スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュープリズム・ルウ編攻略 8

あらすじ
クレアを救うという目的達成のために、空中のヴァレンの聖域に行かなくてはならないルウくん。
メルの所に行くと、ウィーラーフの力を借りなさいとアドバイスを受けた。怒りの山に行く。
ドールマスターとモードマスターが邪魔しに来たけど退治する。

ウィーラーフに一回だけ変身できるようになって、単身でヴァレンの聖域に向かう。
いろいろ倒して終わり。

クリアーしての感想
物語としては、最後にいろんな人から暖かい助言や励ましの言葉をもらうのがよかった(特にクラウス)。終盤になって出てきたデュープリズムも、天・地・時・命って哲学的なテーマを汲んでいて、物語に深みを与えたと思う。
ゲームとしては、ジャンプの動きが面白くて単に街を移動するのにもジャンプして移動したり、一度攻略したダンジョンで気ままに踊って遊んだりした。
しかし、着地、、、というか地面と落っこちるところの区別がはっきりしなくて、何べんも手こずったのが残念だった。動き自体は面白いんだけど、飛び移る(特に斜め方向)のが終始苦手なままだった。
そのうちミント編も遊んでみたいところ。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

デュープリズム・ルウ編攻略 7

あらすじ
すっかり様子の変わった湖畔に行ってみる。塔内でドールマスターたちとマヤ殿下の会話イベント。遺産の封印を解くかどうかで意見が分かれる。
ルウが宿屋に泊まると外から呼ぶ声がする。クレアだった。クレアの影を追って街中を移動。ついに教会で対面へ。しかしサイコマスターが現れる。クレアは偽物くさい。戦闘。クレアを助けたかったら湖畔の塔に来いというので行ってみる。

延々と塔を登る。クレアの偽物、モードマスターが登場。ルウをからかう。続いてドールマスター登場。クレアを殺した「死の右腕」は彼だった! 何かルウを怒らせることで何かの目覚めを狙っている様子。戦闘に負ける。
マヤ殿下がやって来てキツく諌める。サイコマスターが殿下からブック・オブ・コスモスを奪う。ドールマスターが倒れているルウに呪文。
状況がよくつかめない。マヤ曰く、ブックが、エイオンの遺産が分解された。

ルウはブックの内奥で目が覚めた。傍にマヤ殿下がいる。殿下と共に本の中から脱出しなければならない。そのためにアタナシウスを呼ぶ。
アタナシウスはルウの額の石を見て、言いがかりをつけてくる。ルウはヴァレンの手先でアタナシウスを滅ぼし、ヴァレンとデュープリズムを目覚めさせるつもりだろう…と!?

アタナシウスを倒す。ドールマスターが登場。アタナシウスと喧嘩を始める。そしてアタナシウスを吸収してしまった。ドールマスターのこれまでの狙いは、エイオンの魔力を得るために、ルウを使ってブックを解体(=遺産の封印解除?)させることだった模様。
それを達成したドールマスターは、ルウとマヤに【物語の真実】を延々と語る。話しの途中アタナシウスが割って入ったが、ドールマスターが止めを刺した。

エイオンの魔力を得たドールマスターは、プリマドールを使ってヴァレンを目覚めさせる。湖水の遺跡からヴァレンの聖域が招来された。具体的には、地震が起きて上空に変な建物ができた。
マヤ殿下はブック・オブ・コスモスを失ったために何も持たないただの人になった。11時間4分。


