スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Podium64bit化計画2 ~jBridgeの使い方の補足など~

Zynewave Podiumの64bit版で、32bit用のプラグインを使う方法の続きです。前回の記事では、jBridgeの基本的な導入方法を説明しました。こちらの記事では、その他の細かい注意点をまとめていきます。


補足1 32bitでのプロジェクトをどうするか?

私の導入方法は、32bitでのプロジェクトとプラグイン設定を乗っ取るというものでした。前回の記事の通り、私は32bitでの制作環境が長く、32bitでのプロジェクトがたくさんあります。

それらはどうなるでしょうか? 上手く移行できるでしょうか???
私のような使い方の人はあまりいないかもしれませんが、いちおう備忘録的に説明します。

結論から言うと、32bit環境で制作してきたプロジェクトは、トラックへのプラグインの割り当てがやり直しになります。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium64bit化計画1 ~jBridgeの使い方を詳しく~

前置き:

Zynewave Podiumをフリー版でも製品版でもダウンロードすると、32bit版か64bit版の選択を迫られます。
このとき、よく分からずに32bit版を選んで長く使っている、、、つまり多数のプロジェクトを設けている人はいませんか?

かくいう私がそうでした^^;
理由を思い出すと、、、32bit用のプラグインを長く愛用していて、それが使えるのか使えないのかよく分からなかったからですね。
そしてDAWを手にするときには、他にもたくさんの気がかりや疑問、期待をわんさか抱えているので、この「32bit版か64bit版か」の判断は後回しになりがちです。「なに~、jBridgeってのが必要なの~!? 何それ~?? 早く、いま使えるものを使いたいよ~」、…このような内なる声に従って32bit版を使いはじめ、今日に至っています。

これは結論から言うと、「今の時代、できるだけ早く64bit版を選んだほうがよい、多少お金かかるけど!」が正解だと言えます。
32bitで多数のプロジェクトを組むと、64bit版への移行が大変になるからです。

今回はそんな話しを個人の備忘録的に進めます。前半は基本的な導入方法で、後半(こちらの記事)は細かい補足です。


続きを読む

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Zynewave Podium の使い方:小ワザ編

最近、Podium のマニュアルをおもむろに和訳していて、DTM作業の役に立つ小技がいくつか見つかったので記事にまとめます。

DTMとは…! トライ&エラーの連続だからです!
何度も失敗を繰り返して、少しずつ少しずつ自分の好ましい音楽に持っていく行ないなのだと痛感しました。
ギタリストやピアニストが日に8時間でも16時間でも楽器に向かうというのなら、、、DTMerは同じくらいモニタに向かって、あれこれキーボードを叩きまくって、自分の理想の音楽へと持っていかなくてちゃなりません(きっと)!

…で、その試行錯誤を楽にする方法は、できるだけ覚えといた方がいいかな~っと思ったわけです、ハイ。


まず、アレンジメントおよびラックの画面に関するものから。



・サイドバーにHelpメッセージを表示できる

デフォルトではポップアップ表示になってたかと思いますが、使っていくと邪魔になります。これは右端に表示させておくことができます。サウンドチェックのときに適当に読んでたりすると、便利な小ワザが見つかったりします。


・左端のラック内では、VSTeを渡り鳥のように移動させることができる

リヴァーブなりEQなりの設定を別のトラックで試したいときなどに便利です。ラックに表示されるのは、マスターとトラックが一つずつ、もしくは親トラックと子トラックが一つずつですね。これら内部のエフェクトを自由に行き来させることができます。
でもコピーはできません。移動だけです。
なので、試してみてもしOKだったとき、つまり複数のトラックで全く同じ設定のエフェクトを使いたくなったら、「Move to New Gloup」で一括りにするといいでしょう。


・ナビゲーター上の再生開始位置は、「Q/W」またはテンキーの「7/9」で移動させることができる

「Q/W」キーはグリッドで設定した値の分、左に右に移動します。テンキー「7/9」の方は、Markerで設定した印しの間を左に右に移動します。いわゆるショートカット機能の一つです。
試行錯誤を繰り返す際、何度何度もプレビュー再生して出来を確認するわけです。曲のいろんな箇所を変更して、そのちょっと前から再生して聴き込みます。その再生開始位置を狙い定めやすくなります。
マーカーで曲の場面場面を細かく設定しておくと、なおさら便利です。曲の構成が決まり次第、どんどんマーカーで場面の名称をつけておきましょう。



