スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【猫村いろは】 Lovin' You / Minnie Riperton 【カバー】


ニコニコ動画のページ

はい、というわけで今回の作品を振り返ります。
いろはの英語にびっくりした人もいるかと思います。私も遊んでいて新発見の連続で楽しかったです (´ー`)

滑舌がよい、言葉のつながりが自然、、、というのは前述しました。
もっと深く言うと、短い音符や子音だけの発音を器用にこなすんです。
これは、外国語を歯切れよく歌うのに向いていると言えるかもしれません。

どういうことかと言うと、、、
例えば、今回の作品では「♪ day in springtime」と歌う箇所があります。
そのなかのspringという単語、これはとても難しい単語です。一拍で音節が「s」「p」「r」の子音3つ、さらに「i」の母音、続いてまた子音が「n」「g」と続くという、地獄行脚のような言葉です。パチンと一回手を鳴らす間に計6つの音節を鳴らす訳ですから(最後の「g」は略してもOKでしょうけど)。
巡音ルカ英語版においても難関の場所です。

これをまともに日本語で打ち込むとなると、「す」「ぷ」「り」「ん」とでもなるのでしょう。そして日本語ボーカロイドは正直に四つ全部を同じ強さで発音し、どうにも避けようのない不自然なイメージへと繋がります。

そこで私はこう入力しました。[s p p] [p 4' i] [n]

springtime.png(クリックで拡大)


ボーカロイドは実はこのように子音だけとか、子音だけが2つ3つとかでも発音します。言葉というより、何か変な雑音ですけどね。(さらにノートを連続しては出来ません。使えるのは一回きりです。子音のみ入力を施したら、次の語は母音を含んだ通常の入力でないと、発音しなくなります。シーン…となります)
で、この変な雑音が、猫村いろはは何となく言葉のように聞こえる場合が多いということです。

試しに初音ミクに同じ箇所を歌わせたものを用意したので、聴き比べてみてください。







「time」のところも、[t a] [i] [m] と打ち込んでます。
ミクは最後の「m」が弱くてほとんど聴こえませんけど、いろははかなりハッキリと発音しています。

こんな感じで、この製品では歯切れのよいハキハキとした歌唱が可能なことを知りました。
所詮はカタカナ発音のインチキ英語ですが ヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー


コメントにもちょっとあったルカ版との比較ですけど、私はいろはの方が優れていると思います。


原曲を聴いてて胸がキュンとなってくるのは、何かを愛するときの喜びを知るからでしょうね。圧倒するほどの幸せな感じが伝わってきます。その基礎となっているのが歯切れのよい発音じゃないでしょうか? 抑えきれない程の喜びの気持ちを、歯切れのよい歌唱で表していることが、この歌の肝であると。
で、それをよく踏襲しているのがいろはの方であると言いたい訳です。ルカの方は大人の女性らしく、おしとやかに歌っている感じでしょうか?
ルカさんの Lovin' You は購入直後から1年半、ちょくちょくと調教繰り返してきましたが、狙っているような歯切れのよさはついぞ出せませんでした。やっぱり大人しいんだよなぁぁ。

なので、インチキ英語である点を差し引いても、いろはの方が優れていると思います。この歌は歯切れのよさが大事。ボーイッシュな雰囲気が新鮮でもあるし。ただ、原曲にあるような圧倒するほどの歓喜ってほどではないですね。ただ頑張って歌い上げているだけって感じが如何ともしがたい。

という訳で、ルカ版の方も新しくつくり直したのあるんですけど、お蔵入りとします。実は動画もつくって気持ち的には投稿寸前まで行った! でも、もう3回も似たような歌唱投稿してるし…。
それに、声がどんどんザラザラとなってったのが気に入らなかったので、(ノ`Д´)ノ彡┻━┻



つまり、、、
自身が得意・専門としているはずの英語の分野においても猫娘に敗れ去ったマグロ女ァァァ ド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!
…ってことです。

果たして、ウチのルカさんには今後どんな未来が待っているのでしょうか!?
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

いろはに英語

猫村いろはにミニー・リパートンのLovin’ You歌ってもらいました。


【猫村いろは】 Lovin' You / Minnie Riperton 【カバー】


子音だけの発音をさせることによって、歯切れのよいハキハキとした歌唱になりました。
♪ And every day of my life のところとか。
激眠いんでとりあえず報告だけ。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

新しいボーカロイドが到着

前回の記事でお知らせした新しいボーカロイドが届きました。

果たしてそれは誰なんでしょうか!?
クリプトン組でしょうか、それとも他の販売会社のでしょうか?
もしかして外国組とか? 男か? それとも女?