メモ
アタナシウス … ブック・オブ・コスモスをつくったエイオン。本の中に精神を封じ込めて生きている。万能の存在で知らないことはないのだとか。
物語の真実 … はるか昔に定められた宿命・使命。まとめると、かなり昔にエイオン同士の争いがあって、アタナシウス側はブック・オブ・コスモスに、ヴァレン側はデュープリズムと共に永劫結界のなかに精神を封じた。東天王国はブック・オブ・コスモスによる魔法の力で栄えた。どちらかが滅ぶのを時間と共に待つという感じになったが、ヴァレンの人形という手先の駒を持っていたヴァレン側が勝利を収めた模様。
デュープリズム … ヴァレンが創りだした遺産。森羅万象を光へと還元して思うがままに変容せしめる至高の魔宝。天・地・時・命の結晶。ひとつの宇宙そのもの。これを手にした者は宇宙の諸力の根源を支配するも同然。外観としては、青い三角の板が三枚。それを囲む金色に黒模様のリングが三つ。それを囲むプリズムみたいなのが反時計回りに回っている。
ヴァレンの人形 … ヴァレンを封じ込んだ結界を解いて目覚めさせることのできる唯一の存在。ルウもその一人。額に輝くデュープリズムの欠片がその証し。ドールマスターもその一人。しかしルウは記憶を失っており、ドールマスターは能力を失っていた。


気になった会話
モードマスターがドールマスターに
「いいえ……礼を言うのは私どもです。あなたは、兵器として生まれた私どもに名前を与えてくださったのです。あなたがいてくださらなかったら私どもは……ずっと道具のままでした」

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

デュープリズム・ルウ編攻略 6

あらすじ
プリマドールにティアラを装着する。自由に動き回れるようになり、性格も素直になった。
しかしすぐにエネルギー不足のような状態に陥る。クラウスがファントマイトからアミュレットを拵えると共に、ルウはメルのところに相談しに行く。
メルの考えでもプリマドールはエネルギー不足らしい。雷を操るゴロタンの助けを借りることになる。
ポプルプルルの子に案内してもらうと、会話もなくいきなり戦闘。戦闘後、クラウス邸でルウがゴロタンに変身してプリマドールに雷を浴びせる。元気を取り戻した。

酒場でベル&デュークと会った。ルウにはもうちょっかいを出さないと言ってきたが何か隠している様子。湖畔で話したミントも同様。
プリマドールが遺跡を見たいというので湖畔に連れていく。駆けっこして遊び、人生についてのおしゃべりをする。

クラウスが夜通しの作業でアミュレットを完成させる。彼は体調を崩した。ルウは湖を渡る船を求めてロッドのもとへ。彼はただで船を貸す相手ではないため戦闘。敗れる。ロッドがむかし世話になったというミラが現われ、船を貸してもらえることになった。

何もかも準備は整った。ロッドに操縦で水路と湖を抜けとうとう遺跡に到着する。プリマドールが呪文を思い出そうとすると、ルウもその呪文を知っているという謎。
プリマドールが呪文を唱え始めると、マヤ殿下たち(ドールマスター、サイコマスター)が現れた。「遺産は危険なので封印は解かないように」という議論。マヤは遺産の力の強大さを知ってもらうためにルウに魔法を使う。するとルウが反応して変化する。帽子がなくなり、服装が変わり、身体から光。
ドールマスターがルウを封じ込め、プリマドールに封印解除の呪文を強要する。プリマドールは拒否。ルウに別れの言葉を残して自らを石に変えた。
騒然とする場にミントとベル&デュークが登場。ルウを連れてヘクサゴンで脱出する。遺跡はマヤが封鎖(東洋風の建物で覆う)した。

夜のカローナの街。酒場でルウとミントとベル&デュークが会食。互いのことをしゃべる。ミントはやはりベル&デュークと組んでいて、ルウを泳がせ、遺産を横取りするつもりだった。9時間10分。


メモ
グレアム … 街の人。むかし冒険者としてならした。彼によるとミラは10年ほど前、都の武闘大会で優勝した女剣士らしい。
ゴロタン … 大きな猫。雷のエネルギーを操る。メルの周りを飛んでるコウモリ(みたいな存在)の兄。
スカーレット・タイフーン・エクセレントガンマ … ロッドの船の名前。5つのカノンオーブから得た力で走るなど、かなり技術的に凝った乗り物の模様。
マヤ … 東天王国第二王女で、第一王位継承者。真面目な性格で全国民から尊敬を集めているとのこと。ミントの妹。
東天王国 … 700年前から遺産を守り栄えてきた魔法の国。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

