スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【猫村いろは】広野のかなたにコメタロッサ【デビュー6周年おめ!】

新しい作品を投稿しました! アコギのコードストロークと矩形波が始終じゃかじゃかチャラチャラ鳴ってる曲です。







作曲の経緯としては、、、ここ数年かかりっきりだった音楽と機材のお勉強の気分を音楽にしてみようというものです。
いや、1番から間奏までは、なんと2014年の夏に考えて、デモとして形にもしていました。2年以上前ですね。

私のDTMの道のりを自分でまとめると、、、
2009年~2011年まではDTMの基本とVOCALOIDのお勉強、
2012年~2013年は、割と好き勝手にやらしてもらった期間
2014年~2016年が音楽と機材の本当のお勉強
こんなふうに考えています。
…で、2014年初頭に前PCがぶっ壊れてからの、この夏辺りまでの自分のことがだいぶ混じってるというわけです(^^;



音楽や機材の勉強と並行して制作を進めてきました。
こうして作品として公開できるまで2年以上もかかったのは情けないし、その割には大した出来でもないんですが、一時期、


「音楽の世界が広すぎて頭おかしくなりそうだば~!!」


…ってくらいになったことを考えると、まぁ、こうして落ち着いて音楽にするくらいにまで持ってこれてよかったとします。



少し例を上げます。
DAWの使い方は何度か記事にしてきました。マイナーなDAWで、日本語の情報が少なく、英語マニュアルを逐一訳してきました。

今回のドラムはBatteryでキットを拵えてあれこれ鳴らしましたが、これもこちらのサイトを読み込んで、使い方を学ばざるを得ませんでした。

最後の方で、半音音階とトーンクラスターと全音音階を使いました。
「お前の~…」からのドミナントモーション(ざわざわ~って何か起きそうな感じ)のところです。しばらく矩形波がなかったのを半音音階で登場させて、その後トーンクラスター(たくさんの音符を同時に鳴らす)で「ビシュン!」と言わして、歌手に「おろろろ」と全音音階を歌わせることで、それまでと全然違う展開にしています。

とは言っても作品としての効果のほどはよく分かりません…。実験的なものです。


「B7→E7の後ろで半音音階、続いて特大のトーンクラスター!!」
(一度自分のこととして知ってしまうと、どうということもなくなる)


とにかく、それまで知らなかった理論を盛り込んだわけです。
7thコードの後ろで、半音音階を上昇させていくと、何か、得体の知れないものが起き上がってくるような効果があることが分かりました。
半音階の上昇は、結局のところテンポに合わせて一定の速度で音が高くなっていくってだけです。全音音階だとその速度が倍というだけです。トーンクラスターは隕石が「ビシュン!」と落っこちてくるような効果に使えます。ゲームの効果音とか、こういう手法で作っているんだと思われます。


まとめ

このような音楽と機材の勉強が3年近くも続き、自分の中でいろいろあったのを音楽にすることができました。今はもうお腹いっぱいです。
これからは学んだことを活かして、また好き勝手に音楽できたらいいな~と思っています。
スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【ミク・いろは】ノートルダム・ミサ曲のグローリア【Maika・Mew】

ちょっと前ですが新しい作品を投稿しました! 中世のアカペラものになります。







去年の夏、iTunesライブラリのクラシックものの曲名を全部日本語に訳してみようとしたことがきっかけで、中世・ルネサンスの音楽に興味津々になりました。まぁ、軽い翻訳作業なわけで、クラシック、、、というか現存する最古の音楽から勉強し直すことになったわけです。

ギヨーム・ド・マショーとは、その現存する最古の段階から数百年手前の音楽と考えています。グレゴリオ聖歌 → ペロタンなどのノートルダム楽派 → アルス・アンティクア → アルス・ノヴァって順番があって、そのアルス・ノヴァに属する人なわけです。


