スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ノ∀\*)キャ

いろいろ考えた末、PVを大幅に削ぎ落として投稿しました。初めてのオリジナル曲です。
内容は、、、まぁ、、、「よく噛んで食え」というメッセージソングです。音は、、、'60年代ふうのロックンロールです(よくわかんない)。

【初音ミク】咀嚼【オリジナル曲】

http://www.nicovideo.jp/watch/nm9860291

やっぱりサムネが汚いです。タイトルも味気ないものだし、興味持って見てもらえるかなぁ…!?!?!?
夜遅いんでとりあえずこんだけ…。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

一休み

怒涛の勢いでPVの制作を進めていたのですが、今日はお休みです。
完成品を見ると分かると思うんですが、「描いていてあんまり楽しくないシーン」があるんです。
曲調と大きくずれていて、PVと音楽とが激しくバランスを崩している作品になること間違いなしです。
"必要ないんじゃないか…"とも思いましたが、他にいい案が浮かばず、他の絵で時間を埋めることもできません。

今日は第4回MMD杯の表彰式や、その他好きな動画を見てました。
他にも音源の手直しをしたり、雑多になったフォルダやファイルを整頓したり。
現時点でフレーム数の計算で67%まで進んでます。
あと素材を9つ描くと編集作業だけになる…。

そういえばニコ動見るようになって一年、気がつけばボカロ系のマイリスが200件を突破してました。
http://www.nicovideo.jp/mylist/12919197
ボーカロイド・UTAU、他LalaVoiceとか"ゆっくり"とか、要するに音声合成ソフトによる歌もの動画のお気に入りです。よかったらご覧ください。
基本、一人の制作者につき1作だけマイリスして、他のお気に入り曲はメモ欄に書きこんでます。
だから作品ではなく200「人」のマイリスってことかな???
ホント、このニコ動に満ちた一年というのは、どこか別の外国で突然暮らすことになって、その国の文化(言葉・風習・流行・掟とか)を、見知らぬ街の人の暮らしを横目に必死に学んだ、、、というのに近いと感じてます。
母国(現実の生活)のことは、もうすっかり頭から消えてます。
まだまだ知らない人知らない作品がたくさんなんでしょうけど、自分の作品もここに並んでも遜色ないような作品に仕上げたいものです。

あ、あとこの前ゲオでレンタルしてたCDの返却日を一日間違えて、延滞しちゃったよ! こういうところです、頭から消えるというのは。クソッタレメ!

テーマ : プロモーションビデオ
ジャンル : 音楽

最近

プランが決まったので、制作に打ちかかる。

まず、Excelに歌の進行に合わせてタイムテーブルをつくる。
小節に従ってシーンを分ける。
Audacityでフレーム数を調べ、各シーンの開始フレームやフレーム数を記す。
小見出しをつくる。
隣のセルに表現したいネタ(お笑いのネタじゃなく、画面内で起こそうとする出来事)の全てを細かく記す。

ホッ…、、、これでもう忘れても大丈夫。文字ってすごい、せわしく変化する頭の中の一状態を保っておけるんだもの。ホントに助かる。

次にシーンごとのフォルダを全部設ける。
で、タイムテーブルを見て出来そうなところからGIMPで素材を描き、シーンフォルダにどんどん放りこむ。
素材が揃ったものからsuzukaで編集する。

今日の時点で全体の26.8%まで出来た。フレーム数が分かるとこういう細かい見通しも立つ。

それから、ニコニコムービーメーカー(静止画のみの無償版)をダウンロードし、出来あがった段階のものをテストとして非公開でアップ、何か問題がないか探る。

NMMによるswfファイル直投稿には、問題や発見がわんさかあった。
・テキストの編集などは一切できない。そのまま投稿。
・音声ファイルも同様なので、NMMに持ってく前にsuzuka上で合成(同期)させておく。
・その際、音声ファイルをストリーミング再生にしないとダメ。(イベントサウンドでは無理ということ)
・サムネイルは1フレーム目。変更できない。自動で決定。
・かつサムネイルは何故か汚くなる。
・1フレーム目にスプライト機能(他のソフトで言うムービークリップ)を持ってくると、再生前なのに無限ループの動きをする何かを表現できる。
・けっこうビットレートに厳しい。上限は300kbps。swfファイルの容量(KB)×8÷再生時間(秒)で計算できる模様。
・このとき、音声をWAVからMP3に変えると大幅に容量を下げられる。