紹介と練習を兼ねて早速少し歌ってもらいました。
聴いてみてください。







…。
…。
…。


はい、というわけで正解は猫村いろはさんでしたー!
(曲はCoccoの「Raining」の替え歌です)

購入の決め手になったのはこちらの動画です。


【猫村いろは】沖縄民謡 てぃんさぐぬ花


【猫村いろは】扉の向こう【オリジナル】


特に仕事してPさんのは、、、
「♪ 未来へ 未来へ 僕らも? 歩き出そーぉー ……」
って寂しそうに歌うイントロが、2、3日頭の中をぐるぐるするほどに好きになったんですが、その内に「自分でも使ってみたいな」となって、Amazonのほしい物リスト入りしました。

このハスキーで乾いた声。。。大きな優しさを含んだような柔らかさ。表向きはちょっと気弱そうだけど内ではしっかりした芯の強さを持っているような響き。鏡音レンのような透明感も感じられます。

「てぃんさぐぬ花」における高音の張りにも見事な迫力があり、かなりの可能性秘めているんじゃないかと…。
他にも色々、特にベタ打ちものも聴いてみたのですが、かなり使いやすいみたいですね。

それで「カート入り→注文確定」となりました。趣味に散財するときの動機はこんなものです。わずか1週間…。

インストール中にパチリ!

パッケージ裏に大きなサイズのイラストあり。視覚的キャラにホレこむ人にはありがたいサービスかも!? 振り返ってみるとイラスト無しのクリプトン社ものはちょっと寂しかったかもしれない。しかも、このイラストは口を閉じている珍しいタイプ。
右下は初回限定版に付属のアナログレコード風CD。「Abbey Fly」は正統派ギターロック。「翼」はコーラス多用のオリエンタルな短いバラード。

試しに幾つか歌わせてみた感想。
・確かに使いやすい。言葉の繋がりが常に自然。歌心わかってる優等生。初音ミクに匹敵。
 デフォルトで非常に素直(ちょっと表現が控えめ)な歌い方をする。
・しかしところどころ外人さんの日本語のように辿たどしくなる。「つ」「ち」への繋がりなど。
・低音でも鼻声にならない。
・一方で、高音になると突然裏声に変わる。それまでとぜんぜん違う別人声に。これは使い方次第でよく活かせもするだろうし、困難な足かせにもなるだろう。

他、説明書のプリファレンスの項のプリセンドタイムの説明が詳しいです。初心者からDTMerまで幅広く網羅している印象。
それから膨大な数のDTMソフトの体験版。あ、CrazyTalkっていう顔画像から口パク動画を生成してしまうソフトも同梱されてます(5SE。機能制限あり)。

この買い物によってピンチになってるのが巡音ルカ日本版さん。


自分にはどーしてもこの技術を満足いくように歌わすことができません。英語の方はある程度、持ってるもの引き出せている気はするんですが…。
声のハスキーな乾いた感じ、柔らかさは共通していて、なおかつ使いにくい。いろはの方が断然使いやすくて、ルカ日本版に期待している表現力がだいぶ被ってる。
…となると、これからは英語専門になってしまうかな!? でも英語の曲なんてつくれるわけないし、カバーのみの投稿?
巡音ルカは今後、登場頻度が下がるかも知れません。
昨晩はカップラーメン待っている間の蓋の重しになったりしました(*´Д`*)

今後はとりあえず、この猫娘の使い方を勉強します。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

最近

最近は無数のカバー曲で遊びつつ、オリジナル曲が二つまとまりつつあります。

で、新しいボーカロイドを注文しちゃった!
二人で歌う作品があるんですが、いま持っている製品ではちょっと合わないなと思って…。
年末だし、iPhone購入の影響で2社分の携帯代を払うというちょっと小遣いに厳しい状態なんだけど、辛抱します。
ホレこむとすぐ決断しちゃうタチなんだよなぁぁぁ。

届いて調教が終わり次第、音源はすぐ完成に至りそうな気配です。
今年中に何か投稿できるかな!?