最初に聞いた感想は、とにかく「なに、この音楽!? 気持ち悪ぃ~(;゚Д゚)」でした。フレーズの終わり方がやたら強引だし(二重導音終止という)、母音を伸ばす歌詞の譜割りもこれまた強引だし(メリスマ唱法という)、途中何回も「♪え~へへへ~へっ」って笑ってるし、ピアノロールで見るとその部分豪快な×印だし、そして最後にカエルの大合唱みたいなの(イソリズムという)延々と続けて「♪ア~メン」って、、、まぁとにかく「ヘンな音楽だな~、気持ち悪いな~」という驚きの連続でした。

この人の他の曲聞いてみると、割とロマンチックな、、、ホロリと来るメロディが多いんですが、この曲だけ突出して異様ですね。


ボカロに歌わせてみようとしたきっかけは、最後のカエルの大合唱がよく聞き取れないからでした。
こんなプレイリストを拵えて、いろいろ聴き込んでみたんですが、グローリアのこの部分は、誰がどう歌っているのかよく聞き取れないし、その状態ではイソリズムという技法の理解もままならないので、自分でちょっと歌わせてみようとなったわけです。

ボーカロイドのテクニック的には、、、こういう同じ母音の大合唱はトラック2つ使う必要があると感じました。タイミングが合わないからです。「あー」→「あー」という干渉し合う二つの発音のタイミングは、歌手によってバラバラになります。
これは、、、今回メーカーの違う4人だったからかもしれませんが、とにかく4人バラバラのタイミングで「あー」「あー」と発するため、本当に、誰を基準にして合わせていいのか全く分からない混乱に陥りました。実際の合唱でも、この部分のタイミング合わせは相当に大変なのだろうと思います。

…なので「あー」と「あー」を別々のトラックに分けて干渉を避けることで、何とか、投稿物のような形に持っていきました。


それから、今回のでリヴァーブの使い方も考えさせられました。というより、今までリヴァーブというエフェクトに対して意識が低かったのを、アカペラ合唱という形式によって、無理矢理気づかされることになった感じです。
いろいろもがいた結果が↑なわけですが、まぁ、、、リヴァーブ使わないとツラいですよね。

以前のモテットも気に入らなくなったので、Youtubeの方だけ投稿しなおしました。


現在の心境としては、、、古楽趣味もようやく落ち着いて、今の時代の音楽を考えるようになりました。一年弱も古楽にゾッコンだったので、流行りとかよく分からなくなってますが、、、まぁマイペースでDTMを続けていきます。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【猫村いろは】 私はライニャ 【民族調?オリジナル曲】

新しい自作曲を投稿しました! 猫村いろは単独の歌ものだと、、、実に2年半ぶりくらいでしょうか。だいぶ時間がかかってしまいました。






自分の音楽コレクションに8分の5拍子の歌ものが僅かしかないので、ちょっと挑戦してみたものです。
チェンバロのアルペジオ+アフリカのドラムっていう、まず聞いたことのない編成を歌手がどのようにまとめるか、、、そういうサウンドコンセプトについては不満ありません。しっかり歌ってもらった、なかなか似合うかも…という感じです。
でも私の力不足で、音数が足りない? 構成が平凡なのが残念です。つーか歌のパートが2つしかないとは…。


歌詞についてはいつもの通りで困っていました。ピアプロで応募したところ、一晩で提供してもらったので驚きました。
簡単な入り口から一定のストーリーが結びまであるもので、、、自分には"とりあえずでいいから、こういうところから始める"能力が欠けているのだと思い知りました。
ただ推敲はされてなかったので、それは私が担当しました。歌手が上手く歌わない語があったりするので…。


「ライニャ」とは、ポルトガル語で「女王」のことです。
Rainha...ブラジルだと読み方が変わって「フェーニャ」のようになりますが、ヨーロッパのポルトガルでは、まだ巻き舌の R で読む人が大勢残っていると思います。

この語に至るまでにはかなりの紆余曲折がありまして、、、あまり需要もないでしょうけど、情報発信の場として、少し裏話し的にご紹介します。。。

続きを読む

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【Mew・いろは・ルカ】 ギヨーム・ド・マショーのモテット1 【ボカロ古楽】

久しぶりの更新になります。新しい作品を投稿しました。








ここ半年ほどクラシック・古楽に興味津々の状態で、最初はConcerto が協奏曲であることも知らなかったのに、今では700年前のフランスの音楽をボカロに歌わすところまで来ました…。