次は、エディット画面に関するものです。



・選択ツールや鉛筆ツールでは、「Ctrl + Shift」で縦に、「+ Alt」で横に、画面を拡大・縮小できる

ノート・シーケンスのエディットでは、以前は、頻繁に画面の大きさを変更してました。その度に拡大ツールを選び、また鉛筆ツールか選択ツールに戻るという面倒を抱えていました。でもこの小ワザを覚えると、拡大ツールへ切り替える機会が激減します。
このワザは上部のトラック編成画面でも同じように使えます。


・ゴーストノートをAlt押しながらクリックで、そのトラックに切り替わる。

今まではトラック編成画面へマウスを動かして切り替えてましたが、たぶん0.5秒くらい時間短縮になります。


・ノート作成後、マウスを離す前に横移動で長さを決められる

ノートのリサイズということです。これは目からウロコでした。「ポチッ、ニュ~♪」、慣れると「ポチュ~♪」って感じで、ノート打ち込み速度が劇的に変わります。
選択ツールではダブルクリックでノート作成なので、「ポチポチュ~」って、あまりやったことない動き(ダブルクリック後にマウスを押したままずらす)をすることになりますが、これに慣れれば、鉛筆ツールを選ぶ機会も減ります。


・Alt押しながらノート選択で、リサイズできる

上記の方法を逸してしまったとき、次にリサイズできる方法です。正確には、ノートのホットスポットをAlt押しながらクリックで、リサイズできます。
ホットスポットとは、ノートの上下左右部分の、マウス当てると矢印に表示が変わるような箇所のことです。

補足として、リサイズ中にShiftを押すと、グリッドのスナップ(ピタッと収まる働き)を無視できるようになります。
これら2つの小ワザで、選択ツール使用時でもノートのリサイズが迅速に行えます。ますます鉛筆ツールを選ぶ機会が減ります。


・複数のノートを選択して、「Alt」+ 左端のグリッドの数字(Bar~128)クリックで、まとめてその長さに変更できる

「♪ ボーボーブーブー」なベース音を「ボッボッブッブッ」に一瞬で切り替えたりできます。


・選択したノートを移動し始めたら、「Alt」押すと、縦か横方向への移動を阻止できる

あるフレーズを、曲の遠く離れた箇所にコピペするときに、音程がズレたりしませんか(手の動きとして)? このような余計な移調を防ぐことができます。


・ノートを選択したら、「+-」キーでヴェロシティが変化する。

クオンタイズに従った値で変化するみたいです。ものすごい数のノートのヴェロシティを、まとめて、一定の値で変更させたいときに有用です。
でもテンキーでできる/できないがあるようです。私のPCではテンキーでこの小ワザはできません。


まとめ:

このような小ワザは、頭でというより指で覚えるべしです。箸の持ち方のように意識せずに行えるまで慣れておくと、作業がはかどること間違いありません。

マニュアル読み込む前は、選択ツール・鉛筆ツール・拡大ツールの3つを頻繁に切り替えていましたが、今では選択ツールのみで、打ち込みに必要な動作をほとんど全部行えるようになりました。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium のここが分からない! その7

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを、大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は、、、
「Kontakt5 のマルチティンバーってどうなってんの~(゚Д゚)ハァ?」
です。


前置き:

Zynewave Podium と Native Instruments の Kontakt 5。。。Kontakt はその道では有名なサンプラーで、一台の起動でいろんなサンプルネタを鳴らせます。それらを DAW でトラックとして個別に扱えたら、どんなに便利でしょうか。
私は今まで、1トラックに一台の Kontakt を割り当てるという、不便極まりなく宝の持ち腐れもいいところな使い方をしてきましたが、とうとう我慢ならなくなりました。
そこで、いわゆるマルチティンバーというのでしょうか(マルチアウトとかマルチプロセスなどいろいろ言い方があるっぽい)、そういう使い方を学んでいきます。


方法:

今回は結論の画像を先に載せます。Podium での設定はこれまでの通り(sfz+ や Reaktor の場合を参照)で、次の各プラグインに固有の設定を、最終的にこうすればよいのでは?という図です。

図1(クリックで拡大します)
Kontakt1.png


要するに、Output セクションを開いて、必要な分のチャンネルを用意して、アウトプットの番号(1|2、3|4、5|6)を割り当てればよいのでしょう。
その右のAuxチャンネルは、今回の問題解決とは微妙に筋違いのようなので、またの機会に調査します。


大問題:

それで、すぐに厄介な問題にぶち当たりました。アウトプット番号を割り当てたい(赤丸のところ)のに、1|2 しか表示されず、割り当てられないのです! このままでは、ピアノロールからのインプットは別々のサンプルに割り当て可能なものの、アウトプットが先頭のトラック一つからのみになります。

図2

Add Channel ダイアログを開いても 1|2 しか表示されない(TдT)

図3

Channel Configuration ダイアログで変更しようにも、1|2 しか表示されない、なんじゃこりゃ(゚Д゚)!!