この辺(ファイル形式によって左右される各動画編集ソフトの長所短所)は後々まとめようと思う。

テーマ : プロモーションビデオ
ジャンル : 音楽

音楽と共に動く絵(アニメーション)の種類

いろいろ調べているうちに、ニコ動に投稿するにあたって、自分の映像をどんなファイル形式で表現すればよいのかゴチャゴチャになってきたので、要点をまとめてみる。

1、GIFアニメーション(拡張子は.gif)
むかし(10年以上前)有名だったもの。作るのも見るのも軽便なのが良くも悪くも特徴。
長所:簡単に作れる。透過処理ができる。
短所:
 ・再生できる動画ソフトや、読み込める動画作成編集ソフトが極端に少ない。
 ・よって音楽と一緒に流したりとかは単独ではできない。
 ・特許の問題で敬遠されることもある。
 ・色数が256色と少ない。→こんな色(http://goodsearch.jp/ut3/color1.html)。人肌を表現する色が特に少ない?
 ・Flashに比べると重い。

簡単に作れるとは、たいていのペイントソフトで制作可能ということ。
GIMPでいったら、レイヤーを映像の進行に合わせて並べ、拡張子をgifにして保存、「アニメーションとして保存」にチェックを入れると出来あがる。
まとめると、本格的なアニメーションに向かない。Webのブラウザで見る(バナー広告とか)のがお似合いというところか。

ペイントソフトあれこれ
Easytoonhttp://ddoodd.ddo.jp/delta/soft.html)…線画のGIFアニメをつくれる。左クリックで描画、右クリックで消す、、、という操作の軽便さが売り。しかし線画のみ。
ペイント…Windowsに標準搭載されているソフト。EasyToonで描いた線画に色をつけることができる。
AZpainter2http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se476022.html…筆圧機能搭載のペイントソフト

そんなGIFアニメーションの傑作はこれでしょう(もうすぐミリオン)↓
「お前ら全員みっくみくにしてやるよ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2629116

このようにニコ動に投稿するには、AVIに変換するのかな???
GIF・AVI相互変換ソフト
Movieshttp://jansfreeware.com/
Giamhttp://homepage3.nifty.com/furumizo/giamd.htm)…BMP、JPEG形式の画像を集めてGIF化し、GIFアニメとして、またはAVI出力できるソフト
最低でもキャプチャーソフトを使うという手が思いつく。



2、Flash(拡張子は.swf)
これも一時流行ったけど現在は廃れてゆく傾向にあるのだとか…。
ニコニコ動画にこの形式で投稿する場合、ニコニコムービーメーカーを通してしか投稿できない。
長所:
 ・奇麗に映る。回転しても移動しても拡大・縮小しても全く同じ画質で映る。しかも軽い。
 ・スクリプトが組める(ニコ動への投稿には関係ない特徴)
 ・再生を止めても動き続ける動画(「止めても動くぞ」)を投稿できる
短所
 ・とっつきにくい。奥が深い。敷居が高い。
 ・大容量の動画をニコ動で再生する際、メモリを食うらしい。
 ・時間は25fpsで10分間のみ。

FLASHを制作できるソフトはADOBEの高価なヤツが有名。というか唯一なのか!?
フリーソフトだと、、、
ParaFla!http://www.geocities.jp/coa9999/
suzukahttp://wikiwiki.jp/suzuka/?FrontPage
の国産もの二つがある。

※suzukaの対応入力ファイル形式
画像…BMP・JPG・PNG・GIF(画像のみアニメは無理)
ベクタ画像(詳細は後述)…SVG・PDR・SWF
動画…FLV
音楽…MP3、WAVEなど。



FLASHが奇麗だったり敷居が高かったりするのは、一言で言ってベクタ画像(ドロー画像)を扱うからに他ならない。
普通に世に広まっているラスタ画像(BMP・JPG・PNG・GIFなど)と、ベクタ画像の違いについては、
wikiに頼るしかない。


ベクタ画像を描くソフトには、AdobeIllustrator(通称イラレ)がある。
フォトショがラスタ画像で、イラレがベクタ画像…ということだったのか!

