スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノレッスン1回目

■ 前置き

突然ですが、ピアノ教室に通うことにしたのでその模様を記事にしていきます。
途中で挫折すると恥ずかしい状況(更新停止)をつくることで自分を追い込み、無理矢理にでも継続させる魂胆です♪

なんで始めようと思ったかを一言でいうと、、、まぁ「インターネットのせい」です。のちのち記事にするかも。


とりあえずレッスン前の腕前はこんな感じ。

F.クープラン「神秘のバリケード Les Barricades mystérieuses」の最初の8小節(ロンドー部分)。



あと簡単な自己紹介↓
ハンドルネーム:はとみね
年齢:日本人男性の平均寿命の半分に差し掛かろうかというところ
音楽経験:ギターでコードを「ジャラ~ン♪」 あとDTM歴8年目。でも鍵盤はほとんど弾いたことなし。読譜能力も全くなし。
聞いてきた音楽:ビートルズから始まって'00年代エレクトロニカまで続くような、20世紀後半の洋楽が基礎
最終目標:
今のところは、D.スカルラッティのソナタの幾つかを好ましく弾けるようになること^^; 「なぜ上手くいかないか」の原因と対策を自分で正しく考えられる状態^^; 余生をそれで楽しむこと^^;
所有物:MicroKEY2-61AIR
その他の特徴:中・高と世界史大好き生徒で、何事にも歴史的な悠久の流れを見出せると、なんか、異様なやる気が湧いてくるところあり。ピアノはクラシック音楽が基礎になってる世界なわけで、この悠久の法則好きな傾向が何らかの影響を及ぼす可能性あり。

はい、それではこんな感じでレッスン1回目に行ってきました~。


■ ぶち当たった壁(第3号)

まず簡単に挨拶をして、椅子の高さを自分で調節する方法、座る位置(ピアノからの距離)、姿勢、肘の高さ、指を置く位置などを教わる。「弾きたいものを弾いてください」と言われたので、上記の動画の通りの演奏を披露しようとしたところ、、、


弾けない~(゚Д゚) 鍵盤の幅が違って全然弾けない~!!!

…となった。何度トライしても「あるぇぇ(゚Д゚)?」「あるぇぇ(゚Д゚)?」の連続で、想定外の事態にあたふたとなり、先生に「ゆっくり弾いてみてください」と言われても、結果は変わらなかった。「右手だけで」になると、多少弾けたかもしれない。

いま振り返ると、小指をニュ~と伸ばして弾いてた箇所が特に混乱の元。確実に場所を間違うし、もし押せたとしてもそれは偶然の産物で、自分の中の、何ていうかとっても大事な「好ましい音楽の調子」には程遠かった。


その他の指摘

・「開始が楽譜のとおりではない」 → それは承知の上だったがしかし、鍵幅の違いにあたふたしている状態では、対応できない。
・「タイ(鍵盤を押しっぱなしにして音を伸ばす)の無視」 → やはり鍵幅の違いが大きすぎて、対応できない。自宅練習ではサスティンの長い音源(オルガンなど)を使えとのこと。
・「自分で何の音を弾いているかを意識していない。自動的な指の動きに従っているだけ」 → これも前々から承知していた。意識しながら弾くのでないと、弾けるパートが増えていくに連れて、自動的動きを覚えきれなるだろうし、後述する鍵盤の勝手の違いにも、永遠に対応できそうにない。

ホッとしたところ

・テーブルに10指を置いた状態で個別にいろんな指で叩くテストのとき、最初にしては各指の音の粒がかなり揃っているとのこと。事前の指トレーニングが功を奏した模様ヾ(・∀・)ノ
・このとき薬指については、先生ですら単独で「コツンコツン」言わせるのは無理で、小指も浮かせて叩くのが普通であるとのこと。


■ レッスン後の雑考

自宅の鍵盤と教室のグランドピアノ…。レッスン前、押す強さの違いは覚悟していたものの、鍵幅の違いがこれほど大きな問題になるとは思ってもいなかった。このような鍵盤ごとの勝手の違いは大きな壁だと感じた。教室のグランドピアノはレッスンの時間にしか触れないので…。

気づいたのは、鍵盤楽器とは基本持ち運び不可で、演奏家は様々な会場の様々な楽器を弾くのではないかということ。そのため、一台の楽器、、、自分の場合は自宅のMicroKeyに依存しているのではマズいということ。

自分の出自である20世紀の洋楽だと、、、例えば、クイーンのブライアン・メイとかは愛用の自作ギターを50年以上も使って(と言われている、あまり詳しくない)いて、ライブでもそれを持ち歩いていると思われるが、鍵盤演奏だとそうはいかないっぽい。

これまでの自分の常識とは違って、鍵盤楽器とは一台の愛用物に依存していてはいけない楽器、各鍵盤の勝手の違いに苦しむのが宿命の楽器なのではないか…。ただしMicroKey Air はiPhoneアプリから音が鳴らせるので、持ち運びできるのが売りではある。

しかし、今後もレッスンを継続するにあたって、あの、レッスン時間にしか触らせてもらえないGピアノのことを考えると、自宅の機器による自宅の練習だけでは、とてもじゃないが対応できそうにない。そういう恐怖を感じた。


次回までの対策
・ハードオフに行って、様々なメーカーの様々な鍵盤を買うか試奏する。ジャンク品で音が酷くても所々鳴らなくてもよい。そして各鍵盤の勝手の違いに対応する。
・そのとき、自分が「いま何を押しているか」を意識しながら弾く。タイがあるところも、今までの自動的運指とはチョットだけ違う動きを要求されるわけだが、そのこともハッキリ意識しながら弾く。
・まとめると、ジャンク品のいろんな鍵盤を超スローモーションで弾くのが良さそう。
・電気店に行って同じことにチャレンジする。つまり長々と試奏する、店員さんに白い目で見られるまで^^;

スポンサーサイト

テーマ : ピアノレッスン
ジャンル : 音楽

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。