今回のは取材・下調べが大変でした。
音源と歌詞は検索すると割とヒットします。…が、マショーの楽譜やmidiはネットではなかなか見当たりませんでした。
youtubeに楽譜付きの動画があったので、それを元にmidi化して、メロディだけではツマラナイな~と歌わせてみたという形です。

でも読み方に自信ありません。
こちらのありがたい記事と、普通のフランス語の読みを勉強してみたのと、元動画のリスニングの結果の出来になります。

この取り組みの前までは、「綺麗な曲だな~」と思っても、誰が何を歌っているのかチンプンカンプンでしたが、今は大体分かるので少し幸せです。

フランス語は読まない綴りがたくさんあるので、意識の焦点が左から右へ矢のように飛んでく不思議な感じがします。beaucoup と書いてボクーとしか読まないんだから驚きです。




原曲について:
「なんだこの曲?」って人のために、自分が知る限りのことを簡単に説明します(にわか)。

続きを読む

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【ミク・いろは】 真夜中のポリリズム(仮) 【インスト・テクノ】

新しい曲を投稿しました!




今回のは取り組んでみて良かった点と悔しい点が非常にハッキリ分かれました。

よかったこと
1、ビートスライス&グリッチ系のリズム

2分15秒から20秒間の辺りは、DTM始めた頃から求めていた感じで、半分くらい夢が叶ったかな~?と思っています。長かった~ヽ(^。^)ノ
いろいろやり方あるんでしょうけど、Reaktor L3 というビートスライス機器と、Glitch2っていうエフェクトの組み合わせがコツでした、自分の場合。

2、リアルタイム入力の方がいい
ピアノのことです。今までは全部マウスぽちぽちでしたが、自分で演奏すると、ヴェロシティ(押す強さ)やデュレーション(押す長さ)が求めるとおりに細やかにできる、この違いはあまりにも大きいことが分かりました。
変ロ短調(B♭m)とは5つの黒鍵全部とFとCを使うスケールなので、アルペジオだと、盛り上がった黒鍵を下から順番に押していくだけなので、演奏しやすいですね。今後も続けていきたいです。

3、変拍子でないと嫌だ
最近、変拍子に目覚めたというか、始終同じ拍子の音楽は寂しい、何かイタズラを仕掛けたいような欲求に駆られていて、それらがある程度満たされました。

これらは本当に数か月前までは全く考えられなかったことなので、自分の中では大きな一歩でした。


残念だったのは、「歌を絡ませられなかった」ことです。タイトルに従って、ポリリズムな歌ものを考えていました。でもポリリズムって、聴いて楽しむより自分で演奏なり歌って楽しむもの、いわゆる「弾いてみろ」「歌ってみろ」の一種なのだなと気がつきました。リズムに迷うはずもないボカロがポリリズムを歌っても面白くないなぁとなりました。

1か月くらい粘ったのですが、「1」と「3」に加えてポリリズムってのが、今の自分にはレベル高すぎると判断しました。


このように、音楽の広い世界を知って、いろいろできるようにはなってきているんですけど、それに比例して、歌ものが容易に思いつけなくなっています。これから先がちょっと不安です…。




使用機材:
DAW … Zynewave Podium 3.24
音源 … prova、初音ミクDark、猫村いろは、iKaossilator、Reaktor L3、
エフェクト … Glitch2、Replikaなど


テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【Vocaloid3 Maika】True Colors / Cyndi Lauper【Vocaloidカバー曲】

新しい作品を投稿しました。Maikaさんの英語カバー曲の2作目です。








今回は有気音(帯気音、aspiration)のことでたいへん苦労しました。
英語では、「p, t, k」の無声破裂音が語頭にあるとき、有気音を含みます。time とか paper の語頭は、何か「h」の子音を含んだような発音になります。「ぺっ」って痰を吐き出しながらのような、投げやりな発音になります。正直言うと、ちょっと汚らしいかもです。