フリーでベクタ画像を描けるソフトは、、、
ParaDrawhttp://www.geocities.jp/coa9999/)…拡張子がPDR(ParaFla!やsuzuka専用の拡張子)となる。
inkscapehttp://lets-ubuntu.yui.at/inkgimp/inkscape_tips.html)…拡張子がSVG(一般的なベクタ画像の拡張子)となる。
…と少ない。

ラスタ画像をベクタ画像に変換するソフトというのもある。
POTRACEhttp://www.geocities.jp/sarusekkei/potrace.html#omake

ベクタ画像という橋を渡らずに、GIFアニメを直接SWFファイルに変換してしまうソフトも存在する。
GIF2SWFhttp://www.segon.com/index.html
SWFTOOLShttp://oyuki.jugem.jp/?eid=41
MotionSWFhttp://www.vector.co.jp/magazine/softnews/020223/n0202231.html
これらの変換技を使う場合は、色数の少ないswfファイル、、、つまりFLASHのうま味をあまり享受していない動画になると思われる。



今回の作品は、現時点でラスタ画像でたくさん描いてしまったので、これらをsuzukaに取り込んで編集・SWFファイル化、ニコニコムービーメーカーで投稿する、、、という方法でいこうと思う。
FLASHの美味しいところを使いこなすのはまたの機会にする。

ニコニコムービーメーカー(http://www.ssw.co.jp/index.html
・対応入力ファイル形式
 動画(有償版のみ)…AVI・WMV・MPEG・MPEG2・MPEG4・FLVなど
 画像…BMP・JPEG(のみ! PNGやGIFは扱えない注意せよ)
 音声…WAVE・MP3・AAC・WMA
・有償版ならアップするだけでなくWMVとして保存も可能
・同時再生録音機能あり(演奏動画とかに使える)
・携帯からは見れない動画になる


テーマ : プロモーションビデオ
ジャンル : 音楽

音楽と映像のタイミングの合わせ方

前回PVらしきものをつくったのは、ジョニ・ミッチェルのカバーのときで、たこルカの4~6本の足と歌詞を動かした。
あのとき苦労したのは音楽と映像を合わせることだった。
たこルカの映像がSuzuka→NiVE→AVIUtlと三つのソフトを通ったのだが、そのたびに音楽ファイルとのズレを修正する羽目に陥り、それでもなお完成品は動きがずれるという不満が残った。

今回はもう先に音楽ファイルのフレームレートを調べ、1番の歌いだしは何フレーム目、2番の歌いだしは何フレーム目というふうに、徹底的に洗い出す。

ここで出番になるのがAudacity。
「ビュー」というメニューの「選択フォーマットを設定」に進むと、波形の動きに合わせて何フレーム目かがウィンドウの最下部に表示されるようになる。計算によってでなく、フレーム数を目で追えるとは…! これなら完璧に洗いだせる。

130BPMの本作は1小節が約1.21秒くらい。25fpsのレートでおよそ46フレーム(30fpsならば56フレーム)を要する。
よって1/8拍はほぼ6フレーム。時間にして0.302秒。
今日取り組んだ箇所は、4小節で185フレーム分に相当する。
つまり、5フレーム+6フレームの動きのアニメを1セットとして、16回流せば一致させることができる((11×16=176)<X<(12×16=192))。

この1セット11~12フレーム内で、一体いくつの画像を用意すればよいのか???
自分の目でまともに視聴できたのは3フレーム分×4くらい。それより多く細かいと変化が速すぎて目で追いきれない。変な映像になる。
動画として必要な動きは二つなので、「(2枚の画像を交互に2~3フレームずつ流す)×4」のアニメが、上記の1セットのアニメということになる。

まとめると、、、
画面のいろんな部位が動く映像を予定しているのだが、全体の動きは2種類で済む。つまり1枚描いて、それを元にもう1枚描けばよい。
この2枚を数フレームずつ交互に4回流すファイルを用意して、それを16回続けると4小節分になる。
これで4小節185フレーム分の映像ができる(もちろん他の場面への流用も可)…!

変化させる個所はかなりの数にのぼるけれど、2枚で済むんなら気持ち的に何とかなる。
今日の発見は大きいです。
基本的に「1/8拍が5~6フレームで、思い描いている動きが2枚の絵で表現できる」となれば、他の箇所もやってみようという気になれます。

何というか、自分のやろうとしていることの見通しが立ったってわけです。
慣れない映像制作において、何の見通しもなく闇雲に作業を進めるのとは大違いです。

大事なのは、、、
1、音楽ファイルがタイミングを合わせられる程度に出来上がったら、Audacityでフレーム数を調べること
2、このフレーム数を元に、自分の構想に対してどんな画像がいくつ必要なのかを知ること
…この二つを守ると、映像の構想を練っているときの、「可能かどうか」という不安への対策になることがハッキリしました。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。