デュープリズム・ルウ編攻略 5

あらすじ
クラウス邸でルウとミントが持ってきたアイテムをプリマドールに装着する。起き上がった。しゃべりもする。しかしアイテムが揃わないため歩くことも出来ない。
クラウスの調べではファントマイトは怒りの山にいるウィーラーフが持っているようだ。ルウが怒りの山へ、ミントがベル&デュークからティアラを取り戻すことになった。

怒りの山を往く。秘密兵器を携えたベル&デュークが現れ、戦闘。さらに進むとウィーラーフがいた。ルウが遺産を集める理由を疑い、戦闘によって心根、本気を見せろと来た。戦闘。ファントマイトを手に入れる。
一方でミントは、敗戦続きで不貞腐れたベル&デュークに近づき、唆したか何かで(本人は隠したがっている)ティアラを入手。
街に帰ったルウのもとに、スモーキー&ブラッドのゴロツキコンビが現われ、決闘を申し込んできた。カローナの森に行くと、ゴロツキたちが依頼したトラップマスターと戦闘。敗れる。トラップマスターは自己紹介だけで去っていった。7時間31分。


メモ
プリマドール … エルロイが研究していた遺産を解く鍵。当初、ものすごく理屈っぽい話し方をしていた。時々言語選択を誤ってミントを怒らせた。ティアラ装着で素直な性格になった。
ウィーラーフ … 1000年以上も生きている怪焔竜。貴重な宝石や鉱物をコレクションしている。頑固な性格でとてつもなく強いとか。倒すにはドドンゴに変身してハンマーで叩くといいかも。HP半分くらいまで減らすと戦闘終了。ガチンコ勝負した者には心を開くタイプの模様。
ティアラ … プリマドールを動かすアイテム。言語選択や運動機能の制御をつかさどる。
アミュレット … プリマドールに必要なアイテム。遺産の封印解除の魔力を持つ。
ヘクサゴン … ベル&デュークの秘密兵器。大サンゴ海の遺跡で掘り出した古代の魔法兵器。カニのハサミのような両手で挟んでくる。ルウでタイミングよくジャンプ斬りしないとダメージを与えられない。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

デュープリズム・ルウ編攻略 4

あらすじ
メルのレポートをクラウスに渡し、キューブを開ける。中から人形(プリマドール)が出てきた。これが鍵らしいのだが全く動かない。そこにミントが現われ、説明を加える。曰く、人形を動かすには3つのアイテムが必要。一つはゴーストテンプルにある一組ずつのガントレットとソラレット。次に河をさかのぼったガムル樹海にあるイヤリング、最後にファントマイトという鉱物から作られたアミュレット。

3人で手分けして探すことになる。ルウはゴーストテンプルへ向かう。誘っているかのように扉が開く。奥へ進んではガーディアンと戦闘。左、右のソラレット、左のガントレットの順で入手。
いったん入り口に戻って左側の扉を開けるとエレナがいた。「お手伝いしたくて」とのこと。エレナと進む。デュークがガントレットを手に入れていて戦闘。デュークはエレナに「部屋の端に行ってな」と気遣う。戦闘後、エレナも負傷したデュークの手当をする。
その後トラップで壁に挟まれかけるが、デュークの協力もあって無事脱出する。手当のお礼としてデュークからガントレットを譲ってもらう。
街に戻る。当然デュークはベルに叱られる。ルウはクレアの謎の幻を見た。6時間30分。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

デュープリズム・ルウ編攻略 3

あらすじ
クラウスによると、カローナの近くにある湖中央の遺跡に遺産が封印されているらしい。湖の遺跡の封印を解くのに必要なのが、キューブ(地下迷宮で見つけた変な箱)なのであった。
しかし使い方が分からない。メルという魔導士を頼ることになった。アトリエを訪ねると留守だった。3人の小間使い(ポプルプルル人)と遊んで時間を潰すことになった。ブランコや玉乗りや音波避けなど。

クリア後、メルと面会。迂闊に遺産に触れると危険だという忠告を受ける(悪戯と共に)。遺産は、世界が滅びてしまうくらいの力を秘めた代物であるらしい。しかし持ち前の生真面目さでメルにキューブを調べてもらうよう頼み込むことに成功した。しかし、相手の条件として、ポプルプルルの子供が一人行方不明なので、そいつを探すことになった。ルウが去ったアトリエでメルが「ルウは自分の背負っているものに気づいているのか」と意味深なつぶやきを残す。