…で、「そんなはずはない!」といろいろ格闘してみた結果、図1のように複数の番号に割り当てられるようになりましたが、その方法は未だ分からないままです!!
数時間いろいろ設定をいじった結果、いつのまにか図のようになってたので、「これは強敵だな」と思って、Presets/Batch Configuration のところからその設定を保存しました。
今の私は、1|2 ~ 9|10 までの5つのチャンネルを使えますし、その設定をデフォルト状態にしてますが、これ以上の変更はできません!
まぁ5つもあれば充分であろうと踏んで、この記事の作成に移りました。


考察:

考えられる原因は、、、マニュアルから引用します。

Kontakt 5 Application Reference Japanese.pdf の134ページ

……。オーディオ・ホストで KONTAKT をプラグインとして使用する場合、各ホストが複数のアウトプットでプラグインを処理するため、少々複雑になります。

ホスト・モードで割り当て可能な(モノラルの)オーディオ・チャンネルの最大数は、VST バージョンのKONTAKT では32 に制限されています。AU と RTAS のバージョンでは、16 に制限されています。VSTプラグインは特殊で、それぞれ 8、16、32 のアウトプットがあります。 AU と RTAS 環境では、ホストがアウトプットの実際の数を決めます。 詳しくはお持ちのホスト・プログラムの説明書をご参照ください。

KONTAKT はインスタンス化の間、アウトプットの数を伝える必要があります。つまり、動作中はアウトプット設定をすぐに変えることができないということです。 その結果、Outputs セクションで何かを変更しようとすると、ウィンドウが現れ、ホストがその変更に対応できるように、ソングを保存して再ロードするように求めてきます。 再読み込みの前に、Presets/Batch Configuration メニューで Save current output section state as default for サブメニューから最適なオプションを選択してください。
ん~、分かったような分からないような…。動作中は設定変更はできないってのは、まぁ分かります。では設定変更が可能なタイミングとは一体いつなんでしょうか??? 演奏を止めているときでも変更はできませんし、何のサンプルを読み込ませてない状態でもできません。

ところで、真ん中の「8、16、32のアウトプットが~」というのは、source を選ぶときの「Kontakt 5 8out、同16out、同無印」のことなんでしょうね。何故わざわざ制限を設けたのを3つ用意するのかは、もしかしたら Strings用に一台、ドラム用に一台などと分けて使うためなのかもしれません。


まとめ:

Podium で Kontakt をマルチティンバーで使用する方法は、よく分かりません。とにかく、図1のように 3|4 ~のアウトプット番号を設定できたら、必要な分だけそれを繰り返して、デフォルトで保存しておくべしです。

今回はこれでおしまいにしますが、もしまた正しい方法が分かったら、以下に追記します。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium のここが分からない! その6

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを、大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は、、、
「Reaktor のマルチティンバーのやり方を教えてくれぇぇぇ!!」
です。


前置き:

Zynewave Podium と Native Instruments の Reaktor。。。私は今まで1トラックにつき一つの Reaktor を起動して使ってきましたが、だいぶ面倒になってきました。音色を一斉に変更したいときなどに不便です。
そこでマルチティンバーというのでしょうか(マルチプロセスとかマルチアウトとかいろいろ言い方があるっぽい)、、、一個の Reaktor だけを起動して、複数のトラックで鳴らす方法を探っていきます。もちろん、トラック別に異なるピアノロールを割り当て、それぞれPAN振り、ボリューム調整、ソロ・ミュートの切り替え等の操作ができるような形でです。

Reaktor はかなり特殊なプラグインです。Instrument の集まりが Ensemble だったり、Preset を Snapshot と呼んだり、Module という概念もあったりで、Podium に対するインプット・アウトプットのやり方も他のプラグインとは少し変わったものになってきます。その使い方を学んでいきます。


やり方:

その一個だけ起動する Ensamble として、Steampipe 2 を試しに選びました。




Podium 上での設定は、他のプラグインと変わりありません。


Podium の玄関みたいなページで「○○#1 out ~」の Device Mapping Properties を開き、トラックの数に応じて、channel の数字を割り当てます。詳しくはこちらの記事をどうぞ。


ここからが、各プラグインに固有の設定が必要になってくる段階です。Reaktor の場合は、、、何回も試行錯誤を強いられましたが、out port の数が足りないのだと分かりました。

画像(クリックで拡大します)を使って一気に説明します。

クリックで拡大

1、Structure ボタンを押し、Structure 画面にする。
2、Instrument と Out Port を丸ごと Duplicate<複製>する(同時選択可)。
3、各 Instrument を選択し、CONNECT の Channel のところを、 Podium のトラックの○番目に合わせる。


