スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノギアス攻略 17歩目

あらすじ
フェイたちはユグドラシル2世が襲われているのを確認、ギアで助太刀に入る。ゲブラーのハイシャオと戦う。上手く撃退したのだが、エリィが連れ去られてしまう。
ユグドラシルはタムズで修理される。その間、一行は再会(エリィを除いた)楽しむ。そこには、バルトの案によってユグドラシル内に保護されることになったマルーも含まれる。特にバルトとタムズ艦長は意気投合した模様。
一方、ゲブラー内ではエリィの裏切りに対してはミァンが処分を下すことになった。ミァンは一計を案じ、ユグドラシルを攻撃しやすくするために、催眠術をかけてエリィ/ヴィエルジェを脱出させる。催眠エリィはユグドラシル機関室に忍び込み、エンジントラブルを生じさせた。
しかし、シタンがやってきていつもの落ち着いた調子でこれを直し、ゲブラー隊を迎え撃つ。ラムサスが操るハイシャオが強く、フェイが生命維持装置が必要になるほどの重体に陥る。「教会」の病院を頼ることに決まった。24時間23分15秒


メモ
ハイシャオ…ドミニアとケルビナが操るゲブラーの水中艦。フェイ、エリィ、バルトの3人で楽勝した。
ブレードガッシュ…2度目の襲撃のときドミニアが操ったギア。
エトーン…死霊を浄化する「教会」所属の聖職者。名前は贖罪者を表す。「教会」には一般人は入れないが、エトーンの紹介があれば何とかなるかも。表向きは死霊の退治が目的だが、本来はソラリスが地上人の適任者を選出し、堕落した教会の人間の監視・処分を行うことが目的だったっぽい。さらに付け加えると、降りてくる死霊とは「教会」が選びカレルレンが術を施した(M計画)ヒトであった。(20歩目より)

・ドミニアの話からすると、エリィは地上人とソラリス人の混血なのかもしれない。ドミニアはエリィの能力にコンプレックスを抱いている。
・バルトたちは、エルルの悪魔にやられて砂漠の底に沈んだら、そこに2世があったという幸運に恵まれた。


感想
ラムサスのハイシャオ戦、装備が不十分で負けちゃったよ! ギア戦はとにかく一度戦ってみてからの事前の準備だけが重要で、後は同じコマンドを繰り返す戦い方のままなのだ。
途中、ドミニアがミァンの瞳にビビる場面があった。そんなミァンもエリィの瞳を「澄んだ湖面のような碧色」と誉めた。若いマルーも含めて、ゼノギアスの女の人は全員目が奇麗だと思う。
ところで何でユグドラの面々はエリィのことを知っているんだろう? 全員、初対面じゃなかったろうか…。
スポンサーサイト

ゼノギアス攻略 16歩目

あらすじ
プレイ再開。
シタンとリコがユグドラシル2世の中にいるところから開始。バルトから事情を聞く。
フェイとエリィはゴリアテの残骸の下にヴェルトールとヴィエルジェがあることを発見。そして上空にシェバトを目撃。
再びユグドラシル内に移り、バルトを操る。アヴェ軍は全滅(エルルの悪魔によって?)したが、シャーカーンは健在らしい。
ユグドラシル2世は昔々キスレブとの和平が決まったときに廃艦になったもの。しかし紋章がシェバトのものに似ている。つまり、ユグドラシルはシェバト製でアヴェへ譲られたものかもしれない。
フェイたちはタムズに拾われる。粋な艦長からタムズが最近請け負った仕事の話を聞く。
ドミニアと黒髪の少女(ケルビナ)が登場する。彼女らはユグドラシルへの攻撃を始める。23時間8分55秒。

メモ
シェバト…ソラリスの管理外の国。円盤型で空を飛んでいる。ソラリスと同じように障壁が働いて普通では捉えることができない。グラーフやフェイの両親が関係している。普段はアクヴィと呼ばれるエリアを中心に移動している。
タムズ…海上都市。いつも海上を移動してサルベージで「宝」と住民が呼んでいる様々な物資を手に入れ、都市の生活が成り立っている。「教会」との関係あり。
ねじレベーター…タムズにある、捻じれて上下するエレベーター。
艦長…タムズの艦長。可愛い犬の姿をした亜人(?)。しかし口調は豪快で、「俺が! 海の! 男だからだ!」などなど、「男!」という単語を含んだセリフを強調する。
ハンス…タムズの副長。ユグドラシルのバンスと同じイルカの姿をしている。
バベルタワー…この世界の何処かにある物凄く高い塔。そこからウェルスという死霊が下りてくるという噂がある。
ケルビナ…ドミニアの仲間だが、若干、位が上のような気もする。ずっと目をつむっている。

感想
久しぶりのプレイで、当ブログを頻繁に読み返しながら進めたので時間がかかった。物語の大まかな粗筋しか覚えていない。細かい人・物の名前が思い出せない。ショップによっても何を買っていいか判断できない。
相変わらず人々の生活の描写は優れていて、タムズの全市民に話しかけた。医者の「唾つけて寝ろ」「二度と来るなよ」が面白かった。
これから大丈夫かな? 元々、難解な話なのに中断を挟みながらどれだけ理解できるだろ???