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

iPhoneの面白アプリ紹介記事

遊んでみて面白かったものDTMで使えそうなものを、手っ取り早くメモ書き。

Beatwave



ご覧のとおり、4つのレイヤーをもつシーケンサーアプリです。まぁ有名なアプリで知っている人には何を今更な紹介なんだけど。直感的な操作がウリです。ドレミ知らなくても全然平気、ただ指でなぞるだけでメロディになります。

シーケンサーって何だぁ?って人のために説明すると、まぁ現代のオルゴールです。短い小節だけど、繰り返し同じメロディ奏でます。レイヤーが4つあるということは、4つのパターンのメロディを同時に奏でることができます。

音色は3種類。でも下2段はペシペシいうスネアとポスポスいうバスドラで同じみたい。4つのレイヤーの全ての下2段を同じパターンにすると、そこそこノリノリになります。でもグルーヴ生むってほどではないかな? アンビエント向き。
さらにモーフィング機能ってのがあって(「GRID MORPHER」ってのをONにする)。ドットの位置が少しずつ変化、つまりメロディが少しずつ変わっていきます。ずっと聴いているとポヤ?ンとなることができます。

テンポやキーも簡単に変えられます。ミキサー機能もあって、各レイヤーの左右のPAN振りや音量調節もできます。セーブ/ロード機能も当然あるので、気に入ったパターンできたら保存できます。
WAV出力はあるらしいんだけど、パッと見で探し当てられなかった。アドオンってのを更に購入せねばならないのかな? 最悪、3.5mmのイヤホン用ジャックが両端についたケーブル買って、iPhoneとPCを繋ぎ、Audacityか何かで録音することが可能。その際、モノラルで片方からしか聴こえない音になるため、複製してもう一方に振るなど、一手間かかります。

あ、言い忘れてたけど、つまりここまで無料のアプリです。驚き! 罰当たりそう!

App Store のページ



・TablaTanpura



インドの楽器のアプリです。1000円というのは音楽アプリとしてはべらぼうに高い値段。アプリの中のセレブレティです。"私と交際できるのはこの世界に選ばれたほんの一握りの人間だけなのよ"、、、とでも言いたげに、ストア内のユーザーコメントは皆無、説明も英語でちんぷんかんぶん。よって購入には非常に勇気が要った!

かつブログの記事も日本にはないっぽい! 小生のが第一号(たぶん)!! カーッ、武者震いしちまうぜ!

でまぁ、要するにTablaとTanpuraという楽器2つ分なのでこの値段のようです。で、演奏できません。iPod似の再生/停止ボタンしかない。ただし二つを同時に鳴らしながら、演奏パターンを様々に変更できます。

でもTanpuraさんの方、パターン変更の際ちょっと不自然な音が生じちゃうかな? キーやFineの変更なんてもっての外って感じで、「1st String Tuning(動画画面の真ん中部分)」の変更がスムーズに行くか行かないかってところです。あまりコロコロ変化させるものじゃないみたいですね。あ、現在のバージョンでは3th~8thに増えてます。

一方のTablaさん、こちらはかなり優秀と見ました。音も(自分が知る限り)かなりリアルで、キーも自然に変更可能です。テンポも10?180BPMと幅広く変更可能、、、って10は低すぎではないですか? こんな亀の歩みみたいなスピードの音楽、、、必要なときがあるとは思えないなぁ…。さらにまた「Drut-Fast」って選んで高速にすると、今度は人間では叩ききれない速さで叩きまくります。もう心筋梗塞寸前の血圧やミシン針みたいな状態で、モーレツにボコスカやり始めます。音楽とは思えない、ギャグのスピードです。
でも音は上述のリアルさを少しも失わない。そこが優秀だと思う点です。

録音機能はないので、DTMに使いたいなら↑の原始的方法に頼るしかなさそうです。

App Store のページ


こんな感じで、新しい楽器がどんどん増えていってます。これらを使って何したいの? 何か描きたい世界でもあるの? って方向に速く話しを進めたいです。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。