これで、一台の Reaktor による複数トラックでの同時演奏が可能になりました~。Snapshot を変更すると、割り当てたトラックの音色が同時に丸ごと変わって便利です。




残った課題:

・Prism などは Structure が複雑すぎて、CONNECT の Channel を選ぶところが分からない。最終出力場所の Out Port を増やしたら、トラック別に鳴らせるようになった。ところが聴いてみると、違うPAN振りをしたはずのピアノロールが全部一緒くたの位置で鳴っている。つまりモノラルでしか鳴っていない。さらにレンダリング中に Podium が確実に落ちる。負荷の大きい使い方なのかもしれない。
・上のやり方も、Instrument を複数立ち上げているわけで、複雑なピアノロールを別々に同時演奏させると、レンダリング中に Podium が落ちることがある。やっぱりCPUへの負荷が大きいのかもしれない。


まとめ:

プログラム組める人とか、Reaktor を使い慣れている人からすれば何でもないことなんでしょうけど、structure 画面を見ているだけで頭が痛くなってくる私には、何もかもがチンプンカンプンでした。でもとりあえず目的は達成されたので、今回はこれでおしまいにします。

Reaktor で別々のアンサンブルを立ち上げる、、、つまり、上物を Steampipe で鳴らして、Limelite でリズムを刻むなどの使い方もしてみたいです。その場合、、、
・一台の Reaktor 内で、Instrument を複数組んだ方がいいか、
・トラック別に複数の Reaktor を割り当てた方がいいか(CPUへの負荷的に)、
・さらに、そこにFX系の Ensemble を割り当てるにはどうしたらいいか
…などなど、まだまだ Podium での Reaktor の使い方には分からないところがいっぱいです。今後も検証を続けたいと思います。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium のここが分からない! その5

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを、大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は前回の続きで、、、
「Device Mapping Properties の内容を詳しく知りたいぃぃぃ 2!!」
です。



MIDI input configuration (plugin output):

If a MIDI input interface is configured you can choose to filter the incoming MIDI to a specific channel. This can be useful if you have a MIDI controller that supports selection of MIDI channel. If you create separate device mappings for each channel, and assign these to your instrument tracks in an arrangement, you can control the different instruments just by switching MIDI channel on your controller.

MIDI 入力インターフェースが設定されている場合、あなたは特定のチャンネルに入力してきたMIDIをフィルタするために、選択することができます。
これは、あなたがMIDIチャンネルの選択を持つコントローラーを持っているときに便利です。
あなたが、各々のチャンネルに分けられた device mappings を作成するならば、そしてそれらを arrangement 内の instrument tracks に割り当てるのならば、コントローラー上のMIDIチャンネルをスイッチしながら、異なる楽器をコントロールできます。


The Transpose notes on input setting will transpose all incoming MIDI notes before they are sent to the receiving device or recorded to sequences. This is useful if you have a MIDI controller that does not allow easy transposition of octaves. You can then create alternative input mappings with different octave transpositions and just switch among these in the track inspector input panel.

「Transpose notes on input」のセッティングは、受信デバイスへと送られる前に、もしくはシーケンスに録音される前に、入力してきた全てのMIDIノートを移調します。
これは、あなたが何オクターブもの簡易な移調の機能がないMIDIコントローラーをもっているときに、便利です。
そうして、異なるオクターブに移調した代替的な input mapping を作成したり、track inspector の input panel 内でこれらの間をスイッチしたりできます。


If the mapping is configured with both a MIDI input and output interface then the Send input thru to output interface option determines if the received MIDI input should be echoed straight through to the output interface. This option should be set only if the local on/off setting on the external device is set to off, otherwise you will get 'double notes' played on the device.
Setting the device to local off, and enabling the mapping thru option, will route the keys and controllers action on the device into Podium before being sent back to the device for playback. This allows you to record the performance in Podium.

マッピングがMIDIへの入力とインターフェースへの出力の両方で設定されているとき、「Send input thru to output interface」オプションは、前者が後者へと反響されるべきかどうかを決定します。
このオプションは、外部デバイス上のローカルなオン/オフのセッティングがオフの場合にだけ、セットされるべきです。そうしないと、”二重のノート”がデバイス上で再生されます。
マッピング・オプションを有効にしながら、デバイスをオフにセッティングすることは、キーとコントローラーの動きを Podium 内のデバイスに通します。再生デバイスに送り返される前にです。
これは、あなたに Podium での演奏の録音を可能にします。


MIDI output configuration (plugin input):

The MIDI output Channel should be set to the same channel that is selected on the controlled device. Furthermore, if the device supports SysEx, the SysEx device ID should match the device setup. The two SysEx variables provide a means to encode mapping related numbers into the parameter SysEx messages. Depending on the device this could for example be a part number that corresponds to the MIDI channel number.