英語DBではこのルールもちゃんと網羅されており、time と入力すると自動で[th aI m]などのように、有気音を含んだ音素に変換されます。この変化は「p, t, k」の無声破裂音と、「b, d, g」の有声破裂音について起こります。

…で、スペイン語がメインのMaikaさんには、この機能がありません。

ここまでなんか難しい話しになってますが、これは後で調べてみて分かったことで、、、元々は歌声を入力していく過程で「あれ? なんか違うゾ…」と気がついたものです。

この歌には「true」「colors」「don't」「be」「take」「can」とか、有気音が必要な箇所がたくさんあります。それも歌の中で重要な、ごまかしようのない、「ここぞ」という箇所で頻発するので、、、
「う~ん、いつも聴いてる英語の発音じゃないな~???」「そういえば英語DBでは語頭にhが含まれたりしたっけな~」
と、徐々に重要視することになりました。

最初は軽い気持ちで制作を始めたのでしたが、有気音の存在に気づく上ではうってつけの歌だったかもしれません。


まぁ~対策としては、take だったら[t h E I k]のように、t のあとに h を入れると、違和感なくなるかな~と繰り返していきました。「とぅへいく」のように h を強調して発音することはありません。ただ、音程によってサンプルが変わり、上手く行くサンプルとそうでないのとに分かれたりで苦労しました。

ただ、「true」のように、語頭から母音までにもう一個子音がある場合は、大いに困りました。[t h r u]だと、音素ぎゅうぎゅう詰めで苦しいんですよね。歌の中で一番大事な単語なのに…!

ところが、ネットで調べてみると「語頭の無声破裂音でも、次に子音が続く場合は有気音を含まない」ともありました。true とか play の場合は含まないってことですね。
ただ、いろんな歌を思い返してみると、tree を「ちゅりー」のように発音してたりもしてて、これは有気音を含むからなのではとも思いました。
それから、英語DBで「b, d, g」の有声破裂音も「bh, dh, gh」に変化するのはどういう訳なのだろうと、頭の中が盛大にこんがらがりました。

結論としては、歌なのでもう、「それがこの歌手の歌い方なのだ」とすることにしました。
自分がMaikaさんを使う上で、変だと思ったらできるだけ対処し、変じゃなかったらそのままにするということです。
ロックで「bad」や「but」をワルっぽく歌うとき、有気音を含ませて汚らしく発音してるようなケースもあります。

たぶん、今回のは「単語を誤解されることはないが、違和感を感じる人もいる」って範囲のことだと思います。
ニュースキャスターのような正確な英語を発音してもらいたいわけじゃないし、ほどほどにこだわろうという考えで落ち着きました。

世の中には、中国語やタイ語のように、有気音の有無によって単語を弁別する言語もあるみたいで、言語というのは実に奥深い世界なのだなぁと改めて思いました。




Maikaさんのリンク集

 Voctor Labs 関連
製品ページ
スペイン語専用発音チャート(Bruno & Clara の発音の手引きで参考になる)
・MMDモデルのダウンロード
 chibidekoさん作(隣に浮いているボール、NOVAのモデルもあり)
 André R.(Pocket-P)さん作
・イラスト集
 Deviant Art の検索結果(海外のイラストサイトでの「Vocaloid Maika」の検索結果)


 当ブログ内記事
最初に使ってみての印象
自分専用母音使いこなしテクニック
・自分専用子音使いこなしテクニック

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【第14回MMD杯本選】 オリジナル曲「minim」【ミク・いろは】

少し前のことですが、MMD杯ものを投稿しました。。。今回は映像について振り返ります。




続きを読む

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【第14回MMD杯予選】 オリジナル曲「minim」【ミク・いろは】

新しい曲ができあがりました~! 超~久しぶり(1年弱ぶり?)の自作歌ものです!