ニコ厨ライフを振り返る

マイリストを編集すると、いつその動画をマイリスに加えたのかの記録を見ることができる。
一番最初のが2月18日だから、最初にニコニコ動画を意識し始めてから半年たったということだろう。

この半年の、余暇の時間に占めるニコ動視聴の割合を算出できたら、何か恐ろしいことになっていそうで怖い…。
ニコ動を知ってから生活が全く変わった。何よりもニコ動の視聴を優先させるため、いろんな影響を挙げることができる。
・部屋の掃除の頻度が減った、部屋がいつも汚い
・引き籠りがちになり、外出用の服を買わなくなった
・ダウンロード任せのためCD買うことが少なくなった
・仕事を心ここに在らずの状態で行うので、ポカと叱責の回数が激増した
などなど。

一度、日々の洗濯(コインランドリーを使う)よりもニコ動視聴を優先させすぎた結果、明日履くパンツが無くなって、二日続けて同じパンツを履くかパンツなしで一日を過ごすかの難しい選択に迫られ、止む無く後者を選んだ、という事態が生じた。

一番打撃を受けたのはバスケの指導だな。全然足を運んでいない。生徒たちに本当に申し訳ない。俺は!! 負けちまったんだよ、ボーカロイドの色香ってヤツに!!!

動画の視聴と共に、大百科の項目にもいくつ目を通したことだろう。
この前、「ミリオン」というタグから大百科に進んでいろいろ調べた。「東方」関係の動画にどうして100万再生のものが多いのかやっと分かった。
ここ最近ミリオン達成の動画が多い。もう200近くになっているかな?

「ニコニコで最も○○な××の一覧 」という項目も見た。
中には49日(71580分)の動画もあるのか…。
そういえばミクが円周率を2時間かけて5万ケタ唱えている動画ってのもあった。
最も高画質の動画は、8分の読み込みのあとカクカクして何がなんだか分からなかった。

ホントにいろんな動画があるんだナァ、ニコ動は!

生活の変化の追記
・視力の低下
・在宅時、イヤホンで音楽を聴くことが増えた。一度、玄関に訪問者がいるのに気付かずにえらく待たせてしまったことがあった
・しかも陽気な鼻歌まで披露してしまった!
・車の運転中も音楽を聴いて考え事をするようになった。一度、考え事をしながら踏切前で一時停止したものの、無意識のうちに信号での停止と勘違いしてしまい、そのまま何秒だか何分だか分からないが「あれ、何で俺ずっと止まってんだ? 電車が来てるのでもないのに」と気付くまで停車していた…ということがあった

なんか、だんだん現実と夢の境目が曖昧になって来ているような気がする。いつか赤信号無視で歩行者を跳ねたりしないか心配になってきた…。

今日のニコ動

深夜だが眠れないので思い浮かぶことを記す。

夜の女王のアリア、「一番の自信作! 」と意気込んでいたけど、やっぱり3日でつくったものではダメ。作ってからいろんなプロの歌唱を聴いたけど、ルカの表現はイマイチだ。
自信のあった巻き舌も、さらに上手な動画を見つけた。



ルサルカの人の作品。これは英語ルカでは1,2を争う神調教だろう。巻き舌の画像がピアプロにアップされている。DYN値を削るやり方の方が、重く響くみたいだし、柔軟な操作ができるだろう。

残念な気持ちで墓参り等、お盆行事を済ませた。

眠れないので起きだしてランキングを眺める。いつもは音楽だけなのだけど、なんとなく総合を眺めていたら、日航ジャンボ機墜落事故のフライトシミュレータの動画がランクインしているのを発見した。

一応開いてみたのだけど、5分と見ることができない。これは一度見(聴い)たことがある。木に人の胴体が突き刺さっている写真も見たことがある。"自分が機内にいたら"という空想を繰り返し、三日ほど夢うつつで生活する羽目になったものだった。いつか自分にもやってくる死というものがまた一歩身近になった体験だった。

ニコ動において、クルーは「4人の命を救った英雄たち」と呼ばれるとは…。ニコ動の視聴者はとても優しい。

合掌。

今日のDTM

今日は朝方に「魔笛 夜の女王のアリア」を投稿した。


制作期間3日。仕事が全然なかったので、この3日間のうちたぶん2550時間くらいPCに向かっていたと思う。目が痛い。

オペラというかクラシックもドイツ語も何も知らない状態からのスタートだった。
ひょんな探索でレン版KAITO版の存在を知り、衝撃を受けたのが制作のきっかけ。

ルカ版はまだないようなので、かなりのプレッシャーを感じた。
これまで道を切り拓いてきた先達の作品の、後に続けるものになったんだろうか…。

巻き舌とドイツ語の滑らかな発音は上手くできたかなと思うけど、全体的に声量不足なのは否めない。体重45kgのルカではどうしようもないものを感じた。本物のソプラノ歌手は倍くらいの体格している。それから声がかすれ過ぎな気もする。
プレッシャーに押しつぶされ、歌でなくLipSyncの方で思いっきり弾けるように演出せざるを得なかった。

コロラトゥーラのところ、PITをいじってみたらもっと鋭くなったかも…。
KAITO版がスゲェんだ、とにかく。
ああいう、針で鼓膜を突っついているかのような鋭いスタッカートを期待してたのに、ルカのは小鳥がさえずるような弱々しいものだった。そういう歌だと思えばOKかもしれないんだけど、復讐の炎が地獄のように燃えてねぇ…。
オケをWAV変換するとき、音割れするのをどうしても防げなかったのも悔しい。
2:00あたり以降の部分で、扇風機に向かって声出しているときのような曇りが発生するのも悔しい。
これは昔からずっと気になっていて、一向に有効な手立てが見つからない。
リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。