MIDI出力の「チャンネル」は、コントロールされるデバイス上のと同じチャンネルにすべきです。
さらに、デバイスが SysEx をサポートしている場合、「SysEx device ID」は、デバイスのセットアップと一致させてください。
二つの SysEx の変数は、parameter SysEx messages 内へと数字が関連したマッピングをエンコードする手段を提供します。
これは例えば、デバイス上に依存しながら、MIDIチャンネルの番号に対応するパートの番号にできます。

The Device is an instrument option is used by Podium to distinguish between effect and instrument mappings. This determines for example what kind of sequence is created by default on tracks assigned with this mapping. If configured as an instrument, note sequences will be created. Otherwise curve sequences will be created for parameter automation.

「Device is an instrument」のオプションは、Podium がエフェクトと楽器のマッピングを区別するために使われます。これは例えば、どんなシーケンスがデフォルトでトラック上に作成されるかを決定します。
楽器として設定されている場合、ノートシーケンスが作成されます。そうでない場合、カーブ・シーケンスがパラメーターのオートメーションのために作成されます。
頭痛くなるような文章の連続でした。よく分かりません。
「Device is an instrument」のチェックは、確かにVSTi だと入っていて、VSTe だと解除されてますね。プラグインをロードすると自動的にそうなるようです。


Audio configuration:

If the mapping is configured to use audio you can select how many source and target channels are used by this mapping. If the device being mapped is a multiple IO plugin or an external device connected to a multiple channel audio interface, then you can set the First channel to offset the channels into the number of available channels.

マッピングがオーディオ使用に設定されてあると、あなたはたくさんのソースやターゲットのチャンネルを、このマップから選べます。デバイスがマルチIOプラグインにマッピングされていたり、外部デバイスがマルチなチャンネルに接続したりの場合、あなたは「First Cahnnel]をセットして、利用可能なチャンネルの番号にオフセットすることができます。


Note that the source and target channels are to be seen from the perspective of the Podium mixer engine. For audio interfaces 'source' refers to the audio interface inputs, but for plugins 'source' refers to the plugin outputs. It is perhaps easier to think of source channels as 'providing a source of audio to the Podium mixer engine'.

ソースやターゲット・チャンネルは、Podium のミキサー・エンジンからの視点であることに注意してください。
オーディオ・インターフェースにとって、「Source」はその入力を指しますが、プラグインにとっては出力を指します。
「Podium のミキサー・エンジンへオーディオのソースを提供する」、、、ソースのチャンネルをそのように捉えることは容易なはずです。


ここでいうソースやターゲット・チャンネルの図


選ぶものがたくさんあるとすぐ目が回ってしまうタチですけど、stereo (2 channels)を選んでおけば、とりあえず間違いはないでしょう。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium のここが分からない! その4

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを、大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は、、、
「Device Mapping Properties の内容を詳しく知りたいぃぃぃ!!」
です。

これはマニュアルを丸ごと訳して解決に持っていきます。リンク元 → Podium Guide
(保証なしのガイドで、誤りや不正確さに Zynewave は責任を負わないとあります。当然にこの和訳もその影響を受けます)


3.5.1. Device Mapping Properties




To display the Device Mapping Properties dialog for a device mapping, locate the device mapping on the project start page, right-click it and choose Properties.

「Device Mapping Properties」のダイアログを表示するには、project start page でデバイス・マッピングを見つけ、右クリックで「Properties」を選びましょう。


The Device definition drop-down list is used to select a device definition folder that will contain preset and parameter objects for this device.

「Device definition」のドロップダウン・リストは、Device definition フォルダの選択に使われます。このフォルダには、そのデバイスに関するプリセットやパラメータが含まれます。


The choices for Mapping type are: Audio/MIDI interfaces, mixer bus, VST plugin, and ReWire device. Various settings in the dialog will be disabled if they have no relevance to the selected mapping type.

「Mapping type」の選択肢は、Audio/MIDI interfaces、mixer bus、VST plugin、 と ReWire device です。選択したマッピングタイプへの関連性を持っていない場合は、ダイアログ内の各種設定は無効になります。


Select Link to global instance and specify a number if this mapping is referring to an instance that is shared with other mappings. When used with plugins, the instance number is joined with the plugin file name to identify a unique instance of the plugin. When used with audio/MIDI interfaces, the instance number is joined with the device definition object to identify a unique instance of the external device.