街の人の話しではポプルプルル人は森にいるとのことで、カローナの森に向かう。森でスモーキーらゴロツキ兄弟を退治してポプルプルル人を救う。街に戻る。ルウがクレアの夢に苦しむ。
メルからキューブについてのレポートをもらう。帰りがけメルはルウに尋ねた。「君は人間ではないわね?」。そうしてルウの過去が明かされる。メルはルウを理解しつつ、改めて遺産の危険性を忠告した。

仲良しのミントとエレナが、メルのアトリエに現れた。ミントはメルに用事があるらしい。エレナと街に帰る途中、これまでの勘違い(モンスターの姿)を解いた。デューク(星になりきっている)が現れ、キューブとレポートを寄こせと来た。退治する。
その後、謎の連中の会話。サイコマスターが修羅の道を歩むとか。ドールマスターとか。マヤ殿下には秘密とか。4時間43分。


メモ
メル … びっくり箱みたいなアトリエ(ルウ談)に住む、常識を外れたセンスの持ち主(クラウス談)。
ヴァレン … 遺産を残したエイオン。エイオンたちのなかでも最大最強の魔力を誇った至高の存在。
ルウの過去 … 5年前、ルウはある遺跡で目覚めた。記憶喪失状態で何も思い出せない。外をさまよい、クレアに助けられた。そして3年前にクレアを失う。クレアの魂はルウと共にあるようだ。そのことをメルは見抜いた。ルウがモンスターに変身できるのも、彼が人間ではないからの模様。



湖水の遺跡。魚がいないらしい。



メルのアトリエ。御覧の通りのメルヘン世界。



メルの姿に驚きたじろぐルウ。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

デュープリズム・ルウ編攻略 2

あらすじ
カローナの街を探索するうちに、街で噂のロッドと出会う。他、裏通りの存在を知る。
クラウスがアトリエの資料を調べる。"遺産"には強力な封印が施されている。この封印を解くには、前時代の大魔導士エルロイという人物の研究がヒントになる。彼のアトリエがあるという地下迷宮に行くことになった。しかし入り口で地獄耳の持ち主というミント様が待っていて、手分けして探すことになった。
結局ほとんど一人での探索になる。無限ループする回廊、石版を集め石版に乗る、転がる石をよける、動く石版に次々に乗り移る、骨の翼竜と戦闘というイベントを経て、やっとこさエルロイのアトリエにたどり着いた。探索すると、変な箱とティアラを見つけた。
アトリエを去ろうとすると、ベル&デューク・コンビが現れ、"遺産"の手がかりを寄こせと来た。ルウは毅然と拒否し、デュークと戦闘。倒したことは倒したが、隙をついてベルがティアラを奪った。
帰りに、螺旋階段で骨の翼竜から逃げるイベントを経て、ヘトヘトの状態で街に戻った。3時間23分。

メモ
ロッド … 武器職人で剣士。勝気な性格。酒場での情報によると、10人前の食事を食べることができるらしい。
エルロイ … 500年前の大魔導士。カラクリ仕掛けの人形を研究していた。
カドモン … 100年前の魔法使い。地下迷宮のエルロイのアトリエ用のカギをつくったところで病に倒れた。
ベル … 薄水色髪の気の強そうな女。 "遺産"を狙っている。
デューク … ベルの手下。ヒーロー物語が好きで、そのヒーローになりきる技を使う。

感想
何だったんだ、あの地下迷宮…。クリアーするのに2時間かかった。どのイベントもやり直しさせられたけれど、特に難しかったのが動く石版を次々とジャンプするやつ。あれだけで1時間はかかったんじゃないだろうか。動作は単純なので攻略のヒントなどはない。動きに慣れるしかないんだけど、着地判定の感覚が全く掴めず、似たような失敗を延々と繰り返した。俺は今後このゲームをクリアーできるのかと不安になるほどだった。


