なことだと痛感しました(当たり前)。というより、モニタを通じた対話ではイマイチ掴めないことがあるということですね。

特に、流行の曲の流行の感じが掴めたのは、今後に活かしていきたいです。
スポンサーサイト
リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。