「Link to global instance」は、このマッピングが他のマッピングと共有されたインスタンスを参照している場合は、リンクを選択し、番号を指定しましょう。
プラグインとして使用する場合、インスタンスの番号は、プラグインの一意のインスタンスを識別するために、プラグインのファイル名と結びついています。
オーディオ/MIDIインターフェースとして使用する場合は、インスタンスの番号は、外部デバイスの一意のインスタンスを識別するために、device definition オブジェクトと結びついています。


The interface settings will be available when the mapping type is set to audio/MIDI interfaces. If you only use one MIDI interface in your studio setup, you would typically select the <any available interface>> option, to ensure that the mapping will still be valid if you later change your MIDI interface. If you use several MIDI interfaces you need to select the specific interface that this device is connected to.

インターフェースのセッティングは、「Mapping type」が Audio/MIDI interfaces にセットされているときに利用可能です。一つの MIDI インターフェースを使用するだけなら、大抵は<利用可能なインターフェース>のオプションを選択するでしょう。後に、MIDI インターフェースを変更しても、マッピングがまだ有効であるのを確実にするために…。
もし、いくつかのインターフェースを使用する場合は、このデバイスが接続されてある特定のインターフェースを選択する必要があります。
なるほど、「Link to global instance」の数字は、プラグイン名に続く #○○ のことだったんですね。そして同じ数字の集まりをインスタンスと呼ぶようです。
試しに、適当なプラグインで新しいインスタンス #2 を設けてみたら、ここの数字は2になりました。自動的に合わせてくれるようです。


Plugin configuration:

For software plugin mapping types, the plugin file name should be entered either directly or by locating the installed plugin with the Browse plugin dialog. If your plugin is located within the folder path of the default VST folder defined in the Plugins preferences tab, you should select the Relative path option. This will remove the absolute path part of the file name. If you later relocate your VST folder or try to open the project on a system with a different VST folder location, the plugins can still be found with the relative path.

ソフトウェアのプラグインの場合、ファイル名は直接に、もしくはインストールされたプラグインを参照しながら、入力する必要があります。「Browse plugin」を頼りましょう。
Plugins preferences タブで定義されたデフォルトのVSTフォルダのパスを参照する場合、「相対パス」のオプションを選ぶべきです。これは、ファイル名の絶対パス部分を取り除きます。
後でVSTフォルダを再配置したり、別のVSTフォルダの場所でプロジェクトを開こうとしたりしても、プラグインは相対パスで発見されます。


If the Use generic editor instead of plugin editor option is enabled, Podium will open the generic plugin editor window, even if the plugin has its own native editor. This may be preferable if the plugin native editor is badly designed. Some native plugin editors may even be unstable and cause crashes.

「Use generic editor instead of plugin editor」オプションが有効な場合、Podium は汎用的なプラグインのエディタ・ウィンドウを開きます。もし、そのプラグインが自身のネイティブなエディタを持っていたとしてもです。
これは、プラグインのネイティブなエディタが酷いデザインの場合に、望ましいかもしれません。ネイティブなエディタの中には、不安定でクラッシュを引き起こすものがあります。
最後の部分、ちょっと Glass Armonica という VSTi で実験してみました(別にこれが酷いデザインだというわけではありません)。下の画像のように変化します。Generic Editor とはそういうことです。アルファベット順にパラメータが並ぶので、ちょっと戸惑います。

文字が小さくて見えないとか、ツマミが操作しにくいというプラグインの場合、このように切り替えてもいいかもしれません。
試しに Piapro Studio のような複雑な、generic に出来そうにないものをやってみたら、灰色の平原が広がるだけでした…。

後半に続く)

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium のここが分からない! その3

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを、大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は、、、
「マルチプロセスのやり方(製品版)を教えてくれぇぇ!!」
です。


前置き:

Podium で複雑怪奇なトラックを組んだ音楽をつくりたいという思いが募って、この秋に製品版を購入しました。円高前でちょっとだけ助かった~とか思ったのは余計な話しです。
…で、マルチプロセスっていうんですか、マルチアウト? パラアウト? …マルチティンバー音源?の使用目当てで、製品版購入に踏み切ったわけなので、そのやり方をこの記事で学んでいきます。ズバリ、sfz+ や Kontakt5 を一台だけ起動して、複数のトラックにいろいろな音源を割り当てて使う方法を学んでいきます。


sfz+の場合:

とりあえずいろいろ試してみた結果、なんとか音が鳴りました。そのときの注意事項をまとめます。

図1
クリックで拡大


図1は Podium の玄関みたいなところ、、、Project Start Page の右下部分です。クリックで拡大します。
赤丸の部分がマルチ音源として設定が必要な箇所です。

設定の手順:

1、赤丸内をダブルクリックして、「Device Mapping Properties」を開きます。
2、黄色の「Link to global instance」のところにチェックを入れる。数値は今はよく分かりませんが、1でOKです。
このチェックを入れないと、デバイスが働きません。↓の図2のように、黄色に光って警告が出ます。

図2

「A Preset must be assigned to store changes made in the plugin editor.」とは、「プリセットは、プラグイン・エディタで行った変更を保存するために割り当てる必要があります…」のようなメッセージです。

3、図1の青丸でチャンネルを設定する。青線の部分が対応して、表示が変わります。
4、黄緑の部分も数値を設定する。左の変更に対応して、右側の四角の表示が変わります。
「sfz+ #1 out 1+2」が stereo (1-2) のチャンネルを担当し、2つめの「sfz+ #1 out 3+4」が stereo (3-4) のチャンネルを担当するように設定していくと、OKっぽいです。つまり、5つめなら 5*2-1 で 9 というように、2倍マイナス1の数値を First Channnel ってところに定めます。

5、次に、Arrangement のウィンドウに移って、sfz+ #1 のデバイスを開きます。チャンネルにいろいろなサウンドフォント等を割り当てて(これはいつもやってること)、、、

図3


6、図1の青丸の数値と、図3の青丸2つの数値を合わせます。sfz+ #1 のチャンネル2の音が、図1で定めた通りに stereo (3-4) から鳴る、、、という概念だと思う…。
特に、OUTPUT を変更せずにデフォルトの1のままにしておくと、全てのチャンネルの音が stereo (1-2) のみから鳴るので、そういうことじゃないかと…。


これらの設定を施すと、↓のように、いわゆるマルチなんとかのように音が鳴ります。

図4


一つの sfz+ #1 をGUI表示させると、複数のトラックの source 部分が白く光って反応し、音量メーターも別々に動くので、おそらく成功したのだろうと思われます。


残った課題:

・6のOUTPUTは、sfz+ だと1~8までしか選択肢がない。それ以上のサウンドフォントを使いたい場合、どうすればよいのか?
・これに関連して、Device Mapping での「sfz+ #1 out 1+2~」と「sfz+ #1 midi 01~」の違いは何か?
・Device Mapping Properties での他の訳の分からない設定の数々。


まとめ:

分からないことだらけではあるけど、とりあえずマルチアウトな音が鳴る設定だけは得られました。繰り返すと、、、
1、「Device Mapping Properties」を開く。
2、「Link to global instance」のところをチェック。
3、MIDI output の設定。
4、Audio Configuration で2倍マイナス1の設定。
5、sfz+ でのいつも通りの音源割り当て。
6、OUTPUT の設定。

…です。1~4までの手順が基本的な、どのマルチ音源でも必要な Podium 上の設定で、5以降が各音源に固有の設定になります。6のOUTPUTに当たる設定が各音源にあるハズ、、、というか明らかに必要になってくるので、今後も調査・検証を進めます。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium のここが分からない! その2

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は、、、
「Stickie Notes の使用意図は一体なんなんだぁ!?」
です。

これはマニュアルを丸ごと訳して解決に持っていきます。リンク元 → Podium Guide
(保証なしのガイドで、誤りや不正確さに Zynewave は責任を負わないとあります。当然にこの和訳もその影響を受けます)


2.4.7. Stickie Notes



Stickie notes can be attached to objects in the project as well as tracks in arrangements. The project start page shows stickie note buttons in the object info panels. The track inspector shows a stickie note button for the focus track. Stickie notes can also be shown in project browser lists. A stickie note button will have a dimmed image when the note is empty, and a bright yellow image when the note contains text. Hovering the mouse over the button will temporarily pop up the stickie note.

Stickie Notes はプロジェクト内のオブジェクトに対して、アレンジメント内のトラックと同じように装着させることができます。
Project Start Page ではオブジェクトのインフォ・パネル内に Stickie Note ボタンが表示されます。
Track Inspector では、フォーカス・トラックのところにボタンが表示されます。
Stickie Notes はまた、プロジェクト・ブラウザにも表示されます。
Stickie Note ボタンは、ノートが空のときは淡色のイメージを、ノートがテキストを含んでいるときは、明るい黄色の画像になります。マウスをボタンの上に置くと、同時に Stickie Notes がポップアップ表示されます。


To edit a stickie note for an object, open the stickie note window by clicking the stickie note button or by using the the Stickie Note command in the object right-click menu. Pressing Alt+N opens the stickie note window for the current focus object.