ただ、勢いでMMD杯に参加することを決めちゃったので、「動画」としてはまだ数十秒しかお見せできません…。
音声ファイルは他所に幾つかアップしましたが、一番新しいピアプロのものを紹介します。


【ミク、いろは】 minim 【ミニマル・テクノ?】 powered by ピアプロ


ミニマルな音の繰り返しとディレイの浮遊感を楽しんでもらえたらな~と思います。
今は動画づくりのお勉強で頭いっぱいなので、、、あまり言葉が、、、続かない状態。。。う~む…。


とにかく、去年一年間で合計○○万円も機材に使い込んじゃって、全貌把握と使いこなしにヒジョーに手間取ったけど、ようやく自分のしたいことを形にできてよかったです。今年はこんな感じで自作曲をドシドシ投稿していきます。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【Vocaloid3 Maika】 Alone Again / Gilbert O'Sullivan 【Vocaloidカバー曲】

新しい作品を投稿しました~。新ボーカロイドの購入記念の、性能検査カバー曲です。




Voctro Labs の Vocaloid3 Maika さんですね。製品ページ → こちら

スペインのディベロッパーのスペイン語DBのボーカロイドなわけですが、追加音素によって、英語・日本語その他の言語も歌えるとあります。追加音素とは、製品ページ中段の音素表の、黒塗り背景の部分のようです。逆に言えば、Bruno & Clara はこの黒塗り以外の音素のみ歌えるということなんでしょう。



スペイン語には、「しゃ」や「つぁ」や「ざ」「じゃ」、「んぐ」がないんですね。その代わりってわけではないんでしょうけど、T や x や L があると…。ふむふむ、勉強になります。


使ってみての感想は、、、新DBの新キャラであるため、膨大な量になるので別記事にしました。この記事の下にまとめてリンクを貼っておきます。
とりあえず、高中域のハスキーな感じを大事にしていけば、自分が所有している、ルカ・ミク・いろは・Mewさんとは、明確な差別化が図られるだろうとホッとしました。デモを聴いた感じだと、巡音ルカさんと雰囲気がかぶってしまうかな~と思ったので…。

英語を歌える歌手が3人揃ったので、多重コーラスとかもできるのかな~と夢が広がります♪




Maikaさんのリンク集

 Voctor Labs 関連
製品ページ
スペイン語専用発音チャート(Bruno & Clara の発音の手引きで参考になる)
・MMDモデルのダウンロード
 chibidekoさん作(隣に浮いているボール、NOVAのモデルもあり)
 André R.(Pocket-P)さん作
・イラスト集
 Deviant Art の検索結果(海外のイラストサイトでの「Vocaloid Maika」の検索結果)


 当ブログ内記事
最初に使ってみての印象
自分専用母音使いこなしテクニック
・自分専用子音使いこなしテクニック

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

【ちょこっとボカロ】 Le Tic-toc-choc / F.Couperin 【Glitch Hop風アレンジ】

一週間以上前のことですが、新しい作品を投稿しました~。クラシック曲のアレンジです。




今回のリズムトラックのハチャメチャな出来には自分でも驚いています。クープランさんのおかげで曲が非常によいのは、ひとまず置いといて…。
2月頃の記事で、「自分の好みは何か」と「今の自分に出来ることは何か」を探っていると書きましたけど、ようやく手応えのあるものを作品にすることが出来ました。

Limelite と Glitch 2 を知ったことが大きいのですが、今回のはかなり偶然に頼った使い方になっています。
原理を知っていて、自分で思うままにトラックを拵えたのではなく、ランダマイズな働きに任せて、幾つかリズムトラックを用意して、その好いとこ取りをした感じです。

特に Limelite の働き方は全然分からないままなので、投稿後にすぐ、マニュアルを読みこむことを始めました。
そして、「使い方のまとめページ」を拵えました → こちら

今はだいぶ理解が進んだ気がするので、これらのソフトの原理を知った上で、さらに自分に何が出来るかを考えているところです。

こうして振り返ってみると、
・ステップシーケンサーなので、狙った所でシンバルを打つのが難しい、やってない
・無知の結果、キックもスネアもハイハットも、PANが全部真ん中のモノラルになってしまった
…のが残念です。





使ったもの:
DAW … Podium 3.24
Music Box … GeneralUser-GS-FluidSynth-v1.43.sf2
Rhythm … Reaktor 5 の Limelite
Efect類 … Glitch 2 とか

全てのディベロッパーと、作曲家のF.クープランに感謝します!

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。