ここが一番厄介。ここまでも手こずるし、ここ以後もまだまだダンジョンが続く。所々でミントに笑わせてもらってやる気を養う。



やっとたどり着いたエルロイのアトリエ。



デュークとベル。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

デュープリズム・ルウ編攻略 1

あらすじ
ルウ編開始。クレアとルウが暮らす家から。さっきまでの吹雪が気味悪いくらいに晴れた晩、ルウは夜明けと共に狩りに行くことにした。クレアと夕食を採る。2年前の昔ばなし。ルウがこの家に来たときのことを少し話す。急に家畜が騒ぎ出し、"死の右腕"が現れる。ろくな会話なしで戦い。クレアが加勢し、討死にした。ここまでが回想。
ルウはクレアを生き返らせる遺産を探して3年目という状況でゲーム開始。舞台は船上。スモーキー&ブラッドのコンビが登場。カローナの街に着く。探索。人になんども話しかけると、その度に台詞が変わる。森に"遺産"のヒントがあるらしい。尚且つエレナ一家が森で行方不明なので、探してみることに。

カローナの森でチュートリアル開始。一通り操作を覚える。倒したモンスターに変身するという、ファミコンのパジャマヒーローみたいなところがある。操作感もよく、ダンジョンをサクサク進む。
先へ往くと、スモーキー・ブラッドコンビがエレナからカツアゲしようとしている。大人が子供にすることか? 変身技で近づいて戦闘。
エレナと会話。ルウをモンスターと勘違いする。事情を説明しても聴かない。勘違いを解かぬままエレナと森を進んで両親と再会。エレナ父は足を怪我していた。彼らも遺産に関心があるらしく、一緒に探すことになった。

早速、森の中のアトリエを探す。100年ほど前まで森に住んでいた魔法使いのアトリエに、"遺産"のヒントがあるらしい。途中、カラクリを解きながらアトリエに到着。ガーディアンが襲ってきて戦闘。
アトリエ内は巨大な図書館。100年前の魔法使いはエイオンの研究をしていた。そんな会話をクラウスとしているところにミントが登場。存在感を見せつける。
街に戻ってセーブ。1時間4分。

メモ
ルウ … 生真面目な少年。六角シカのシチューが好物。死者を生き返らせることができるという"遺産"を探し求めている。
クレア … ルウの育ての親で実の姉のような存在。死の右腕に殺された。
死の右腕 … 物語開始時点では全くもって謎の存在。
スモーキー&ブラッド … ルウと同じく"遺産"を探して一儲けを企むコンビ。
エレナ … クラウス夫妻の娘。ルウをモンスターの"おたま"と勘違いしている。
クラウス … エレナの父。"遺産"の研究している考古学者。遺産を見つけてもどうするかは考えておらず、学者としてただ探すのが好きらしい。
ミラ … エレナの母。
ガーディアン戦 … 途中高くジャンプ→落下でダメージを与えてくる。影を通じて相手の動きをよく見抜き、隙を見て攻撃する。
エイオン … 遺産をつくった人たち。はるか古代の世界を、魔力によって支配した、伝説の魔導士たち。時と共に魔力を失って死に絶えたらしい。彼らの魔力が封じられたアイテムが"遺産"。

感想
絵柄もコリンコリンいう操作音も含め、全体的にメルヘンチックな作風。エレナの勘違いとミントのキャラで、作品のノリがつかめた。
ポリゴンで会話する場面では、キャラに「瞬き」「呼吸に合わせて上半身動く」「髪が揺れる」などの動きがあり、それだけリアルさが増す。
アクションの操作感は文句なし。所々、キャラや敵の居場所が掴めなくなる感覚あり。



クラウス一家とルウ



お調子者ミント。どっかでこんなキャラ見たことあるような…、唯一無二の存在のような…。



将来が心配になるほどに芯の強い性格のルウくん。 

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

リスト

プロフィール

はとみね

Author:はとみね
DTM/VOCALOIDやってます。つくってきたものはこちらです。
ゲームの記事から来た人は、ネタバレに注意してください。いきなりあらすじ書いてますし、画像晒してます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
日々のつぶやき
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。