Stickie Note を編集するには、Stickie Note ウィンドウを開きましょう。ボタンのクリックか、オブジェクトの右クリックメニュー内の「Stickie Note」コマンドを使います。Alt + N でも、現在フォーカスしているオブジェクトの Stickie Notes が開きます。


To remove a stickie note, just delete all the text (including spaces and linefeeds) in the stickie note window. The quickest way to do this is to press Ctrl+A to select all the text, and then press the delete key.

stickie note を消去するには、ウィンドウで(スペースや改行を含む)すべてのテキストを削除します。これを行うための最も簡単な方法は、すべてのテキストを選択するために、Ctrl + Aを押して、Delete キーを押すことです。


If you enable the Pop up project stickie note after loading project option on the Projects preferences tab, then the project stickie note on the project start page will automatically pop up and stay open every time a project is loaded. To make the stickie note go away just move the mouse cursor over the stickie note button.

Set Up の Preferences タブで、「Pop up project stickie note after loading project」を有効にしていると、project start page の project stickie note は自動的にポップアップ表示され、プロジェクトがロードされている全ての時間で開いたままになります。stickie note を隠すには、ただマウスカーソルを stickie note ボタンからずらすだけです。

考察:

「stickie」とはネバネバという意味ですが、使用意図は明記されてません。画像を見ると、付箋のようなメモ書きに使えそうです。
ウィンドウは大きさを自在に変更できるので、日記のように、プロジェクトの作業工程を延々と書き連ねる使用方法も考えられます。でもポップアップ表示は幅が固定されているので、改行が多くなると、下の方が見えなくなってしまいます。


結論:

メモ帳を使った方がいい。俺はメモ帳を使う。

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

Podium のここが分からない! その1

Podium という DAW を使っていて疑問に感じたことを、大ざっぱに解決していきます。

今回のお題は、、、
「midi ファイルをまとめて読み込む方法ってないのぉぉぉ!?」
です。



前置き:

midi をトラック部分にドラッグすると、いわゆるインポートが可能だというのは、直感的に分かりました。
でも! それは頭の1トラックだけなんです!!

「なに~!? …するってぇと、複数のトラックの midi を読み込ませるには、いちいち個別にトラックを書き出して、一つ一つドラッグしていくしかないのぉぉぉ!?」と疑問に感じつつもそうしてきましたが、あまりに面倒くさすぎて、、、ついにこの問題を解決する決意をしました。
方法は単純に、Podium Guide を読み込み、該当の箇所を探すことです。



ガイドの和訳:

それっぽい記述は、2. Project の5. Project Start Page のところにありました。以下引用。

2.5.4. Contents Menu



・Import File...: Various types of media files can be imported to create either arrangement or sound objects. Importing a sound file (.wav or .aif) will create a sound object that links to the sound file. Importing a MIDI file (.mid) will create an arrangement. The tracks in the arrangement will be set up with the first available instrument in the devices list that matches the MIDI channel numbers specified in the MIDI file. Note that you can also import MIDI files by dragging and dropping them onto tracks, but in that case only the first note or curve sequence in the MIDI file will be imported onto the track.

メディア・ファイルの幾つかの種類は、アレンジメントかサウンド・オブジェクトのどちらでも、作成のためにインポートすることができます。サウンドファイル(.wav か .aif)のインポートは、サウンドファイルにリンクしたサウンドオブジェクトを作成します。
MIDIファイル(.mid)のインポートは、アレンジメントを作成します。アレンジメント内のトラックは、最初に利用可能な楽器をデバイス・リストからセットアップするでしょう。その最初の楽器は、MIDIファイルに指定された、チャンネル番号に合ったものになります。
あなたはまた、トラックにドラッグ&ドロップですることで、MIDIファイルをインポートできます。しかしこの場合、MIDIファイル内の最初のノートかカーブ・シーケンスだけが、トラックにインポートされるでしょう。



検証:

早速やってみました。



この、Podium の玄関みたいなページの、黄緑で囲んだところを右でも左でもクリックすると出てくるメニューの一番下ですね。「ctrl + I」でも可能です。
ダイアログが開き、無事、まとめてインポートすることができました。.pod .mid .wav .aif .aiff のインポートが可能なようです。

ポイント:
・数多くのトラックがちゃんと色分けされる! Expression とかは子トラックとして、同じグループでくくられる!
・トラック名もそのまま読み込まれる! 複雑に変更したテンポも同じく読み込まれる!
・一方で、ノートがない部分は空っぽに、、、つまり、ノートのある部分だけのパートに分かれてインポートされる。
 つまり、まとめて Event を移動したい場合など、分かれたパートを一つ一つ選択しなくてはならない。
 それを防ぐためには、merge で一本の Event にする必要がある。ちょっと面倒な感じ。


感想:

こういう機能があるものだと思っていました。これ以上はもう言うことありません。一回経験すれば、あとは疑問に思うことも無くなるような話しです。早めに気づけばよかった…orz

テーマ : DTM
ジャンル : 音楽

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。