スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の実装の実相

最近は、神無月PさんのVSQファイルを見ていました。
「神調教」という言葉ですら間に合わなくて「魂実装済み」というタグがつくほどに、人間っぽく歌わせることで有名な方ですね、特にGUMIさんを。

いちおうリンクです。
【カバー】GUMIで「さよならメモリーズ」【supercell】


で、有難いことにVSQファイルを公開しているので、それを覗いてみたんです。
「ふんが~!」と驚きの声が上がるくらい細かかったです。
何がってノート(音符)の数がです。
自分の普段のVSQファイルとは見た目からしてもう違う。
DYNやPITを細かく弄っているのは聴いていて分かったんですけど、ん~、言葉をこれほどに細かく区切って歌っているとは思いも寄らなかった!
しかも長い音符は一語一語ていねいにビブラートを操作しています。
どれほどに手間暇かかっていることでしょうか…!?

私はGUMIさん持っていないので、ミクやルカが替わりに歌うのを聴くしかありません。
が、他の歌手が歌っても、もう十分に歌心が表現されてます。なかなか思うように歌ってくれないとされる日本語ルカでさえ、です。

「なにゃ~! この操作にはどんな意味があるの~っ!?」と疑問が膨れ上がる技の数々…。
その幾つかに関して、取り除いたのを聴いてみると、、、うん、確かに微妙に違う…。
で、その微妙な違いを聴き比べてみると、確かに操作を施したものの方が、"魂実装形"に近い気がする…。この違いを生むためにノートをこーしてDYNやPITをあーしてという手間暇が分かる。
で、その塵ほどの違い、、、初見では理由や目的の分からない小さな操作の膨大な積み重ねが山となって、あのような完成形へと至っている、、、というさまが分かりました。
相当に原曲を聴きこみながら作業しているんでしょうね。

そしてWAVファイルにしてからの加工、ミックスのときにも、それぞれ独自の技を施しているものと思われます。

う~ん、まさに職人芸です。ミケランジェロの彫刻とかレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画を見ているようでした。「自分には分からない世界が広がっているのだが、とにかく凄ぇ…」というある種の呆れと諦めと笑いの混じった感動を覚えました。

ボーカロイドに思うように歌わせることがどうしても出来ない、という人は見ておいて損はないと思います。
細かいテクニックを見てみるだけでも勉強になること間違いなしです。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル :

【初音ミク】 花咲く旅路 / 原由子 【カバー・再修正版】

ちょっと前のことですが、また修正版投稿しました↓
【初音ミク】 花咲く旅路 / 原由子 【カバー・再修正版】
http://www.nicovideo.jp/watch/nm11033987

あんまり変わってないだろ…。アペンドが出たんだから、どうせ修正するならそっちを使えばいいものを…。う?ん、余計な投稿だったかもしれん…。

まだまだ完成間近のカバー曲があります。あと3つ…4つか!?
頭ん中のゴミ掃除が終わったらオリ曲制作に本腰入れます。しかし、また何かやってみたいカバー曲に気が移らないか不安だ…。

ぐぬぬぬ。このもどかしさをどうしましょ!?!?!?

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Big_Alさんの可能性

あずまっくすPさんのBigAl版「Alone Again」が素敵すぎる…。

【BIG- AL】 Alone Again (Naturally) / Gilbert O'Sullivan


声の響きが似てる。自然に笑みがこぼれてしまうほど。
私もつくったことありますけど、メロディと合うように歌詞入力するの大変なんですよ。言葉多いし。
「Raindrops Keep Fallin' On My Head(雨にぬれても)」なんかも素敵です。


BigAlは昨年末にひっそりと日本で発売された感があるけれど、男性ボーカロイドとしてはけっこう可能性秘めているんじゃないかと思って、いろいろ聞き漁ってます。

カバーものでは、ちゃたさんの
もののけ姫 【米良美一】【Big_Al】
Honesty 【Big Al】 【Billy Joel】
なんかが好きです。「はじめてのチュウ」とかもあるよ。

でも歌声の自然さで最も優れてるのは、Giusseppeさんという海外の方がつくったバディ・ホリーの作品かなぁ?
Big Al That'll be the day
一段上って感じがします。

オリジナル曲だと、、、何といっても、というか今のところ唯一?の作品である、
【BIG- AL】オリジナル曲「Little Toy Robot」
これだなぁぁぁ。イイハナシダナー。

まとめると、低音にユーモラスな暖かさがあって、カウンターテナーっぽい高音もできてで、結構いろんな歌をこなせるような気がします…。
日本語を歌わせるとき、「つ」がどうしても「とぅ」になってしまうのは、[t s U]とか[t s u:]と打てば「つ」になります。「Alt」キーと「↑」キー同時押しのアレです。発音記号変換。これは巡音ルカ英語版に日本語を歌わせるときも同様っす。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

The Other Side Of Love / 坂本龍一 featuring Sister M

11月に投稿したものの修正版をうpしました。↓

【巡音ルカ】 The Other Side Of Love / 坂本龍一 featuring Sister M 【カバー】


あとブログのタイトルを変えました、一年経ったし。
曲つくれるようになりたいです。

※8月18日追記:いつの間にか自分の作品で一番のヒット作になってます。"なんでこの作品だけ伸びるんだろう"と思って検索してみたら、何人かの方にブログとかツイッターで紹介してもらったからのようですね。ありがとうございます(ここで言っても届かないって)。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

何となく行き詰まって

やってみたいカバー曲が日々増えていく一方で、凹む。

例えば、エルトン・ジョンの「クロコダイル・ロック」の"ラーラララララー"のところをミクが歌うのを聴いてみたくなったし、「黄昏のレンガ路」なんか、英語ルカ使いまくってきた経験からすると、多分いい雰囲気で歌いあげそうな気がする。

「あんな歌あったな」という思いつきが全てDTM/Vocaloidに結びついて頭がパンクしそうだ…。
つくりかけのだけでも一杯々々なのにどんどん増えていく。

これは、自分で曲つくれない行き詰まりに苦しんでいる証しに違いない。
曲作りを意識がけて半年くらい? 思うようにまとまらないし、まとまっても一部分で、丸々まとまっても思うような音をつくれない。

で、手っ取り早く作れるカバー曲に意識が向いて、、、構想が膨れ上がっていく。

数小節くらいのメロディだけだったらたくさんあるんだが…。
生活しながら覚えておけるメロディなので、親しみやすくて覚えやすいものが…、たくさん。
TVCMの電話番号とかにちょうどいいかもしれない。

「♪ せんだいぜろ、にーぃにぃー、にーごーにーのー、にーにーにーにー、にっほーんぶんかっせんーたー」
「♪ はとむぎげんまいつきみそぉー そーけんびちゃっ」

人の心を打つような内容ではないけれど、耳に残る歌。
こういうのを考えつくだけでも、人間の偉大な力が働いているのが分かる…。

しかし困ったぞ、これは…。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。